膝蓋骨内方脱臼

テーマ:

先日、当院で行いました膝蓋骨内方脱臼の手術についてご報告します。


膝蓋骨内方脱臼とは文字通り膝蓋骨(膝のお皿の骨)が内方(内側へ)脱臼する病気です。


膝蓋骨内方脱臼はグレードⅠ~Ⅳまであり、数字が上がるほど重くなり将来の膝への負担が増します。


Ⅲ以上が手術の適応になります。


グレードⅠ…獣医が指で押すと脱臼するが、指を離すと自然にはまる。

グレードⅡ…獣医が指で押すと脱臼する。指を離しても自然にははまらないが、屈伸するとはまる。

グレードⅢ…常に脱臼している状態。獣医が指で押すとはまるが、指を離すとまた脱臼する。

グレードⅣ…常に脱臼している状態。獣医が指で押してもはまらない。


文章にするとややこしいですが、

要するに『 グレードⅢ以上は常にお皿の骨が外れたままなので放っておくと良くないですよ。 』

ということです。


ホームページ にも写真入りで詳しく載せましたので参考にしてください。


この病気での一番のポイントは、


グレードⅢのワンちゃんは一見普通に何の問題もなく歩いていることが多いということです。


しかし、そのままにしておくと年をとってから膝の内部に痛みの出てくる慢性の膝関節炎になってきます。


その頃にどうにかしようとしても、もう元には戻りません。(緩和処置はあります。)


犬の痛みは人から見ててもなかなか分かりづらいのが現状です。


獣医から見て、痛そうにびっこを引きながら散歩をしているワンちゃんは結構います。


この膝蓋骨内方脱臼による慢性の膝関節炎もその理由の一つです。


『かわいそうやなしょぼん』と思っても、飼い主さんがその気にならないと私達にはどうすることもできません。



うちの子大丈夫だろうか?とお思いの飼い主さんはぜひ一度かかりつけの獣医師に相談してくださいね。



大阪市西区にある西長堀動物病院 病院より


AD

コメント(2)