日本ダービー2016の予想とデータ・傾向・サイン

第83回 東京優駿(G1)日本ダービーのレース予想や、注目馬などをご紹介!【2016年5月29日 東京競馬場(芝2,400m) 】


テーマ:
5/29(日)に東京10R・芝2400mにて
《日本ダービー》が開催されます。




全てのホースマンと競馬ファンにとって
特別な意味を持つ世代最強馬決定戦。


今回の出走馬は非常に豪華な面子で
空前の戦いが繰り広げられること必至。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


まずは出走馬を見ていきましょう。


============
日本ダービーの出走馬
============


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 ディーマジェスティ 差 蛯名正義
1 2 マイネルハニー 逃 柴田大知
2 3 マカヒキ 差 川田将雅
2 4 レインボーライン 差 福永祐一
3 5 エアスピネル 先 武豊
3 6 アグネスフォルテ 先 松山弘平
4 7 ロードクエスト 差 岩田康誠
4 8 サトノダイヤモンド 差 ルメール
5 9 マウントロブソン 先 Tベリー
5 10 スマートオーディン 差 戸崎圭太
6 11 アジュールローズ 先 ボウマン
6 12 リオンディーズ 差 Mデムーロ
7 13 レッドエルディスト 差 四位洋文
7 14 ヴァンキッシュラン 差 内田博幸
7 15 イモータル 差 石川裕紀人
8 16 ブレイブスマッシュ 差 横山典弘
8 17 プロフェット 先 浜中俊
8 18 プロディガルサン 差 田辺裕信


以上、出走馬18頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


マカヒキ

皐月賞ではメンバーの中で
唯一となる上がり33秒台の豪脚を
繰り出しながらも2着に敗退。

初の敗戦を喫した形だが、
悲観するような内容では無い。

デビューからの4戦すべてで
上がり最速をマーク。

秘めている末脚は世代No.1だ。

無限の可能性を秘めた走りで
3歳牡馬の頂点を狙う。


サトノダイヤモンド

前走の皐月賞は3着で、
マカヒキ同様これが初の敗戦。

ただし、直線でリオンディーズの
斜行による不利を受けたのもあるし

ダービーを見越した仕上げで、
ゆるい調教過程での結果である。

あの激しい皐月賞の反動や疲れが
他馬にのしかかる中で、

余裕を持って臨めるこの馬に
ダービーでは分があるか。




ディーマジェスティ

3強対決と言われた皐月賞では、
評価を覆しレコードタイムで勝利。

驚異の成長力を見せて一気に
世代トップにまで成り上がった。

今回のダービーが皐月賞のように
ハイペースな争いになるなら期待。

伏兵扱いだった同馬が
見事ダービーを制し、名実ともに
世代最強を掴み取れるか。

大ベテラン蛯名正義の悲願の
ダービー制覇なるかにも注目だ。


リオンディーズ

昨年の2歳王者。
早生まれで完成度の高さが武器。

前走・皐月賞は折り合い面に
苦労する競馬で降着もあって5着。

今回も折り合いが最大の課題となる。

実力はこの3歳世代でもトップクラス
なのは疑いようのない事実。

鞍上のデムーロが前走の敗因もこの馬の
本当の強さも最も理解してるはずなので
2400mでどのような競馬をするか注目。


スマートオーディン

京都新聞杯を圧勝して
ダービーに駒を進めてきた。

2歳時には東スポ杯2歳Sを完勝。

明け3歳初戦となった共同通信杯は
引っかかった影響で6着に敗れたが

続く毎日杯・京都新聞杯はまったく
危なげなく楽勝してみせた。

ローテとそのキレ味鋭い末脚は
今回の台風の目となりそうな不気味な存在。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【5-1-0-3】
2番人気【1-0-0-9】
3番人気【3-1-1-5】
4番人気【0-1-1-8】
5番人気【0-4-0-6】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【1-0-5-24】
10番人気以下【0-3-1-84】


