道具類の整理について

テーマ:

明けましておめでとうございます!

ご無沙汰しております。浦邊です。


現在使用している東松山市の畑ですが、「この畑で野菜を生産して出荷したい」という方が現れたので、その方にお貸ししようということになりました。


それに伴い、現在持ち込んでいる道具類を整理しようかなと思っています。


現在NSP所有物の中で、千葉時代からあるものは以下の通りです。「これは自分のものだから引き取りたい」という物がござましたら、1月5日までにご指摘いただけましたらと思います。詳しくは写真をご参照ください。

 

長靴、プーさんぬいぐるみ、ミッキーぬいぐるみ、携帯シャワー、携帯シャワー、BBQ用イス・テーブル、カセットボンベ、IKEAのガラス皿、深皿、お玉、草刈り機、藤製の棚、NSP看板






AD
みなさま、こんにちわ!台風・大雨すごかったですが、大丈夫だったでしょうか?

更新遅くなりましたが、8月3日は何と・・・
高校生がボランティアしたいということで、初めての高校生参加となりました音譜
プラス、引率の武田先生、うらべさんと、私齋藤将です。
これまで小学生や保育園児の参加はあったので、
今だにないのは中学生だけとなりました(^-^)v

そんな新たな展開を迎えたNSPですが、ここでどんな活動か再度紹介したいと思います!

NSPは、日本再耕プロジェクトの略称で、食料自給率が低い日本が抱える耕作放棄地を再び耕そう!と決起した、農林水産省の若手を中心とした活動です。

思いとしてあるのは、書類だけでなく現場でも、仕事が休みの時に向き合いたいというもので、2ヶ所の耕作放棄地を戻した経験から言えるのは、
一回畑に戻すのは、原野から開墾し、達成感もスゴくありボランティアも様々ありますが、
戻した畑を長く耕し続ける継続した活動は大変で、多くはないと思います。
そうした活動をねばり強く行い、いろんな方に、
耕作しているところと放棄したところに実際にクワを振るってもらい、
継続した農業の大切さを感じてもらうことを活動の趣旨にしています。

雑草の種や、また生えてくる根っこもたくさん残っています。
一年目は栄養豊富で地力も高いですが、作物がたくさん吸ってしまうので、
二年目は一年目のように肥料をあげないようにするとなかなか育ちません。
今年は二年目なので、土に思いやった畑作業が必要、そんな状況です。


そうした中で、今回はトマトを植えるべく、開墾をしてもらいました
夏は草との戦いですが、今年は雨が多いため昨年よりたくさんありました
140803-3
140803-2


トマトをたくさん植えたのは初めてだったみたいで、植え付け後の水やりも葉にかかって水レンズにならないよう根元にあげるのも初めて知ったそうですアップ


さつま芋のまわりの草を刈り、すがたを現したツル。

そして夏と言えば、ゴーヤにきゅうり!風で倒れた棒を立て直しましたパー
140803-4

たくさんのキュウリ、ゴーヤがとれました。
140803-5
140803-1

日頃部活で鍛えられている高校生たちも、流石に作業はキツかったそうです。
ただ、いい体験になったそうで、農作業体験の場をはじめて高校生に提供できたのは、
NSPにとってもたいへん有意義でした(*^▽^)/★*☆♪

今回途中でゲリラ豪雨に会い作業できなかったのもあったので、
次回は、ナスをカボチャの大群から救い出すべく、ツルを整理し、茶豆やいんげん豆を取ります。
AD

7月19日(土)の作業

テーマ:

お久しぶりです。那須です。
今回は、齋藤さん、佐藤さん、角谷さん、大塚さん、那須の5名で畑に行ってまいりました音譜

毎度驚かされるのは、雑草の威力!!
何度見てもすごい!一面の雑草たち。

まずは、草取りから始めました。

↑畑(草だらけ)の中の角谷さん



↑さわやかな笑顔で耕す男性陣


↑ゴーヤのネットが風と重みで倒れかかっていたので、それも修復!


↑なんとか畑っぽくなりました。


さて、ここで休憩。

曇りとはいえ、水分補給は重要です。畑で作業すると、飲み物のおいしさが倍増しますね!

雨の予報もあったので、休憩の後は、ひとまず収穫しました!


こちらが本日の収穫物ですダウン

あれ?!キュウリ大き過ぎますね・・・。


↑収穫を終えたところで写真を一枚!

女性陣は各々予定があり、本日は午前中で作業終了。
午後は、男性陣に引き続き頑張ってもらいました。

ここで、執筆を佐藤さんにバトンタッチ。

午前中の草取りでくたくたでしたが、見違えるほどすっきりしたので、ここにトマトを植えました。
午後からは斎藤さんと二人での作業です。

お昼の間に買ってきたマルチを貼って、そこにトマトの苗を植えていきました。

20140719-1

残念ながら、写真からも分かるようにしおれてますが、雨が彼らをよみがえらせてくれるでしょう^^

作業中雨が振りだしましたが、なんとか大雨にならないうちに作業を終えることができました。

そして帰りの車を出発してから大量の雨が(笑)
我々にとってもトマトにとっても最高のタイミングの雨になりました。


今年の夏は、大塚さんのように新しいメンバーを増やしてがんばりたいですね!!

AD