1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:研究者図鑑
2011年06月01日(水)

【西尾直樹:活動履歴】

▼1998年4月~2003年3月 同志社大学文学部文化学科教育学専攻
・卒業論文テーマ『理系研究者育成教育の課題と展望』(学位取得)

▼2000年3月 衆議院議員事務所にて選挙ボランティア活動
・国や地域の現場、報道の裏側に触れる。2003年の選挙では学生ボランティアリーダーをつとめる

▼2002年4月~2003年3月 志ネットワーク「青年塾」関西クラス5期生
・元松下政経塾副塾長上甲晃氏設立の研修・実践活動。全国の社会人の方々と主体的な行動、社会貢献的な事業など、現在のソーシャルアントレプレナーシップの原点を学ぶ

▼2003年4月~2005年3月 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程
・修士論文テーマ『関西におけるバイオ創薬ベンチャーの成長可能性』(修士号取得)

▼2003年10月 UFJ総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)インターンシップ
・所属プロジェクト『関西活性化白書2004』作成

▼2004年7月 環境NGO環境市民自転車チームにて、『京都自転車マップ』を作成、販売

▼2004年11月 2004年度独立行政法人IPA『未踏ソフトウェア創造事業』採択
・採択テーマ『京都サーチ縁人 -ローカル・イシュー・ネットワーク』 

▼2005年9月 2005年度独立行政法人NEDO『NEDOフェローシップ』採択。
・NPO法人KGCに所属(OJT先として)
・担当プロジェクト:『研究会の開催による異分野融合型研究プロジェクトの創出』

▼2006年9月 『研究者図鑑』( http://www.zukan.tv)
・KGC内プロジェクトとして、企画のプロデュース、インタビュアーを担当
・全国各地、あらゆる分野の研究者に取材を行い、300日で300人のインタビュー映像を配信

▼2008年4月 『ちきゅうじん図鑑』(http://eg-zukan.tv)
・研究者図鑑のノウハウを活用し、”Think Earth, Act Local”な人を幅広く取材。(約60人)

▼2008年8月 『京都市未来まちづくり100人委員会』 (http://kyoto-machiza.jp/)
・運営事務局。主に内務統括、委員連絡、資料作成等を担当

▼2009年11月 一般財団法人『地域公共人材開発機構』
・インタビュー担当コーディネーター
・京都各地で活躍する人を紹介する『地域公共人材図鑑』(http://blog.canpan.info/colpu_zukan/)担当
・『「京の公共人材」未来を担う人材育成事業』インタビュー研修プログラムでの指導

▼2010年4月 同志社大学大学院総合政策科学研究科
・ソーシャル・イノベーション研究コース博士後期課程
・ 研究テーマ『インタビュープロセスを通じた地域活性プラットフォームの構築』

▼2010年8月 岡山県西粟倉村にて『にしあわじん図鑑(仮)』の活動を開始
・農山村地域における人的資源の発掘と紹介を通じた地域活性の実践
PR
テーマ:ちきゅうじん図鑑
2009年12月06日(日)

【ちきゅうじん図鑑】谷口知弘さん

ちきゅうじん図鑑 (http://eg-zukan.tv/)より
3つのキーフレーズ:
1.関係性を醸成する都市デザイン
2.都市の「しつらい」から「いとなみ」へ
3.親父の会から学ぶ本当の現場主義

紹介:
・出町商店街での活動など、都市デザインのプロセスの中にワークショップの手法を取り入れ、これまでブラックボックスの中でやっていた設計を、住民、市民を巻き込んだオープンな場で行うまちづくり活動に取り組まれています。
・まちづくり活動が継続的に発展していくためには、集まった人たちによって、新しい組織やコミュニティなど、自然発生的にソーシャルキャピタルが構築される事が重要で、そのために役に立つのが、人と人の関係性を醸成するワークショップだと考えておられます。
・また、地域のおやじの会に参加して、実際に地域の一員となったことで、本当の意味での「現場主義」の視点を持つことができ、そうした日常的な経験も研究や活動にいかされています。