1番人気は複勝率70.0%と安定。

ただ、2~3着には4番人気以下から
計16頭出ており波乱含み。

相手候補には人気薄も警戒したい。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【6-2-0-12】
2枠【1-0-3-16】
3枠【1-1-0-18】
4枠【0-2-2-15】
5枠【1-1-1-17】
6枠【0-2-1-17】
7枠【1-1-3-25】
8枠【0-1-0-28】


1枠の成績が圧倒的に良く、
中でも最内の1番は4勝を挙げており
内枠の回収率が突出している。

一方で、15番から外の馬番からは
勝ち馬が出ておらず外枠は不利。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-2-1-7】
先行【3-3-1-28】
差し【5-4-6-73】
追込【2-1-2-40】


差し・先行馬が好成績。

好位~中団からレースをし、
上がりが速い馬が理想。

また、逃げ切りは決まりづらいが
人気薄の前残りには注意が必要。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


今年も“日本ダービー”がやってきた。


すべてのホースマン達が戴冠を
夢見る競馬会の祭典。


一国の宰相になるより難しいと言われる程
ダービー馬のオーナーになるのは難しい。


さて、レースの傾向を見ていくと
1番人気の成績が安定している。


最近でも昨年のドゥラメンテや
13年のキズナが1番人気で勝っている。


また、勝てないまでも
一昨年のイスラボニータのように
2着に入るなど好走確率が高い。


予想で迷ったら、
じっくりとオッズを眺めて
1番人気から買うという手も
あるのが日本ダービーだ。


また、当たり前だが
府中の2400mで行われる生涯一度の
大レースだけあって、

短距離ではない重賞未勝利馬には
苦しい戦いとなる。


時期が時期だけに、
このポイントだけでも人気になる馬を
絞ることができる。


皐月賞馬なら2冠3冠の夢も広がる。


難しいことは考えなくても、
3歳クラシック路線としてみれば
皐月賞組重視で良い。


また、1枠の成績が非常に良く
過去10年中8年で馬券になっている。


よって、今年は皐月賞上位組を中心に
~~~~~~~~~~~~~~~~~
枠を加味して予想していきたい。
~~~~~~~~~~~~~~~




本命は【ディーマジェスティ


皐月賞をレコードタイムで勝利。

そして今回は1枠1番の絶好枠を確保。

前走はスタートで出負けして
外によれたので懸念は残るものの...

大ベテラン蛯名正義の悲願である
ダービー制覇への熱い気持ちが
勝利を呼び寄せると期待し本命。


対抗は【マカヒキ


皐月賞では2着だったが、
上がり最速をマークしている。

戦績も4戦3勝・2着1回と優秀で、
自慢の末脚も東京でこそ活きると判断。


そして【エアスピネル


馬の能力ももちろんの事だが、
鞍上が勢いにノッてる武豊とあっては
ダービーで無視するわけには行かない。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ディーマジェスティ
◯:マカヒキ
▲:エアスピネル
☆:スマートオーディン
△:サトノダイヤモンド
△:ヴァンキッシュラン


データ上からは◎◯の二頭軸で
馬券を構築するのがベスト。

ただ、配当妙味に欠けるので
個人的にはスマートオーディンで
厚く勝負したいと思う。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


その他の競馬ニュースはコチラから

【無料アプリ】

【Facebook】
【Twitter】

今号は以上となります。


日本ダービー2016予想ブログTOPへ戻る
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本ダービー,過去10年の傾向/データ

過去10年のデータ・傾向一覧(2006年~2015年)

日本ダービーの歴代勝馬(1~3着)

回(年)1~3着オッズ人気
第73回(2006)1-メイショウサムソン3.81
2-アドマイヤメイン6.44
3-ドリームパスポート13.07
第74回(2007)1-ウオッカ10.53
2-アサクサキングス84.514
3-アドマイヤオーラ12.74
第75回(2008)1-ディープスカイ3.61
2-スマイルジャック49.212
3-ブラックシェル12.06
第76回(2009)1-ロジユニヴァース7.72
2-リーチザクラウン9.95
3-アントニオバローズ23.38
第77回(2010)1-エイシンフラッシュ31.97
2-ローズキングダム19.55
3-ヴィクトワールピサ2.11
第78回(2011)1-オルフェーヴル3.01
2-ウインバリアシオン24.410
3-ベルシャザール18.58
第79回(2012)1-ディープブリランテ8.53
2-フェノーメノ14.65
3-トーセンホマレボシ15.07
第80回(2013)1-キズナ2.91
2-エピファネイア6.13
3-アポロソニック61.68
第81回(2014)1-ワンアンドオンリー5.63
2-イスラボニータ2.71
3-マイネルフロスト108.012
第82回(2015)1-ドゥラメンテ1.91
2-サトノラーゼン18.75
3-サトノクラウン6.33

