自民、公明、共産、みんなの野党4党の国対委員長が27日、国会内で会談し、28日午後にたちあがれ日本を加えた5党の幹事長会談を開き、与党が審議や採決の強行を連発させていることや、米軍普天間飛行場移設問題について協議することを確認した。また、近藤昭一・衆院総務委員長(民主)が郵政改革法案の審議日程を委員長職権で設定したとして、横路孝弘衆院議長に抗議し、日程設定を撤回するよう申し入れた。

 このため、衆院本会議は野党が議長からの返答がない限り応じられないとして、予定されていた午後1時の開会がずれ込んだ。

【関連記事】
終盤国会、野党共闘へ 自公対決姿勢強める
宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議
郵政改革で“国会対決”辞さず 亀井vs全銀協ヒートアップ
朝鮮学校無償化検討 会議メンバーやっと決まるも「非公表」…
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意

<鳩山首相>中国の温首相と会談 対北朝鮮で強い姿勢を要請(毎日新聞)
食を考える歯のシンポジウム6月開催(医療介護CBニュース)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】東京 石原慎太郎知事 怒るのは当たり前(産経新聞)
AD