参考:
コミュニティデザイン研究室
でまち.jp

インタビュー:
~ Opening & 1st Key Phrase ~




~ 2nd Key Phrase ~


~ 3rd Key Phrase ~


~ 私と京都 & Ending ~



Interviewed By NIPIO
eg.zukan at gmail.com
PR
テーマ:研究者図鑑
2009年12月05日(土)

【研究者図鑑】逵志保さん

研究者図鑑/Researcher ZUKAN (http://www.zukan.tv/)より
3つのキーフレーズ:
1.渡来人伝説
2.伝説に史実は必要ない!
3.子供がいる「から」良い研究ができる

紹介:
・秦の始皇帝の命を受け不老薬を求めて旅をした「徐福」の研究を主に取り組まれています。
・日・中・韓の各地に「徐福伝説」が存在していて、後から作られてきたものも多いのですが、正確な「史実」を探るのではなく、「伝説」が、その時代、その地域でどのようにできてきたのかという過程を明らかにすることに主眼を置かれています。
・また、研究の傍ら、子育てをしている親の支援のNPOの活動なども精力的に取り組まれています。

参考:
逵志保の記録
豊田市矢作川研究所スタッフ紹介
特定非営利活動法人 SKIP

インタビュー:
~前編~



~後編~
PR
テーマ:ちきゅうじん図鑑
2009年12月04日(金)

【ちきゅうじん図鑑】鈴木綾さん

★ちきゅうじん図鑑 (http://eg-zukan.tv) ※未掲載
3つのキーフレーズ:
1.若者の社会参画支援 ーNPO法人ビーンズふくしまー
2.世の中の不合理なものを変えていきたい!
3.郡山に支え合いの輪とセーフティネットを!

紹介:
・身近なところにある世の中の不合理的な物に触れて、何か自分が関わりたいという思いを持って、現在はニート、引きこもりの職業的自立支援に携わっておられます。
・「若者の社会参画支援なんだと思っています。」「ニート、引きこもりは被支援者でなく、(地域の)支援者なんです!!」という言葉に、彼のスタンスが現れています。
・将来的には、地域支援をするという形の中で、フリースクールを立ち上げたいという構想を持っておられます。

参考:
NPO法人ビーンズふくしま

ぴーなっつブログ

インタビュー:
~ Opening & 1st Key Phrase ~


~ 2nd Key Phrase ~


~ 3rd Key Phrase & Ending ~



Interviewed By NIPIO
eg.zukan at gmail.com
テーマ:レシピる!図鑑
2009年12月03日(木)

【レシピる!図鑑】細川浩二さん

レシピる!図鑑(http://recipe-ru.com/)より
3つのキーフレーズ:
1.レシピる ~飲食業界を元気にするポータルサイト~
2.人とのつきあいを大切にし、チャレンジャーであり続けよう!
3.飲食業界のエコの仕組みをつくりたい!

紹介:
・(焼肉の女神)(もつ鍋 長田商店)やNPOで子供たちに寿司教室をしたり、障害者の就労支援をしたり幅広く活動されています。
・和食店をやっていた際に、レシピ作りに大変苦労をした。食品問屋の展示会に行くたびに斬新なレシピを収穫して帰ってくるが、あまりにも数が多く覚えてられない。それらをウェブで見られたらと思い、業務用レシピサイト「レシピる!」を立ち上げられました。今後はレシピを軸に、レシピ以外にもいろいろな飲食にまつわることを支援していきたいと考えておられます。

参考:
業務用レシピサイト「レシピる!」
ぐるなび「焼き肉の女神」
ぐるなび「モツ鍋 長田商店」

インタビュー:
~ Opening & 1st Key Phrase ~


~ 2nd Key Phrase ~


~ 3rd Key Phrase & Ending ~


~ 自慢の一品 ~


~ 「焼き肉の女神」の朝礼! ~


レシピる!図鑑(http://recipe-ru.com/)
Interviewed By NIPIO
eg.zukan at gmail.com

焼肉の女神[焼肉]