単勝・馬単・三連単の配当金

単勝馬単三連単
2006380円2,110円12,650円
20071,050円97,890円2,155,760円
2008360円17,560円201,300円
2009770円7,870円201,960円
20103,190円46,210円152,910円
2011300円4,540円100,300円
2012850円10,180円87,380円
2013290円1,600円54,950円
2014560円1,860円103,300円
2015190円2,220円15,760円

馬券平均
単勝平均:¥794
馬単平均:¥19,2043
連単平均:¥308,627

2007年に14番人気のアサクサキングスが連対して高配当を出していますが、基本的には毎年必ず3番人気以内の馬が少なくとも1頭は絡んでおり、1~3番人気の人気上位が中心となります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!

人気データ

1番人気  【5-1-1-3】
2番人気  【1-0-0-9】
3番人気  【3-1-1-5】
4番人気  【0-1-1-8】
5番人気  【0-4-0-6】
6番人気  【0-0-1-9】
7番人気  【1-0-2-7】
8番人気  【0-0-3-7】
9番人気  【0-0-0-10】
10番人気  【0-1-0-9】
11番人気  【0-0-0-10】
12番人気  【0-1-1-8】
13番人気  【0-0-0-10】
14番人気  【0-1-0-9】
15番人気  【0-0-0-10】
16番人気  【0-0-0-10】
17番人気  【0-0-0-10】
18番人気  【0-0-0-8】

1番人気(5-1-1-3)が勝率50.0%、連対率60.0%、複勝率70.0%と優秀。過去10年で半分の5勝を1番人気が挙げており、次いで3番人気が3勝と、人気サイドが中心という傾向になっております。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!

オッズデータ

1.5~1.9  【1-0-0-1】
2.0~2.9  【1-1-1-3】
3.0~3.9  【3-0-0-4】
4.0~4.9  【0-0-0-0】
5.0~6.9  【1-2-1-4】
7.0~9.9  【2-1-0-12】
10.0~14.9  【1-1-3-9】
15.0~19.9  【0-2-2-6】
20.0~29.9  【0-1-1-17】
30.0~49.9  【1-1-0-17】
50.0~69.9  【0-0-1-9】
70.0~99.9  【0-1-0-20】
100.0~  【0-0-1-46】

単勝オッズ50.0倍以上からは勝馬は出ておらず、割引が必要。1番勝率が高いのが3勝を挙げている3.0~3.9倍で、3.9以下だと【5-1-1-8】と人気サイドによる決着が目立つ傾向となっております。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!

枠データ

1枠  【6-2-0-11】
2枠  【1-0-2-15】
3枠  【1-1-1-17】
4枠  【0-2-2-15】
5枠  【1-1-1-17】
6枠  【0-2-1-17】
7枠  【1-1-3-25】
8枠  【0-1-0-28】

馬番データ

1番  【4-2-0-4】
2番  【2-0-0-8】
3番  【1-0-3-6】
4番  【0-0-0-10】
5番  【1-0-0-9】
6番  【0-1-2-7】
7番  【0-1-2-7】
8番  【0-1-0-9】
9番  【0-1-0-9】
10番  【1-0-1-8】
11番  【0-1-1-8】
12番  【0-1-0-9】
13番  【0-1-0-9】
14番  【1-0-2-7】
15番  【0-0-1-9】
16番  【0-1-0-9】
17番  【0-0-0-10】
18番  【0-0-0-8】

1枠の成績(6-2-0-11)が圧倒的に良く、中でも最内の1番は4勝を挙げており、内枠の回収率が突出しています。15番から外の馬番からは勝馬が出ておらず、データ的には外枠不利の傾向にあります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!

