日食なつこブログ

日食なつこオフィシャルブログ



「瞼瞼(まぶたまぶた)」
2014.08.20 RELEASE
LDQF-10001/ 1,800円 (tax out)

23 歳の SSW・日食なつこが ドラマー対決の末に生み出したニュー・ピース。
未知なる大海へと流れいずる、 岩をかむ急流の如きロック!!




テーマ:

 

 

 


わたしのアパートの階下には金木犀の木が生えている。
敷地外に根をおろしているにもかかわらず、好き勝手に枝葉を伸ばしてうちの玄関先までオラオラと生い茂るそいつは紛れもないチンピラ樹木だったが、秋口はその甘い香りがたまらなく芳しくて、古いアパートではあるけれど良い物件に越してきたなあと思った。

ここに入居したのはほんの3ヶ月前。これから毎年秋が来るたびにあの香りを嗅げるのだと思うと、ドアを開けるたび襲い来る硬くてツヤツヤの葉のビンタの応酬にも不思議と悪い気はしなかった。

 

今朝方、その金木犀が見事に切られちっぽけな切り株だけになっているのに気がついた。

妙に玄関の見晴らしが良いと思った次にはその理由に気づいて、思わず呆気にとられてしまった。
一体いつの間に切り倒されたのだろう?
最近は何やらやることが多くて外に出ずっぱりだったので、恐らく私が不在の間に業者が階下に来てエンヤエンヤと切り倒していったのだろうが、夏場にはその蜜たっぷりの小枝に蟻やらアブやらスズメバチまでたからせてまるでヤクザの抗争の如き乱痴気騒ぎをシーズンいっぱいひとんちの玄関先で繰り広げてくれたあのチンピラ樹木の最期が、たった一日家を空けている間に撤去作業まで済んでしまう程ささやかな伐採作業だったかのと思うと何だか肩すかしをくらった気分である。

 

まぁ確かに、隣家の屋根なんかはその木の陰にあるせいで年中日が当たらずコケや雨水の跡で変に黒ずんでいたし、実際私も夏場にスズメバチのあまりの多さに恐怖を覚えてキャンドゥで購入した枝切りばさみで勝手に剪定とかしてたし、遅かれ早かれ誰かしらの撤去要請でこうなる運命だったのだろう。
それにしても呆気ない。ヤクザの組長とて心臓に一発ちっぽけな鉛の弾を撃ち込まれれば即死するのと同じく、そこいら中に羽振りをきかした大木もその柔らかい幹をすぱりと断たれればそこでこと切れてしまうのだ。
蟻やアブやスズメバチどもは来夏この幹を頼り飛び来てこの切り株を目にし何を思うだろう。

虫だから何も思わんか。ていうかその前に冬越せないか。ああこちらも呆気ない。
そうやって逡巡したことを明日にはきっと忘れている私の記憶の持久力が一番呆気ない。

 

 

 

棲みかを追われた女郎蜘蛛が一匹、吹きすさぶ北風から逃れるようにアパートの廊下の隅にぴったり身を付けて震えていた。
その姿に同情と無情さを覚える私であったかと思えばそうでもなく、「やっぱシマシマの足って気持ち悪いわ。カマドウマっぽいわ」と冬晴れの中ひとりごちただけなのであった。

 

 

 

以上。

 

 

にっしょく

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。