その声は夢を紡ぐから

悲しいとき寂しいときいつもそばにあるから
たまに辛口のsea☆のブログ

止まることのないようにと 再び走る

NEW !
テーマ:
昨日の朝、家を出て、前日に購入したMAN WITH A MISSION を選んでウォークマンをスタート
朝陽が眩しくて綺麗だなぁなんて思いながら歩いていると、ウォークマンは2曲目に突入
後半のサビからの畳み掛けるメロディーがなんて朝陽みたいな曲なんだろうって思って、ドキドキが止まらない

こんな瞬間が訪れるから、音楽って奇跡みたいだ

どんな事歌ってるのかなって歌詞見たら、なんと
Rising up coming up I live to dive another day
って歌ってて、曲が歌詞にぴったりだった事が分かってまた興奮!

そんなことがあってから、もう音楽が愛おしくて、愛おしくて、
仕事中もずっと音楽が聴きたくて、聴きたくて、
まさにNO MUSIC, NO LIFE. ですよ!!!

もうこれは恋です



思い返せば
・レコードが擦り切れるまで聴き続けてた、ラジオから聴こえる声を必死に刻み混んでた中学時代も
・生まれて初めてECHOESを観に渋谷のビルの上のライブハウスに行ったあの時も
・年の半分以上ライブハウスに通ってたあの頃も
・貪るように伊坂幸太郎と乙一の本を読み続けたてあの頃も
・愛のむきだしを観終わって、必死にユウとヨーコを探し続けたあの時も
・にっしーの歌声と笑顔を掻き集めてたあの時も

全部恋のなせる技だった気がします。




そして、今一番恋しいのがONE OK ROCKです

Fool Cool Rock のエンドロールと共にDecision が流れた瞬間にきっと恋に落ちていたんだと思います。
ONE OK ROCK - Decision (featured in Fool Cool Rock)


歌詞も曲も大半がTakaによるもので、だからなのか、多くの曲が、そんなにもストレートに思いを歌ってしまったらまた傷ついてしまうんじゃないかと聴いててハラハラしてしまいます。

何故あなたはそんなにも痛々しさを纏い続けているのですか?
いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>