性別データ

牡・セン  【9-10-10-147】
牝馬  【1-0-0-1】

ほぼ牡馬が中心となるレースになります。牝馬による優勝は2009年のウオッカを最後に出ておらず、牝馬による出走自体が少ないレースとなっております。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!

前走データ

重賞レース  【10-10-9-119】
┗皐月賞(G1)  【7-5-5-62】
┗NHKマイルC(G1)  【1-1-1-26】
┗桜花賞(G1)  【1-0-0-1】
┗京都新聞杯(G2)  【1-1-1-19】
┗青葉賞(G2)  【0-3-2-10】
┗毎日杯(G3)  【0-0-0-1】

OPレース  【0-0-1-17】
┗プリンシパルS(OP)  【0-0-1-12】
┗ベンジャミンS(OP)  【0-0-0-1】
┗端午S(OP)  【0-0-0-2】
┗すみれS(OP)  【0-0-0-1】
┗若葉S(OP)  【0-0-0-1】

地方  【0-0-0-2】

過去10年、OPと地方からは勝馬は出ておらず割引が必要でしょう。前走が重賞だった馬が中心となり、中でも7勝を挙げている皐月賞組を中心に馬券を組み立てるのがセオリー。出走頭
数は圧倒的に多いものの、基本的に皐月賞組が中心となるでしょう。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


その他の競馬ニュースはコチラから

【無料アプリ】

【Facebook】
【Twitter】

今号は以上となります。


日本ダービー2016予想ブログTOPへ戻る
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
第82回 日本ダービー(東京優駿)(G1)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


5/31(日)に東京・芝2400mで開催する
《日本ダービー》の枠順が確定しました。

3歳時にしか出走できない
一世一代の大舞台。

すべてのホースマンが戴冠を夢見る
当レースを制するのはどの馬か!?

枠順は下記の通りです。


================
日本ダービー(東京優駿)の枠順
================


枠 馬番 馬名 騎手
1 1 サトノラーゼン 岩田康誠
1 2 タンタアレグリア 蛯名正義
2 3 コメート 嘉藤貴行
2 4 グァンチャーレ 松岡正海
3 5 ダノンメジャー 小牧太
3 6 ポルトドートウィユ 武豊
4 7 レーヴミストラル 川田将雅
4 8 ベルラップ 三浦皇成
5 9 コスモナインボール 柴田大知
5 10 ミュゼエイリアン 横山典弘
6 11 サトノクラウン C.ルメール
6 12 アダムスブリッジ 和田竜二
7 13 リアルスティール 福永祐一
7 14 ドゥラメンテ M.デムーロ
7 15 ミュゼスルタン 柴田善臣
8 16 スピリッツミノル 酒井学
8 17 キタサンブラック 北村宏司
8 18 タガノエスプレッソ 菱田裕二