地下鉄四つ橋線 住之江公園駅 3分
〒559-0024 大阪府大阪市住之江区新北島1-5-25

ぐるなびで詳細情報を見る

※2009年12月5日現在の情報です

モツ鍋 長田商店[モツ鍋料理]


地下鉄四つ橋線 住之江公園駅 3分
〒559-0024 大阪府大阪市住之江区新北島1-4-11

ぐるなびで詳細情報を見る

※2009年12月5日現在の情報です
テーマ:ちきゅうじん図鑑
2009年12月02日(水)

【ちきゅうじん図鑑】前田敏之さん

★ちきゅうじん図鑑 (http://eg-zukan.tv) ※未掲載
3つのキーフレーズ:
1.前田商店 ーリサイクル、リユース、量り売りー
2.きっかけは夢のお告げ!
3.失敗やゼロになることを恐れない!

紹介:
福島県郡山市で父が経営していたリサイクルショップを引き継ぎ、そこに自分の地球温暖化問題への興味を反映させる形で、飲食料品の量り売りをスタート。余分な容器の使用を減らし、かつ極力地元で生産されたものを取り扱うことによって、輸送によるCO2も削減しようと努めておられます。
温暖化を止めるために大きいことをやりたい!という思いから、仕事以外での活動にも積極的に取り組まれています。

~ Opening & 1st Key Phrase ~


~ 2nd Key Phrase ~


~ 3rd Key Phrase & Ending ~



ちきゅうじん図鑑 (http://eg-zukan.tv) 
Interviewed By NIPIO
eg.zukan at gmail.com
テーマ:ちきゅうじん図鑑
2009年12月01日(火)

【ちきゅうじん図鑑】岩崎大樹さん

★ちきゅうじん図鑑 (http://eg-zukan.tv) より
3つのキーフレーズ:
1.ぴーなっつ ー自分を発見し自分を表現できる場づくりー
2.全く新しいまちのあり方をつくりたい!
3.ものづくりとまちづくりの融合

紹介:
実家のガラス工房でものづくりに携わりながら、「何かを表現したい若者が表現する仲間や方法と出会える環境をつくりたい!」という思いのもとに、福島県郡山市にプレハブ建てのコミュニティボックス「ピーナッツ」を運営し、そこに集まる仲間たちと様々な企画を行っておられます。
以前にはランドスケープの設計事務所に勤めておられたこともあり、将来的には、コミュニティ視点でのまったく新しい都市をデザインしてみたいとのこと。



(※この動画は仮ver.です。)


ちきゅうじん図鑑 (http://eg-zukan.tv) 
Interviewed By NIPIO
eg.zukan at gmail.com
テーマ:Zukan Project
2009年12月01日(火)

nipioの三千里の道のりは・・・

まだまだ続いているのです。











全宇宙の研究者、365日毎日、3年で1000人の目標は残念ながら達成できず、300人で終了しました。


(※他の方が引き継いで、しっかり更新は続いています。)








一度は自分に限界を感じ、インタビュアー引退を宣言したこともありました。

















しかし、しかしであります。














流れ、流れてたどり着いたのは、やはりこの道でした。

















「研究者」から「ちきゅうじん」へと対象を広げて再スタートし、





過去にインタビューを受けてもらった人、見てくれていた人など





まわりの人からのご支援、ご鞭撻を受け、何度もくじけそうになりながらも、





なんとかコツコツと続けてきました。

















再び、三千里の道を歩み始めたのでした。


























そしてある時、気づいてしまったのです。

















道は一本である必要はないということを。


























複数有っても良いではないか!























ということで、、、




















研究者図鑑/Researcher ZUKAN (http://www.zukan.tv/)





ちきゅうじん図鑑/Earth Generation Zukan (http://eg-zukan.tv)





レシピる!図鑑~業務用レシピ検索サイト「レシピる!」内~ (http://recipe-ru.com/)





地域公共人材図鑑 (http://blog.canpan.info/colpu_zukan/)

















4つになっちゃいました~べーっだ!
































