もさ子の女たるもの

転ばぬ先の、もさ子


テーマ:
確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術/アスペクト

¥1,404
Amazon.co.jp

新刊「確実にモテる 世界一シンプルなホメる
技術」(アスペクト出版)が、8月2日に発売に
なります。略してセカホメ。
アマゾンから予約もできます。今なら若干
お安いようです。

ほめたら、女性は喜ぶ。
男性のみなさんも、これくらいは
わかると思います。
しかし、「よし、じゃ、ほめてみよう」
と思う人は、実際には少ないのでは
ないでしょうか。

ほめに挑戦しない理由は、
① やり方がわからない
(日本には女性をほめる文化
がないので、しょうがない部分
もあると思います。そのために
“ほめろじ~”として、法則化
しました)
② 自分はオンナより“上”だと思っている
ので、そんなことしたくない。
(それで女性が寄ってきてくれるのは、
イケメンが高収入な場合のみです)
③ 「ほめる」ことによって得られるリターンが
具体的に何かわかっていない。

からだと思うのです。

“ほめろじ~”では、お世辞はいいません。
(思ってもないことを言うと、かえって印象が
悪いです)
無理に女性の意見に合わせる必要も
ありません。
女性のご機嫌をとることもしないでいいです。

女性がほめてほしいところを指摘する。
女性のかまえてるミットめがけてボールを
なげる。それでOKです。
野球のルールでは、3ストライクをとればいい
ですよねj?女性をほめるのも同じ。
要所要所でストライクがとれさえすれば
いいのです。
新刊セカホメでは、「どこにボールを投げればいいのか」
について書いています。

さて、ほめることで、得られるリターンについて
説明します。

就活や仕事、恋愛や婚活の大きな違いって
なんだかわかりますか?

違いはいろいろあると思いますが、
就活や仕事は基本的に平等ですが、
恋愛、婚活は不平等です。

たとえば、就活や仕事では、
面接官や上司はあなたのことが
好きでも嫌いでも、じっくり話を
聞いてくれます。いい人材をとること、
仕事の進捗状況を確認することが
面接官、上司の仕事ですから。

しかし、恋愛や婚活では
「好きじゃない」「嫌い」と思われたら、
もう話は聞いてもらえません。
話を聞いてもらえないということは、
男性の良さも伝わりません。

ですから、男性が女性をほめる
目的とは、「自分に興味を持って
もらうため」です。

“ちんころじ~”で、
男性にとって、外見と内面は
イコールだから、外見が悪いと
内面も悪いと解釈されてしまう、
まず外見磨け。
と書いてきましたが、これと
“ほめろじ~”は一緒です。
女性に「この人はどんな人なのかな?」
と興味を持ってもらうためには、
先手必勝でほめるのがいいのです。

そんなこといっても、どうせイケメンが
いいんだろ?と懐疑的な男性も
いることでしょう。たとえば、就活の面接では
入室して10秒以内に合否が決まっている
とよく言われます。

が、こんなデータもあるのです。

女性をAとB、2つのグループにわけます。
ある男性の写真を用意します。
Aのグループには、
「この男性は大金持ち、かつ篤志家で
年間100万ドル寄付している」
という前情報を入れます。
Bのグループには、
「この男性は誘拐犯だ」という
情報をいれます。

AとB両方に、男性がインタビューを受けている
映像を見せます。会話はたとえば
「休日は庭の手入れをしています」
といった感じの他愛のないもの。

映像をみたあとに、この男性からどんな印象を
受けたかアンケートをとると、
ポジティブな情報をいれられたAグループは総じて
「いい人、信頼がおける人」と感じ、
ネガティブな情報を聞かされたBグループは
「信頼できない、あやしい」と
答えたそうです。

これは“先入観”を与えることで、印象操作ができる
証明であり、物を売るときやカルトが用いる手段
でもありますが、恋愛でも同じでしょう。

「いい人だ」という証拠を与えられれば、
いい人だと思い、「悪人だ」と言われれば
そうだと思うわけですから、最初に
男性から女性をほめることが、
「いい人の証拠」になるのです。
(残念ながら、女性が男性をほめても、
視覚的に好みでない場合は効果は
ありません)

就活で、入室した瞬間にベラベラしゃべりだしたら、
「おかしな人」と思われます。(面接官の問いに
答えるのがマナーですよね)

けれど、恋愛や婚活では
「先に攻める」権利が与えられています。
使わない手はないでしょう。

出会って5分以内に、女性をほめる。
そうすることによって、
「この人はどういう人かな?」
と興味をもってもらう。

ほめることのもう一つのメリットは、
「ミスをちゃらにできる」ことです。

たとえば、男性が
水をこぼして女性のスカートや靴を
濡らしてしまったとします。

ほめてもらって、いい印象をもって
いる場合は、女性は
「そちらこそ、大丈夫ですか?」と
気を使ってくれるでしょう。
たとえ、男性の話がつまらなくても
「この人は、純朴な人だ」と
解釈してくれます。

しかし、ほめない男性が水をこぼし、
話がつまらないと、
「ないわ~」で即ゲームオーバーです。

モテるために人格を変えるのではなく、
今のままの自分に、「ほめる」習慣を
プラスする。

そうすれば、女性から評価は必ず
変わってきます。

合言葉は、ほめるが勝ち!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。