お友達の先生の発表会へ

テーマ:
台風一過、昨日の大雨が嘘のような晴天!いよいよ夏本番を思わせますね。
大阪市城東区今福の西川ピアノ教室より、こんばんは。


今日は、同じ城東区で、仲良くさせて頂いているH先生の発表会にお伺いしました。

{DF9C4FBD-40E9-4584-8EBD-116A8EBF842C:01}

{16E8D381-FC9B-467C-B487-B94DAC1CADC3:01}

↑生徒さんが書いてくれた絵に一つ一つ丁寧にコメントを書き、展示されていました!

H先生は、ご自身のピアノはもちろん、リトミック、作曲、ジャズ、、、たくさんの生徒さんを抱えながら、常に色んなことを全力で勉強なさっている、スーパー先生です!とても同じ24時間を生きてるとは思えない( ̄▽ ̄)

2年に1度の発表会は、毎回、ソロとは別に、生徒さん全員が、プロの先生方との室内楽を演奏されます。
ソロは皆さんクラシックを弾かれますが、室内楽はジャンルを問わずで、当然、室内楽用の楽譜が市販されてない曲を希望する子もいて、先生は、それを一曲一曲室内楽用に編曲されるのですビックリマーク
やっぱりスーパー先生です

{EE81FDF7-8D14-481D-B668-C724606C61FA:01}

素晴らしい編曲で、どの子もとても生き生きと合わせられていました。
トリは先生の演奏。それはもう素晴らしい演奏でした

最後に生徒さんお一人お一人の写真を後ろの反響板に映しながら、「世界にひとつだけの花」を、全員で合唱。
「ナンバー1にならなくてもいい、元々特別なオンリーワン」という歌詞に、先生のお気持ちがこめられているようで、なんだがウルウルきました

ホールの予約から室内楽の編曲、プログラム作り、バックに映す写真を歌にピッタリ合うように編集すること、記念品選び、、、、その他諸々、ずっとその頑張りをお聞きしていたので、なんだが私も感無量

H先生、お疲れ様でした!
どうかゆっくりお休みください。



AD

コメント(2)