まだまだ千鳥足ですが、これにてニピ千復活です!
テーマ:Zukan Project
2008年05月22日(木)

ご報告

ご無沙汰しております。

9月いっぱいで研究者図鑑はバトンタッチし、その後、約半年間の充電期間を過ごしていました。



んで、昨日5月20日から、ちきゅうじん図鑑というサイトがスタートしました。

http://www.eg-zukan.tv/

みなさん一斉に拍手! (*゜▽゜ノノ゛ぱちぱち




これまでは、研究者図鑑/Researcher ZUKAN (http://www.zukan.tv )にて、沖縄から北海道まで一人で研究者を取材に行き、300日間ほぼ毎日インタビュー映像をアップするという活動を行い、全国の若手研究者の発掘とネットワーク構築を行って参りました。
http://www.zukan.tv


そして、今回は、世界各地の様々な活動をしている若手のリーダー達を発掘して紹介する、

「ちきゅうじん図鑑/Earth Generation ZUKAN (http://eg-zukan.tv/)


なるプロジェクトをスタートさせました。

研究者毎日1000人は頓挫してしまいましたが、
次なる目標は、『世界各地で累計1000人』!!



ううむ、全く先の見えない、遙かなる道のりなり。。








んで、













★★出演者大募集中!!★★












です。
自薦他薦問いません。

私西尾 nishio.naoki at gmail.com  (atを@に変えてください)まで、お気軽にご連絡下さい。








以下ちきゅうじん図鑑とはなんぞや


◆ちきゅうじん = Earth Generation◆

ちきゅうじん図鑑は、世界各地の様々な分野・職業で "Think Earth, Act Local" ―― 地球や未来を意識しながら、地に足の着いた活動をしている人達(Earth Generation)に迫る映像図鑑です。

「活動内容」だけに留まらず、「人柄」や「思い」 にスポットを当てた人物図鑑を作りたい。私たちが映像を媒体に用いている狙いはここにあります。

2008年5月20日の配信開始日から、インタビュアーNipioが、毎日、地球人を紹介していきます。


◆ちきゅうじん図鑑 = Earth Generation's platform◆

人・お金・情報が世界中を巡るいま、私たちは世界はつながりあってるなんて「当たり前」の時代を生きています

グローバリゼーションやグローカルな環境・社会問題は、その現象の一部に過ぎません。

地球とか未来とか考えるのは大きすぎるけど、自分だけ幸せならイイ、今だけ考えていればイイなんて考えるのも小さすぎる。
いろんなことが時間、空間を越えて繋がりあってることを何となく知ってしまってる。
だから本当は、「誰かのせい」にするのではなく、自分たちで未来を創っていきたいと願ってる。

地球人図鑑は、そんな「地球や未来が他人事じゃない」感覚を共有する、次世代の当事者 Earth Generation が交流し、互いに協力し合って未来を紡いでいくためのプラットフォームの一つです。


◆創発環境づくりとの連携◆

映像やオンライン上の情報で「知る」だけでは、なかなか交流や協力というものはうまれません。
ちきゅうじん図鑑では、リアルに人が集まる場との連携を行って、「出会い」や「創造」につなげていくことを目指しています。

1.「知る」・・・ちきゅうじん図鑑を通じて知る。
2.「出会う」・・・各種イベントなどで出会い意気投合する。
3.「創造する」・・・共に新しい何かを創造する。

ちきゅうじん図鑑は、新たな「創発環境づくり」の取り組みの一つとして位置づけられています。


これから随時、インタビュアーNipioが世界各地のEarth Generation Leader達を紹介していきます。

乞うご期待!
テーマ:日記
2007年09月06日(木)

あらしのよるに@東大

Image157.jpg
インタビューしてきました~☆!


帰りが大変でした(-.-;)

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>