熊本訪問1回目 デヴィ夫人と一緒に #nipponspca #熊本 #竜之介動物病院

テーマ:活動ブログ 2016-05-17 16:48:39
5月9日~10日
デヴィ夫人と熊本被災地の訪問と
視察に行って参りました



熊本市動物愛護センターの方と




殺処分0を目指して国内でも、最も早く達成した
ことでも知られる熊本市の動物愛護センター

5月14日に起きた地震の為に、施設周辺を囲むように
大きな亀裂がはいり、ところどころにヒビが見受けられました。



地震の凄まじさを物語っています。




古い管理棟には、柴犬・チワワ・ボクサー・シーズ
ビーグル・ミックス犬など・・・

大きな揺れにビックリして逃げ出したワンちゃんが
いました。表情はとても不安そうでしたむっ



早く飼い主が見つけてくれるといいですね。




今回、熊本市の動物愛護センターでは、迷い子札をつける
キャンペーンも行っていたため、多くの犬や猫が返還された
そうです。さすが、熊本。意識が高いですね。

今回は、東日本大震災では推奨されなかった
同行避難も積極的に行われたそうなのですが、
避難所生活を共にする同伴避難まではなかなか難しく
避難所に入れない犬や猫の為に、
崩れそうな家で過ごされる飼い主さんも多くいました。







地元の方に聞くとかなりの揺れがまるで20分も
続いたかのような恐怖があったそうです。

午後は、同伴避難を積極的にしていた
熊本市にあります、竜之介動物病院に行きました。



自家発電や、建物の耐震補強など、
予め震災や水害を見据えて避難拠点を作る為にも
様々な努力をされていた竜之介動物病院



避難所としていた上層階の九州動物学院で、
9日よりやっと授業が再開できるようになり、
生徒さんの前で、デヴィ夫人は動物愛護の為に、
特別授業を行いました。



支援物資の提供もしてきました。
中には、除菌シートや、レディースグッズ。
歯ブラシ、パンツ、ブラシ等セットになっている
避難グッズもお渡ししていました。





震災時にはペットはビックリして逃げてしまう事があります。
この猫ちゃんもそのうちの一匹です。

2週間後に帰って来たのですが、
後ろの両足は、何かに挟まれてブラブラになって
動かす事も出来なかったそうです。

動く前足だけで、やっと家に辿り着き、
飼い主さんがあわてて、竜之介動物病院に運んだそうです。

震災時には、沢山の怪我した動物も出ます。
でも、それを治療してくれる動物病院は
ほとんどなくなるそうです。




ケガだけでなく、精神的にてんかん発作なども
発症してしまい、そのような動物が多く出るそうです。

震災時のペットケアについても
とても考えさせられるものがありました。

5月14日には、こちらの病院で、ボランティア活動させて
いただく約束をして、病院をあとしました。

その様子は、また後日掲載致します。

引き続き、支援活動を行っています。

皆様の、あたたかいお気持ちをお願いします!

熊本震災:寄付金先
日本動物虐待防止協会
(銀行)東京三菱UFJ 銀行 千住支店 (普)0042615
※入金名義に震災寄付とわかるように
「0414」(震災発生日)を付けて下さい。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。