もとび美容外科クリニック Dr.西尾のブログ 

もとび美容外科クリニックの西尾院長のブログです。
美容整形に関するいろいろな情報、症例写真をアップします。もとび美容外科クリニックについてもっと知ってもらえればうれしいです。

もとび美容外科クリニック院長のブログ


ポチっとしていただくと助かります。(美容外科ランキングがチェックできます。)


にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

NEW !
テーマ:
切らない眼瞼下垂プレミアム 3ヶ月後

 

(処置前)⇒(3ヵ月後)

DSC00752目

DSC03814目 

眼瞼下垂が改善して眠たそうな目元がはっきりしましたね。

 

もともと右目の開きが弱く、右の矯正をしっかりめで、左はほどほどに矯正して左右のバランスをとりました。

 

目の開きが良くなると二重は狭くなりますが、もとの二重幅より一段広くすることで、二重幅を保つようにしました。

 

目の開きが改善してくぼみ目も良くなって若々しくなりましたね。

 

切る眼瞼下垂の手術はダウンタイムがかなり長引きやすいですが、切らない眼瞼下垂ではダウンタイムはあまりなく、気に入らなければ抜糸してすぐ戻すこともできますのでとてもやりやすい手術です。

 

前述のように眼瞼下垂を改善すると二重幅は狭くなりますが、切らない眼瞼下垂プレミアムでは、埋没法がセットになっており、二重を狭くせずに安定させることが可能です。

 

 

埋没法だけで二重を広くしていくには限界があります。

 

眠たい目元の印象を改善するためには眼瞼下垂を改善する手術も選択肢の一つとして覚えてもらえれば幸いです。




引用元:切らない眼瞼下垂プレミアム 3ヶ月後
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
クレヴィエル(鼻) 処置直後

 

(処置前)⇒(処置直後)

DSC01816正面DSC01824正面

DSC01817右ナナメDSC01825右ナナメ

DSC01819左ナナメDSC01827左ナナメ

もともと鼻先が左に変位しており、まっすぐではありませんが、鼻筋が自然な感じで通ったのがわかります。

 

斜めからも鼻根の高さが出たのがわかります。

 

鼻筋が通るとお顔全体のバランスが整うのはもちろん、バランスが整って鼻先が目立ちにくくなる効果があります。

 

鼻筋が弱く団子鼻が目立つ方で、手術は怖いという方にはクレヴィエルはおすすめです。




引用元:クレヴィエル(鼻) 処置直後
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、特殊な埋没法の抜糸をおこないましたのでご紹介します。

 

今回の抜糸のお客様は韓国にて1か月半前に埋没法をおこなったお客様です。

 

1か月半経っても腫れや食い込みが強く抜糸したいとのことでした。

 

時間が経ったわりには確かに食い込みが強く、糸を埋め込んだと思われる部分の傷や食い込みが目立っていました。

 

抜糸を考え、事前にオペをしたクリニックに問い合わせて確認していただいそうですが、

 

韓国でよくやる線止めではなく、通常の3点止めだと言われたそうです。

 

二重をおこなったばかりで、糸を埋め込んだ傷も良く分かったのでわりと簡単に抜糸できるかと思ってオペを始めました。

 

しかし、、、

 

針穴を探ってもなかなか結び目が見つからない。。。

 

ようやく見つけたとおもたらなんと透明の細い糸でした。

 

しかも引っ張ると長く編み込まれている様子です。

 

こ、これは。。。

 

韓流の特殊埋没法細い透明糸でおこなったもののようでした。

 

特殊埋没の上に透明であれば抜糸の難易度は一気にMAXです(汗)

 

普通糸も時間が経つと色が抜けて透明になり抜糸ができなくなってきます。

 

おそらく今回はかける糸がすでに透明だったわけでして。

 

普通、見えないものは取れません。

 

ただ、見えないものはどうしようもないので、あきらめずに、

 

もう完全に糸をかけた予想のイメージと、つかんだ組織の手ごたえだけで糸を探っていきました。

 

そして、、、  

 

DSC05959済み 

なんとかすべて抜糸することができました!

 

途中引っ張って連結を確認したりして一部切れてしまいましたが、すべて除去できたと思います。

 

幸い当院では韓国で行われているような線止めを多く扱っているため、なんとか抜糸できたんだと思います。

 

しかし、眼輪筋の細い筋繊維と細い透明糸が似ているのでとても難しかったです。

 

 

でも、なぜ線止めでなく通常の3点止めだと言ったのでしょうか。。。

 

しかも最初から透明な糸で埋没するというのは、抜糸や修正をしないという前提で行っているものと思われます。

 

ほとんどの人が切開をするという韓国ならではの考え方なのだと思いますが、抜糸する側からしたらけっこうつらいですね(^-^;

 

 

今回は術後早期でなんとか抜糸できましたが、抜糸をする際はどのように糸をかけたかを確認することが大事です。

 

抜糸をお考えの方はご自分がいつどんな糸を何点どんなかけ方でかけたか、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

 

ただし、嘘を言われたらどうしようもないですが。。。

 

抜糸について気になる方は以下のリンクをご参考ください。

二重埋没法の抜糸について




引用元:特殊埋没法の透明糸の抜糸。手探りでなんとか。。。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。