民主党の辻恵副幹事長が検察審査会事務局に審査手続きの説明を求めていた問題を受け、自民、公明両党は1日、国会内で「糾弾する会」を開いた。「司法への政治介入は断固許すべきではない」とする批判が相次ぎ、辻氏に公開質問状を送り、事実関係を明らかにするよう求めることを決めた。今後、社民、共産の弁護士出身議員にも参加を呼びかける。

 会合には、自民党の柴山昌彦、公明党の大口善徳両氏ら弁護士資格を持つ国会議員6人が出席。辻氏が小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件を審査している第1、第5審査会の事務局長による説明を要求したことについて、「手続きは法務省や最高裁判所に聞けば分かる」「圧力以外のなにものでもない」などの意見が出た。

 辻氏は5月31日、審査手続きへの説明を求めたことを認めた上で、「制度について問い合わせるのは当然のことだ」と釈明した。

<近畿農政局>360万円横領容疑…前係長を懲戒免(毎日新聞)
<菅首相>組閣、枝野幹事長内定 11閣僚再任へ(毎日新聞)
小鳩退陣のおかげ…横浜市議補選勝利で民主陣営(産経新聞)
民主支持回復29%、辞任評価69%…読売世論調査(読売新聞)
菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう(産経新聞)
AD