さよならアドルフくん

テーマ:
ニコ長期ホテルのアドルフくん、ついに明日はお迎えの日です
{63F1A11B-D2C0-4F5E-B064-284AD8F494DA}


私(看護師 中野)、明日は休みのシフトなので今日でお別れですえーん
爆笑アドルフくんは穏やかな子で、お腹に触れても嫌がりません
何なら触ってくれと言わんばかりに ひっくり返ってお腹を上にしてコロンコロン甘えてくれます
{F60BF6B1-DAA4-4CC3-A9DF-50FEF3A407C0}



最後にたくさんモフらせてもらいましたチュー
ごちそうさまでしたドキドキ

アドルフくん、ここは病院だから あまり頻繁に会う事があってはいけないけど、次 会える時まで元気でいてねおねがい
{86697147-1CFC-4E0D-B601-F0130E4E4201}

大阪市西区にある『病院 西長堀動物病院』より
AD

今日のアドルフくん②

テーマ:

ホテル12日目の三毛猫アドルフくん、安定のくつろぎです

 

{93AA2CE1-DA7A-40F5-A399-07687ADE233A}

 

 

テントのお家を気に入ってくれたようで、いつもこの中からこちらを見ています

 

軽くお散歩したり

 

{08BB7732-64DE-4046-9828-AA00EB42B190}

 

 

 

 

 

 

じゃらしで遊んだり

 

{3EC97C2B-E8D4-4857-A4E8-BD72E91E6ADF}

 

 

 

 

 

 

もぐもぐ快食 チュー快便 爆笑元気いっぱいです音譜

 

大阪市西区にある 『 病院 西長堀動物病院』 より

 

 

 

 

 

 

 

AD

まさかの…

テーマ:

こんにちはニコニコキラキラ

西長堀動物病院 看護師の平松です雪雪の結晶
 
本当に寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?
 
現在、私は犬を4匹、猫を多頭飼養しております。
今日はその中で、7年前に出会った捨て猫『べろ』のお話を三毛猫
7年前の5月頃、私が働いていたペットショップの駐車場にキャリーに入れられて遺棄されていたのがべろです。
その当時、先住猫が1匹居たため猫エイズや白血病の検査、避妊の手術の為に病院に連れて行きました。
幸いなことに病気もなく手術は無事終了。
入院中も、人間が怖くて仕方ないようで、入院のお部屋の掃除をするだけでも怖がって暴れる始末。
触れるなんてもってのほかえーん
今後、この子をどうしていくのか先生に尋ねられました。
 
削痩していて怯えきったこの猫ちゃんを地域猫としてリリースするのは可哀想だし・・・
この性格の仔を迎え入れてくれるお家を見付けるのも難しいだろうなぁ・・・と考え、連れて帰りました。
先住猫との相性を心配しましたが、約2週間ケージ越しの対面で飼養し慣れたようなので出してやりました。
すると先住猫がうっとうしがる程べったりであっという間に仲良し姉妹になりましたふたご座ラブラブラブラブ
 

 
ただ、いつまで経っても人間は怖いようで、私も触れないどころか家族が遊びに来たら押し入れに隠れて全く姿を見せないという有様。
7年経っても、熟睡しているときにそっと、一瞬触れるのが精一杯。
すぐ逃げてしまうし、怖がってイカ耳になり唸ります。(猫パンチを繰り出したり、噛んできたりした事は1回も有りません)
しかし、私が保護して帰る犬や猫には本当に優しく、ベッドを譲ったり、
その仔達が餌を食べるまで我慢して後ろで待っていてくれたり本当に優しい良い子ですハート
 
元気な頃のべろ
 
 
 
 
 
そんな子が、先週の火曜日帰宅するとぐったりしていて触ってもノロノロとしか逃げず本当にしんどそうでした。
慌てて病院へ走って来ました。
血液検査の結果から腎不全に陥っていました・・・。
 
この仕事をさせてもらっているのに気付いてやれなかった後悔。
限界まで我慢させてしまった申し訳無さ。
頑張って捕まえて、定期検診に連れていってやれば良かった。
色々な感情が頭を駆け巡りました。
触れなくなってしまった原因が人間が虐待していたせいか、元々の気質かは分かりませんが本当にしんどかったんだと思います。
昨日まで、私の晩御飯に焼き魚は無いか確認しに来たり、ささみをボイルすれば欲しい欲しいと鳴いたりしていたのに…
高齢期に入って来た猫であれば腎臓の数値を気にしてやらないといけない事。病気や検診の大切さについて飼い主様に啓発していかないといけない立場であるにも関わらずまさか家の仔が・・・
どうしよう・・・
べろは今後どうなるんだろう・・・
余命は・・・
先生が、説明して下さっている言葉が、頭の中が真っ白で全く入って来なかったのをうっすら覚えています。
大病を患う我が仔はべろが初めてですし、動物看護師で居る時間が長くなれば長くなる程、
病気の患畜の飼い主さんの立場であることの気持ちが分からなくなっていたと思い知らされました。
後悔しかありません。
 
初日のべろ
 
 
2週間入院させて頂き、今はシャーシャー怒り隙あらば逃げようとする程、改善しました。
まだまだ数値は高く油断は出来ない状況ですが、毎日の血液検査、点滴、療法食での管理、サプリメントの投薬を続け
これ以上、絶対に腎不全を悪化させない、そしてべろのQOL(クオリティー オブ ライフ)を少しでも上げてあげられるよう、
1日でも苦しい思いはせずに楽しく過ごして貰えるよう、精一杯努力していきたいと思っています。
触らせてくれなくても、懐いてくれなくても、大勢の中の一人であっても、世界に一人だけの大切な娘であり家族です。
 
今回の事で、三谷院長はじめ看護師長の中野さん、清水さん、岩﨑さんには本当に忙しい中、親身になって治療にご尽力頂き
感謝しかありません。
唸ったり、威嚇してきたり治療に協力的ではない患畜の入院管理はどれだけ大変か身をもって経験済みですが、
嫌な顔一つせず本当に本当に西長堀動物病院で働かせて頂いて良かったと、再度痛感しております。
まだまだご迷惑お掛けしますが、宜しくお願い致します。
 
腎不全は、完治する事は有りませんが、治療によって維持、改善は可能です。
おかしいな?と思ったら早く動物病院を受診してあげて下さい!!!
1日遅れるだけで今後が変わってきます。
 
 入院2日目のべろ

 
 
 
入院7日目のべろ(笑)

  
入院14日目のべろ
 
 
今は毎日の皮下点滴と療法食、サプリメントを飲んで頑張って居ます。
早くおうちに帰ろうねハートピンクハートグリーンハートブルーハートイエローハート
みんな待ってるよ猫しっぽ猫からだ猫あたまビーグル犬しっぽビーグル犬からだビーグル犬あたま家
大阪市西区にある 『西長堀動物病院病院』 より
 
AD