【PR】-----------------

【3連単1点勝負】

ダービーの予想でお悩みの方は
当サイトを是非ともご参考にして下さい。

→ http://yakudatsu.info/keiba-yosou/lp/

【PR】-----------------


==========
予想情報局の考察
==========


まずは過去10年の枠順データを
見ていきましょう。


~~~~~~~~~
枠順データ考察
~~~~~~~~~


・1枠【6-1-0-13】
勝率:30%/連対率:35%/複勝率:35%

・2枠【1-0-3-16】
勝率:5%/連対率:5%/複勝率:20%

・3枠【2-1-0-17】
勝率:10%/連対率:15%/複勝率:15%

・4枠【0-3-2-14】
勝率:0%/連対率:16%/複勝率:26%

・5枠【1-1-1-17】
勝率:5%/連対率:10%/複勝率:15%

・6枠【0-2-0-18】
勝率:0%/連対率:10%/複勝率:10%

・7枠【0-1-4-25】
勝率:0%/連対率:3%/複勝率:17%

・8枠【0-1-0-28】
勝率:0%/連対率:3%/複勝率:3%


上記データを見れば分かる通り
日本ダービーは1枠に入った馬、
特に最内の1番に入った馬の勝率が
優勢なデータとなっている。


そして、この1枠に入ったのが

1番にサトノラーゼン
2番にタンタアレグリア


特に注目なのが【サトノラーゼン


同馬は京都新聞杯(G2)の勝馬で、
鞍上は川田騎手から岩田騎手へ乗り替わり。

日本ダービーで10戦目となり
使いすぎが心配ではあるが、
絶好枠の最内に入った事もあり
主力とは別に抑えておきたい1頭。


一方、1番人気が予想される
ドゥラメンテは7枠14番に入り、

同枠すぐ内側のとなり13番に
リアルスティールが入った。


これは枠連を狙う手も面白そう。


気性面で不安が残るドゥラメンテは、
14番ならスタートまでの待ち時間も
少なくないし悪くはないかと。


リアルスティールに関しても、
ゲートは早いし、操縦しやすい馬なので
どの枠でも問題ないでしょう。


ただ、本音を言えば勝率が極端に悪化する
11番以降よりは内側に入ってほしかった…。


【PR】-----------------

【3連単1点勝負】

ダービーの予想でお悩みの方は
当サイトを是非ともご参考にして下さい。

→ http://yakudatsu.info/keiba-yosou/lp/

【PR】-----------------


===========
予想j情報局の注目馬
===========


やはり注目すべきは皐月賞を制した
ドゥラメンテ】でしょう。


そして気になるのは対抗馬。


データから推測すると
勝ち馬はドゥラメンテでほぼ確定だが、
はたしてこの馬に勝てる馬はいるのか?


新馬戦を除いて唯一
ドゥラメンテに勝っているのが


リアルスティール
~~~~~~~~~~


2走前の共同通信杯での勝利は
ペースコントロールとレベルの高いギアチェンジで
ドゥラメンテを上回った。


この勝ち方は非常に高評価で、
日本ダービーでもこれくらいスムーズに
競馬が出来れば好勝負が期待できる。


続いて【サトノクラウン


同馬は皐月賞では6着だったが、
4コーナーで外に振られる不利があっての結果で
内容自体は非常に強かった。


鞍上はルメール騎手。


前回が初騎乗で今回は二度目になるので
前走の内容を修正した上積みに期待。


確かにドゥラメンテの末脚は脅威だが
サトノクラウンとルメール騎手のコンビで
本領発揮すれば十分に勝つ可能性があると
筆者は考えている。


【PR】-----------------

【3連単1点勝負】

ダービーの予想でお悩みの方は
当サイトを是非ともご参考にして下さい。

→ http://yakudatsu.info/keiba-yosou/lp/

【PR】-----------------


=========
予想情報局の総括
=========


過去のデータから見ても
人気上位馬が馬券に絡む可能性が高く
上記の注目馬でもある

・ドゥラメンテ
・リアルスティール
・サトノクラウン

を軸に予想を展開するのか妥当でしょう。


ただ、当日の天候が雨マークとなっており
荒れる可能性も出てきているので

抑えとして京都新聞杯(G2)を勝った
サトノラーゼン
日本ダービーとは相性の良い脚質である
差し馬のミュゼスルタンを推奨。


ちなみに馬場さえ問題なく
大きなトラブルなく順当にいけば

・ドゥラメンテ
・サトノクラウン

の上記2頭のどちらかが頭を取るのは
ほぼ間違いないと筆者は考えている。


昨年は3連単を見事に的中させ、
私にとっては相性の良いレースなので
今年もビシっと予想を的中させ
今月を有終の美で飾りたい。


ただ、まだ現時点での考察に過ぎないので
他の馬の調子や、各陣営に取材を続け、
読者の皆様に有益な情報を届けられるよう
引き続き情報収集を続けていきます。


新たな情報が入り次第、ご連絡させて頂きます。


【PR】-----------------

【3連単1点勝負】

ダービーの予想でお悩みの方は
当サイトを是非ともご参考にして下さい。

→ http://yakudatsu.info/keiba-yosou/lp/

【PR】-----------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。