ヒロボーの筋ジストロフィー徒然日記

人は無量の恩の世界で生かされています。一日を真剣に生き努力に生き、感謝報恩に生きる。




埼玉県北本市 解脱会こころの故郷(御霊地)

至誠を貫く大精神力

 初春のお慶びを申し上げます。

 清々しい新年を迎え、皆様は夢と希望に満ちて初日の出を拝まれたことと思います。「一年の計は元旦にあり」と言いますが、皆様は年頭の祈願をどうされたでしょうか。

 人にはそれぞれの役目・役割があり、本分があります。それは天から授けられたもので、他に代わってもらえない大切なものです。これを生かして尊い務めを果たしてゆくために、私たちは解脱を学んで魂を練磨しています。

 今年最初のみさとしは「明るき魂を以てこれを眺むる世は明るい」といただきました。

 何があろうと、どんな事が起きようと、たとえそれが自分の気持ちに合わないと思われても、「魂を磨く良い試練をいただいた。有り難い。よし、やるぞビックリマークと前向きに考え、全身全霊を傾けると必ず光が見えてきます。明るい世界に向けて道が開けてきます。感動や感激に満たされ、気が充実してきます。

 明るい家庭、明るい世の中を私たちの足元から築いていくためにも、今年は皆で一致団結し、誠心誠意、大努力をすべきときです。

 金剛さまのお導きを心底より祈り、誠の道を一歩一歩、元気よくすすんでいきましょう。


皇紀二六七六年

平成二八年丙申



テーマ:
金剛さまは、「満足な信仰も持たずに、目ノ色変えて御利益ばかりを漁るものは、信仰でもない、本願でもない。それは欲の皮の突っ張りというものです」(ご聖訓第八巻92頁)と、現世利益のみを目的とした信仰を厳しく戒められています。なぜ厳しく戒められたのかといえば、自己の利益のみを願う信仰のあり方は、神の御心に反する物であり、そうした信仰では本当に救われることがないからです。

金剛さまは、この世には神の領分と人の領分があり、神のおはらたきである恩恵の有り難さをよく知って、それに合わせて人間が働くことによって物事は成就すると教えられています。さらに目に見えない神の恩恵を知ることができるのは、人間が神の分身霊である証拠であり、それゆえに人間には神の願いである共存共栄の世界を築く使命があると説かれています。

そして人間の生きる基本姿勢を次のようにお示しになられています。

「人間は万物の霊長なんだから自我を没却して神の心を心として、神に仕えるのが役目なんだ」
「神の心で神に仕えていれば、神様は足りない所を補って最もふさわしく運んで下さるんだ」(『恩愛の絆』85頁)

今月のみさとしの「神に近づく念願」とは、神のように全知全能になりたいという念願ではなく、与えて求めぬ神の御心を心として精進したいとの念願です。そうした崇高な念願こそ神に通じる願いであり、その
<念願を実践するところに本当の人間らしい生き方があります。さらにいえば、本当の救いや運びは、そうした営みの中にうまれてくるものです。

金剛さまは、「信仰は真行にして生活の大本なり」(『尊者のご遺文』14頁)の中で、神仏を仰ぎ信ずる信仰心は尊いが、生活の中で不平不満なく感謝で業務に精励できて、初めて信仰の目的に達することができると言われています。

今日一日、神の御心を心として天職に精進させていただきましょう。
【解脱五月号 ご聖訓第三巻73頁】

読者の皆さん、お早う御座います。
良い一日で在りますように、お祈り申し上げます祈
↓↓↓ポッチビックリマークと押して頂ければ嬉しいです。
ヾ(@°▽°@)ノ↓宜しくお願いします。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
「かたち」を調え心を育む
諸君は、言葉遣いや礼儀作法にうるさい親や先輩に対して、「うるさいなぁ」と反発を感じることはないだろうか。心さえあれば、言葉や振舞いなんか堅苦しく考える必要はない。その方がかえって親しみがわく、と思っている人も多いのではないだろうか。たしかに、礼儀正しくといっても、いつも杓子定規な態度を取り、馬鹿ていねいな言葉ばかりを使っているようだと、友だちなんかとてもできないだろう。しかしだからといって、言葉遣いや振舞いなんかどうでもよいと考えているとしたら、それは大きな間違いである。

仏教の伝統のなかでは、「身口意の三業」といって、からだと言葉と心は常に一つであるとして、心のあらわれとしての振舞いと言葉遣いを調えることが昔から大切にされてきた。また武道や茶道などでも、礼儀作法がきわめて厳格に守られているが、それも同じ理由からである。

誰でも大切な相手に対しては、おのずから優しい言葉をかけ、その振舞いは思いやりのこもったものとなるだろう。また逆に、嫌いな相手に対してはぞんざいな言葉遣いや冷淡な振舞いになりがちである。このような日常的な経験からも、言葉は心の表現であり、振舞いもまた心の表れであることがよくわかるはずだ。

現代人は「かたち」を軽視する傾向が強いのかもしれない。心さえあれば言葉や態度はどうでもよい、というふうに。だけど、「かたち」を調えることによって心をもっとゆたかに育むこともできるということをおぼえておいた方がよい。

