がんばり過ぎないようにがんばりましょう♪肩の力を抜いていこう!そのくらいが丁度いいですYO!

NEW !
テーマ:
岩手に来ました‼
朝はとても寒い。。
氷点下1度!
でも気合いを入れてウェーブリングでストレッチしてランニング。
寒さに負けず今日も頑張りましょう~♪




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
体を作る際に誤解をされがちなのでちょっと書きます。
筋肉量を増やすために必要となるのが、タンパク質です。
これは不足しないように摂取するようにしましょう。
摂取量の目安は、体重1kgに対し1.2~1.7g程度になります。
タンパク質を豊富に含む、肉、魚、卵、乳製品、大豆、大豆製品などから摂取することが理想です。
肉、魚は脂肪分の少ない赤身などを、乳製品もなるべく低脂肪を選ぶようにしましょう。
食事での摂取が難しい場合は、サプリメント(プロテインなど)の利用もおすすめです。あくまで補助食品ですからね。。
とくにトレーニング直後は、体が筋肉を作る材料(タンパク質)を必要としているため、このタイミングでサプリメントを利用すると、より効果が期待できます。
次に、体脂肪を落とすためにはカロリーコントロールが基本となります。
一日あたりに必要なエネルギー量を計算し、毎日の摂取カロリーの目安にしてみてください。
また、体脂肪を落とす際に多くの方が「食事を摂らない」という間違った選択をしてしまいます。
体をデザインする際に、欠食することは最も避けるべきことです。
なぜならば、健康に生活するために必要なエネルギー量と栄養が不足してしまうからです。
タンパク質、炭水化物、脂質に加えて、代謝に不可欠なビタミン、ミネラルも不足しないよう、食事のバランスを意識するよう心がけましょう。
この事を理解した上で体を作ると、より結果がでやすいかなと。。。


http://www.sports-smile.com/










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
パーソナルのお客様で「筋肉をつけようと思って筋トレをしているんだけど、全然筋肉がつかない! 」 
と言う人がいます。
ところがよくよく聞いてみると、その筋トレでは筋肉はつかないよ!もしくは、そのライフスタイルでは筋肉はつかないよ!という場合がほとんどです。
筋肉がつきにくい体質ということもありますが、それでも適切に行えば筋肉は付いていきます。 
やはり、トレーニングは定期的に見直してみることが重要です。
そして、必要に応じて変えていきます。
筋トレしても筋肉がつかない理由は、基本的な3つの重要ポイントを見逃している可能性が高いです。
効率よく筋肉をつけるためには、どのようなことに注意したら良いか?


原因1)筋トレのやり方と考え方が間違っている

例:腕立て伏せを毎日30回やっても胸板は厚くならない!?


腕立て伏せ(プッシュアップ)は主に大胸筋と上腕三頭筋を使うトレーニングです。
しかし、問題は負荷と回数です。


筋肉を付けるのであれば8回~12回で限界!程度の負荷で、“10回×3セット 行う。
極端な話、腕立てや腹筋を100回やるという筋トレは、努力の方向が間違っています。(筋肉をつけるという意味において

効率よく筋肉を付けたいならば。。。

8回~12回で限界!程度の負荷で、“10回×3セット”

を目安に筋トレを行いましょう。

 筋肉がつかない原因2 
たんぱく質(プロテイン)などの栄養素が足りていない。
筋肉をつけるということは、日々の疲労を回復させた上で、さらに肉体的に成長させるということです。そのためには、栄養素を十分に摂取しなくてはいけません。

たんぱく質が足りていなければ、疲労が蓄積し、怪我もしやすくなる。


特にたんぱく質は重要です。日々の疲労を回復したり、新しい細胞を作るために運動しなくても必要な栄養素です。
運動している人の場合は、たんぱく質の摂取量を増やさないと疲労の回復が追いついていきません。タンパク質の摂取量の不足は、筋肉がつかないという以前の問題です。
実は、食事だけで十分なたんぱく質をまかなおうとすると、かなり大変です。
(単純に食事の量を増やすと、脂肪や炭水化物の量が余分に増えてしまいがちだからです。)
そこで、プロテインというサプリメントを利用するのは、非常に賢い選択と言えます。
筋肉を付けたいなら、十分に食事を摂り、タンパク質はプロテインで補う。

筋肉がつかない原因3 睡眠が不足している。 
筋肉をつけるためには、運動→栄養補給→回復・成長という工程が必要です。


運動は筋トレです。

栄養補給は、 “食事+サプリメント”です。


あと、回復・成長には何が必要なのでしょうか?

それは睡眠です。


十分に眠らないと筋肉が大きくならないのです。
筋肉を付けたいなら、十分な睡眠をとる。
筋肉をつけるということは、ホルモンが関連しています。
筋トレをすると、成長ホルモンが活性化されます。ちなみに加圧トレーニングは最大約290倍!
たんぱく質や良質な脂肪(栄養素)は、身体がホルモンを作り出すのに必要です。
そして、睡眠をすることでより成長ホルモンが分泌されます。
筋肉や皮膚の回復には最高の物質。
効率良く筋トレして若返りましょう!
運動に勝る若返りはありませんアップDASH!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。