玄関に手摺を取付けました。

介護認定を受けられている方なら、市の助成金を利用して、

一割の負担金で工事ができます。

$4代目の匠 ともたかのブログ

基本的な手摺の取付け高さは、タイルの貼ってある土間部分で80センチが標準の高さになります。

段差のある部分は、手摺高さ750センチが丁度よいです。

しかし、個人差がありますので、実際にその場での確認がとても重要ですね。

$4代目の匠 ともたかのブログ

手摺がちょっとあるだけで、お年寄りは、移動がとても楽になります

これで安心ですね♪♪

今回、ニチイケアセンター大額様 、あおいとりケアサービス様にとてもお世話になりました。

ありがとうございました。
AD
手摺の取り付け工事をさせて頂きました。

介護保険の認定をうけられているお客様なので、

住宅改修制度を利用して取付させていただきました。

20万までの工事については9割が介護保険からでるので、実質1割の負担で工事をすることができます。

$4代目の匠 ともたかのブログ

こちらは、玄関です。

ちょっと、つかまる所があるのと、ない!のでは、大違いだそうです。

『あら~ 楽だわぁ~』っと言ってもらえました(=⌒▽⌒=)

$4代目の匠 ともたかのブログ
その他、5箇所取り付けました。

少しでもご自分のお家で住みやすく元気でいてもらえれば、

本人だけでなく、ご家族の皆さんも安心ですよね♪


申請書類の作成、代行もおこなっています。

金沢市の介護保険住宅改修のページはココです。
AD