津軽海峡 2

テーマ:
24時間テレビで、津軽海峡を泳ぎました。


もう、やだ。もう、やめたい!と思うときが何度もありました。


クラゲゾーン。

沖にでる前、泳いでいると。波に、2つくらい手のひらサイズのクラゲが、
プカプカ浮いてるんです。

一瞬。

。。。。え?。。。水着のパットが外れた??。。。。。。え?

上から、ウエットスーツも着てるのに?。。。。。。。なんで?。。。。。。。と焦っていると。


その後すぐ、隙間ないくらいのクラゲが、ブワぁぁぁぁあーーーとおしよせてきて。


ぎゃぁぁぁっぁぁぁぁーーーーーーーー!!!!!


テンパりを抑えようと。

よけきれず、クラゲが頭に張り付い時には、

「オチツケ、オチツケ。。。。。そうそうそう、これくらいのサイズの
帽子が前から欲しかったって。。バカァァァ!」と。


必死で水をかく手に、クラゲがピタッとおさまった時は、

「。。。そうそうそう、このハンドボールはつかみやすい!
戻って、宮崎さん(ハンドボール日本代表)に教えてあげようって。。バカァァァ!」と。


必死で、のってみたら。


ボケの貧困さもプラスして、


パニックでした。。。。





荒波。

覚悟はしていましたが、波に飲まれ息がすえず、どこもかしこも海。というのは、
やっぱり恐かったです。


それでも、懸命に泳いでいると、交代合図が。


打ち寄せてくる波とともに、


山本さん(アテネ競泳銀メダリスト)がバタフライで来てくれました。


ものすごく豪快で、ものすごく速く。


私のゴーグルが曇っていたせいもあり。


一瞬何が来たがわからず。



でた!!!化け物!!!食われる!!!!


。。。と思ってしまいました。


山本さんは、一番しんどい、荒れ狂った波を引き受けてくださり、長時間泳がれた後も

メンバーの応援をずっとしてくれました。


メンバー全員が、荒波でヘトヘトなのに、声を掛け合って。


金子さんも、黒木さんも、宮崎さんも、全員底抜けにやさしいし、強いんです。


ほんとにたくさんの元気をもらいました。




船酔い。

船に酔うと言うよりは、

海のうねりが激しすぎて、泳いでる間に、酔うという感じでした。

何度も吐いて、泳いで、吐いて、泳いで、吐くものが何もなくなると苦しいので、

食べて、吐いてー吐いてーー。



もう、お腹のなかに何もない!

よっしゃ!泳ぐぞ!と思って、ふり返ったら。


錦野さんが、ニコニコされながら。


「よし!にしおか、これからおまえは、ゲロ女だ!」


。。。。。なんて?



私「そんなキャラ、イヤですよ。」


錦野さん「大丈夫!俺はその昔、別の仕事で吐いたことがあって、

ゲロスターって言われたことがあるんだ!」


。。。。。。。大丈夫じゃないじゃないですか。。。。。



錦野さんは、常に元気で、大先輩なのに、いつも冗談を言って

笑わせてくださいました。


ずーーっと陽のオーラを放ってる方でほんとに太陽みたいな方でした。

そこに太陽がある限り、がんばれる!と思いました。




さえちゃん。

一緒に練習して、一緒に、お風呂に入って、ご飯食べて。

かわいい妹ができたみたいで、うれしかったです。


途中、メールで、グチや、不安をこぼしたら。

励ましてくれて。


。。。。。はやくも、姉妹が逆転し。



本番。


せめて、私が、船酔いしてることは悟られないようにしようと思っていたら。


終わったあとに、「にしおかさん、酔ってたでしょ。」


.。。。バレてた。。。。


私「何でわかった?」


さえちゃん「すぐわかりましたよ。声が弱ってたもん。」



。。。。すぐ。。だった。。。。


全然、いいお姉さんになれなかったな。


まだ、さえちゃんと別れて、東京に戻ったばかりなのに、


もうさみしい。。。。


。。。。また。。。。グチメールしちゃおっと。。。




あれ。だいぶ長く書いてしまいましたが。

もうひとつだけ。


船の中は、徹夜で作業されたスタッフさん。


船酔いされてるスタッフさんも、自分のことはそっちのけで、みなさんが

一生懸命ケアしてくださいました。


メイクさんが一人同行されてて。


メイクなんて、顔なんて、もうどうでもよくて。


疲れて、ウエットスーツが一人で、脱ぎ着できなくなってる私を、

メイクさんが、付きっきりで手伝ってくれて。

ワセリン(ウエットを着たまま長時間泳ぐとすれるので体に塗ります。)を

小まめに塗ってくれたり。



恩人だなと思い。

「なかじまちゃん、ありがとね。」と言ったら。


「こじまです。」



。。。。。。最低だ。。。。。。わたし。。。。




それからも、泳いで、戻ってくるたびに。


名前を忘れ。。。。最終的に。


「なかじまで、いいですよ。」と。



こじまちゃん、ごめんね。。。。本当にありがとうございました。



ゴールは、できませんでしたが、このメンバーでチャレンジできたことが
うれしかったです。


やってよかったです!



テレビを見てくださった方々、応援本当にありがとうございました!!!
AD