13日(月)夜、アートセンターへ
 
前回、今回と木版画をやる。
銅版画はまた次回から。
 
最近のジョディ・フォスターの
得体の知れないエネルギーを
表現できたらと思った。
AD

美術館巡り

テーマ:
久し振りに美術館巡り。
朝8時のあずさで東京へ
あずさ出発前の話。
私の座席がホームの喫煙所に隣接していた。
朝からひっきりなしに煙草を吸う人が立ち寄っていた。
こんなに喫煙者が未だに居るのかと驚いた。
 
東京駅で降りて皇居の周りを散歩しながら
国立近代美術館へ
「山田正亮展」と「瑛久」を中心とした所蔵作品展を見る。
山田氏の作品はどう捉えて良いものかわからなかった。
しかしこれだけのストライプの作品と思索的文章から
推察すると、自らに課せられた世界を探求した幸運な方
だと想像した。
戦争画(ここは多くの戦争画を所蔵しており、行くたびに
代わっている。)、
河原温の「浴室」シリーズ全28作品!、
菅木志雄の「止空散様」、
アルフレッド・スティーグリッツの作品、
リ・ウーハンの作品
が収穫だった。
メインの瑛久の作品は、パンフレットにあるような
「レアル」を私は感じることはできなかった。
練馬区美術館へ
「粟津則雄コレクション展」を見る。
ルドンの「キリスト」、柳原義達の「肖像」、池田満寿夫の
「黄金の真珠」がよかった。
 
損保ジャパ美術館で「クインテッドⅢ 五つ星の作家たち」
を見る。
横溝美由紀氏の作品が印象に残った。
6時のあずさで帰路に着く。
 
◎お知らせ
2月17日金曜日、午後7時より
第62回アートカフェが開催されます。
日本画家の近藤恵介氏のアートトークです。
 
AD

岡本流生・木版画展

テーマ:
午後市内にある井上百貨店の6階に行った。
岡本流生・木版画展を見るためである。
 
木版画という表現手段をどう活かしたらよいのか、
時々考えていたので、岡本氏は存じ上げなかったが
井上で木版画展があるというので行ったのである。
 
気の遠くなるような工程が想像され、またその題材や
技法も私が知っている事柄のはるか先の世界が
展開されていて驚いた。
 
手の届く範囲の金額の作品があったので購入した。
(写真は絵葉書大のポスター。実物は後日とのこと。)
 
ネットで調べると、北澤先生と同い年。様々に活躍されておられる
方の様だ。
色々質問させていただき、丁寧に答えて下さった。
 
6階に行く途中、5階のエスカレーターの前で偶然業界大先輩の
M先生と出会った。お孫さんが買い物をしていて待ち合わせの
時間までに間があるというので一緒に作品を見た。
 
M先生は今年82歳になるという。
「西沢君、仕事を始める時より辞める時の方が難しいよ。」
というような雑談をした。
今年で開業62年目だそうである。
今年開業30年目の私などまだまだである。
AD

WingまつもとRG気まぐれニュース

テーマ:
来る3月5日(日)、
WingまつもとRGの、第36回新体操演技発表会が
開催されます。
 
今回のゲストに、
男子全日本新体操選手権優勝者の臼井優華選手と
イオンの立澤孝菜選手が出演されます。
 
臼井選手は中京大卒業後は選手を継続しないとのことで、
貴重な機会かもしれません。
 
松本市総合体育館にて午後1時からです。
23日夜、アートセンターへ
年明けから取り組んでいた銅版を刷った。
なんとも稚拙だが仕方ない。
研究・工夫をしてゆきたい。
 
 
年末韓国で作品づくりをし、帰国後風邪気味だった北澤先生、
かなり不調のご様子であった。
 
お知らせ
1月27日午後7時より、第61回アートカフェが開催されます。
興味ある方は是非どうぞ。
テーマ「『芸術をこえていくもの』をめぐって」
 
一昨年急逝された美術評論家・南嶌宏氏の、2014年
アートセンターにて行われた女子美術大学説明会の内容を
中心に「芸術を超えていくもの」について考察する、
とのことです。