日暮里デイズ ~ Let me make you smile ~

笑顔(●^▽^●)がテーマの社交ダンス教室『日暮里ニシダダンススクール』のブログです。
ボールルーム・ラテン 両A級ダンサー 西田欣主&美穂が日々とダンスを綴ります。
愛猫『うずら』さんの丸っこい写真も多数掲載!


テーマ:
今日もまた発明しました!

ダンスのコツをお伝えしたい時に
私たちは使っている言葉のニュアンスが
ほぼ全員違うという前提が必要です。
同じカレーを食べて甘いという人と辛いという人がいる、ということです。

ニシダの感覚で
『手は 弱く 握ってほしい』、という時でも
「饅頭がつぶれない程度に」
「スポンジの形を崩さない程度に」
「サランラップが密着するように」など、
なるべく共感できるイメージでやってもらい、
フィードバックを取って微調整していきます。

プロレスラーの「弱く」と、小学生の「弱く」では
感覚が違うということですね。

きゅうにむずかしい事いいはじめたニャ

さて、そんなニシダが今回発明したのは・・・
「おしらせがかり」!

グループレッスンの男性陣にお伝えしたワードです。
あなたの役目は、女性に、次に何をやってほしいか
「伝える係」ですよ、と。
もちろん、最終的にはこれだけでは足りませんが

カタカナ語の「リード」では
相手に情報を伝達するという意思が抜けてしまうケースをよく見ます。
結果、enforceやdragになっています。

このグループレッスンにはコンペティターが少ないので、
いかにして自分も相手も快適に踊るか、という事をゴールにしています。
そんな中で生まれたこの「お知らせ係」というワード。

お知らせ、なので
・次にやること、してほしいことが事前に意識に上る。
・相手が聞く耳を持っている状態か意識する。
・極力相手の邪魔をせずに、タイミングやアライメントを伝える。
という方向に行きやすくなります。
そういう風にイメージしやすい響きの言葉を発明したぜ!
どうでしょうみなさん!て事です(^▽^)

男子は(上手下手にかかわらず)瞬時に判断して行動選択しているので、
あるレベルの集団においては
心構えを変えてやるだけでも即効性がありますね。

自分も相手も楽しく心地よく踊りたい、と
心底思えれば もうそれだけで満点をあげたい境地ですが
なかなかそうはいかないです。
他人と踊っていても個人的努力をしてしまいがちです。

せめて、「お知らせ係」でもある事を、
少し思い出して踊ってみてくださいね!

(よしかず)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日暮里ニシダダンススクールさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。