堅苦しい言葉遣いや態度をとれといっているのではないのだ。しかし、日頃の自分の言葉と振舞いにもう少し心を向けるよう心がけてみてほしい。それだけで、きっと見違えるようなゆたかで親密な人間関係がひらかれていくはずだ。
【解脱四月号 金剛さまのお言葉 第40回120】

読者の皆さん、お早う御座います。
良い一日で在りますようにお祈り申し上げます祈
↓↓↓ポッチビックリマークと押して頂ければ嬉しいです。
ヾ(@°▽°@)ノ↓宜しくお願いします。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
自信のある人は威張らない
世の中には、自分より優位に立つ人や利益になる人に対しては、愛想よく、素直で従順な態度をとるくせに、目下の人間や自分の利益につながらない相手に対しては、打って変わってぞんざいな言葉を使い、傲慢な態度をとる人がいるものだ。また、ものごとが順調に運んでいたり、他人からほめられたりすると、すぐに得意になって威張りはじめるくせに、何もかもうまくいかず窮地に陥ったりすると、とたんに「自分はダメだ」と自分を卑下しはじめる人もよく見かけるだろう。

威張ることと自分を卑下することは、一見正反対に見えるかもしれないが、実は同じ心の裏表なのだ。その心とは、自分に自信がもてないことである。本当に自信のある人なら、けっして威張ったりしないはずだ。自信がないから、相手から否定される前に威張って先制攻撃を仕掛けるのである。「どうせ自分なんか」と自分を卑下するのもまた、他人から攻撃されないための防御に過ぎない。

「そんなことないよ」といってもらえるように無意識のうちに相手を操作して、自分を認めてくれるよう仕向けているだけなのだ。いずれにしてもこのような人は、相手やまわりの状況にふり回されるばかりで、羅針盤を失った漂流船のような人生を贈るしかないだろう。

自分に自信のある人ほど、他人に対して謙虚で思いやりがあるものだ。それは、自分のよりどころは他ならぬ自分自身のなかにあるということ、そしてまわりじゅうのすべての人々やもののおかげを受けて生かされている自分であることを、はっきりと自覚しているからである。

自分を信じ、他人を信じて、謙虚で思いやりに満ちた堂々たる人生を歩みたい物である。
【解脱四月号 金剛さまのお言葉 第40回119】

読者の皆さん、お早う御座います。
良い一日で在りますようにお祈り申し上げます祈
↓↓↓ポッチビックリマークと押して頂ければ嬉しいです。
ヾ(@°▽°@)ノ↓宜しくお願いします。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
幸不幸は自分がつくる
諸君は人間の幸不幸というものを、万人に共通した客観的な何かだと思ってはいないだろうか。たとえば、金持ちは幸福で貧乏は不幸、健康は幸福で病気は不幸、入試合格は幸福で浪人は不幸、といったぐあいだ。たしかに、貧乏よりはかねもちになりたい、病気よりも健康がいいと誰もが思うことだろう。だけど、金持ちだけが幸福で貧乏は不幸、健康だけが幸福で病気になるのは不幸だと、はたしていい切ることができるだろうか。

梅雨の時期、雨ばかりの蒸し暑い日が続くと、誰でも憂鬱になり、「うっとうしいなぁ。早く青空が見たい」と思うに違いない。ところがその同じ雨を、お百姓さんたちは「恵みの雨」と心から感謝し喜んでいるだろう。また偉人伝に出てくるような古今東西の偉い人たちが、例外なく若い時代に大変な逆境(苦労の多い境遇)をくぐり抜けてきていることを、諸君も知っているはずだ。つまり彼らにとって逆境は、かならずしも、不幸とはいえず、成功につながる好機でもあったのだ。

逆境に陥り、思いがけない苦難に直面するのは、たしかに誰にとってもつらいことである。しかし、いま直面しているそのつらい状況が即、不幸であるとはかぎらないということを、けっして忘れてはいけない。実際、自分にとって何が幸福で何が不幸なのかは、われわれ人間には絶対にわからないことなのだ。ただいえることは、逆境にせよ、順境(物事が都合よく運んでいる境遇)にせよ、いま自分が置かれている状況をどう受け止めるかという、自分の心が、それを幸福にも不幸にもしていくということだけなのである。
【解脱四月号 金剛さまのお言葉 第40回118】

読者の皆さん、お早う御座います。
良い一日で在りますようにお祈り申し上げます。
↓↓↓ポッチビックリマークと押して頂ければ嬉しいです。
ヾ(@°▽°@)ノ↓宜しくお願いします。
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

デイサービスくわのみどりの家
陶芸講座の電気窯窯出しでした。


【備前緋襷玉】
炊飯器炊飯器に入れて炊くとご飯が劇的に美味しくなります。


【備前緋襷麦酒杯生
ビール金麦の泡がクリーミーになり美味しくなります。


【備前釉薬丸皿小皿

読者の皆さん、お早う御座います。
良い一日でありますようにお祈り申す仕上げます祈
↓↓↓ポッチと押して頂ければ嬉しいです。
ヾ(@°▽°@)ノ↓宜しくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。