NK Blog

こんにちは。BLOG筆者の西尾です。
設計業務、雑務で日々多忙でありますが、
仕事とは別に、建築のことを私の視点から
取り上げていきたいと思っています。
調べてほしいことがありましたら、ご質問
リクエストください。


テーマ:

2012年のブログ記事で、最近の住宅販売で、CASBBE、スマートハウス、ゼロエネ、HEMS、場シップハウス)ゼロエミについて述べさせてもらいました。

その年、大手家電店、住宅メーカーが、最も提唱していたのがHEMS、スマートハウスです。

最適化=見える化とか、スマートフォンで外から家が制御できるとかで。

家電なのか、家なのかスマートという言葉に引っ掛けて、あたかも最新のように。


2、3年経過して、かえって古さを感じさせてしまうHEMS、スマートハウスは、どこへやら~。


現在、地球温暖化として、環境へのCO2排出割合が30%となる住宅に省エネ化を提唱しています。消費税の更なるUPに向けて、省エネを導入した住宅には、大幅な減税を実施。

国交省お墨付きとして長期優良住宅、低炭素住宅がそれです。建築確認許可が下りれば、同時に認定書(適合証明書)が発行され、認定書をそのまま役所に持ち込み、減税対象の住宅と認定される流れです。

借入を行った元金に対して1%を10年に渡って減税。

最大5000万借入た場合、5000万円X1%X10年=500万の減税と言った計算です。


史上最低金利と言われているフラット35Sと併用すれば、とことん優遇され、「今しかない建てろ建てろ。」とあおられているような国のバックアップ商品?今年の流行?なのでしょうか。


そもそも長期優良住宅というのは、不動産価値に建物価値を高める意味あいでできた形になっており、新築時の高性能住宅の基準(もともとは性能表示ラベル)で、建築家としての創造性、デザイン性からは、反比例する内容の規定です。性能なのかデザインなのかどちらが良くてどちらが悪いとは、言いきれないと思いまが、建てる方の意図であって、ただ、ほぼ二者は協調するものではありません。デザイン性を取れば、必ず耐震性、耐久性に影響が出ます。その反対を取れば、形は限りなくシンプルになります。


住宅のあるべき姿として、私として流行りものはどれも同類で、住宅のおもちゃ化という感想です。

住宅や不動産は、公式に認められる資産です。しかし、自分たちが住む場所と建物の場合は、生活する上での価値を冷静に考えて、流行りものを利用しなければ、本当に無駄だった建物になってしまいます。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。