宮崎県都城市で口蹄疫感染の疑い事例が出たことを受け、政府は10日午前、首相官邸で対策本部の会合を開き、菅直人首相が「感染拡大防止のためには迅速な初動対応が何よりも重要。緊張感を持って一丸となって対応していきたい」と述べ、初動対応と防疫措置の徹底を指示した。

 会議では山田正彦農相が、都城市の発生農場の牛208頭の殺処分を10日未明に終え、埋却が午前中に終了することなどを報告した。

 宮崎県は引き続き、農場の防疫措置、通行車両の消毒ポイントの増設などを自衛隊や警察の協力を得て実施する。現地の状況を踏まえながら菅首相、山田農相の宮崎入りを検討する。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:感染疑い家畜24時間以内に殺処分へ…農相が意向
山田農相:口蹄疫問題「早急に解決」
口蹄疫:ワクチン接種、国が全額補償へ 山田前副農相
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市
口蹄疫:宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初

超党派で「財政健全化検討会議」…首相所信表明(読売新聞)
早朝の住宅火災、焼け跡から姉妹2人の遺体(読売新聞)
年1回点滴静注の骨粗鬆症治療薬を開発へ―旭化成ファーマ(医療介護CBニュース)
4、5月の機密費は3億円=引き継ぎ時の残高明かさず(時事通信)
幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
AD