昨日はサイバーエージェント主催のVP of Engineering Meetup by CA #2に

登壇させていただきました。

 

https://www.slideshare.net/TakahiroOgoshi/fix-86847167

 

テーマはチームビルディングの技術です。

 

で、今回いいたかった事は本当にタイトルの通りで、

「チームビルディングは採用から既に始まっていて、退職も含んでいる。」

という事です。

 

VPoEに向けた資料だからそう話せたというのもあるのですが、

採用とチームビルドはセットです。

 

実際に自分で採用をやると『自分達の組織の魅力はなんだろうか?』

という根本的な問いにぶつかる事になります。

 

本で読む企業はもちろん素晴らしい。

 

そうした組織と比べれば、給与がよくなくて、環境がよくなくて、

福利厚生がよくなくて、技術レベルが足りないかもしれない我々の組織は、

一体どうすれば人に選んでもらえるようになるのか?

という目をそらしたくなる問いです。

 

一見不可能に見えるこれらも、文化や、やりがいや、機会や、裁量の広さと

言ったことを突き詰めるとなんとなく自分達が戦う方向が見えてきます。

 

例えば、立ち上げ直後で何も無いという事は、

裏を返せばあなたが自分の手で創る事ができる、と言い換えられます。

 

そして、このプロセスはチームビルドそのものです。

 

良いチームを創るには良い採用が必要で、

良い採用のためには良いチームが必要である。

 

このぐるぐるは、特にVPoEやMGRとして仕事をする以上は

絶対に逃げられない循環なのです。

 

また、資料にも書きましたが、チームは人が移ろうものです。

 

なので、チームビルドを語る以上、去っていくメンバーとの向き合い方は

避けて通る事ができない話題です。

また、ちょっとソフトに言うなら「誰にバスを降りてもらうか」という点も。

 

チームビルドは平時よりも戦時に問われると思っていまして、

その観点で、「技術力が高いから」「過去の実績があるから」

「今、人手不足だから」という理由をつけて降りてもらう決断を

遅らせるのはあまり得策ではないと思います。

 

また、退職するメンバーとの向き合い方も重要で、

シンプルに書けば、

・無責任な辞め方をする人はしっかり怒る

・責任を果たした上でやめる人はちゃんと送り出す

という事になります。

 

まー、でも、25分しか持ち時間がなかったので、

もっと話したい事が沢山ありましたw

 

資料中に触れている「ビジョンは劇薬である」というのも、

ほんと小一時間くらいディスカッションできる内容だと思うので。

 

今度まとめよかな。

 

 

AD

 

どっかでLTしようかなと思ってましたが、

ブログに書いて、どっかでLTする事にしました。

LTするとこ無いかな。

 

私、非エンジニアなんですが、実は今のAJAでエンジニアチームを

マネジメントするのは6チーム目です。

 

で、非エンジニアの人がエンジニアをマネジメントする時に

苦しんだりされるそうですので、書いておきます。

 

1)勉強しましょう

 

そもそも、エンジニアだけ特別な部分が有るわけではなくて、

自分の専門外のスキルワーカーをマネジメントするのであれば、

勉強しないと話になりません。

 

・マネジメントの勉強(と経験と振り返り)

・専門スキルへの理解のための勉強

 

をちゃんとやりましょう。

 

マネジメント力ありません、ドメイン知識も無いです。

というマネージャーがまともなマネジメントができないのは当たり前です。

 

エンジニアチーム以外でも例えばCSとか、デバッグとか、

広告運用とか、そういうエンジニア以外のスキルワーカーのチームも

マネジメントしてきたのですが、その時も全く一緒です。

 

ドメイン知識が無いんだから、勉強するしかありません。

勉強しないで関係性に悩んでても無駄。勉強しましょう。

 

私もコード読めないですが、色々教えてもらいながら勉強して、

ER図、コンポーネント図、シーケンス図を理解して読めるだけで

だいぶはかどります。

 

あと、SQL書いてますよって言うとちょっとほっこりされます。

 

2)過度に特別視しない

 

スキルワーカーではあるんですが、エンジニアも同じ人間です。

過度に特別視する必要はありません。

 

うんこもすれば酔っぱらいもするし、

下心で仮想通貨に手を出して大やけどもするのです。

 

分からない事は分からない、おかしい事はおかしい、

変な事は変だと普通に言って大丈夫だし、

相互によくわからないことは議論すれば良いのです。

 

スキルワーカーなので、パフォーマンスに関わる部分(例えば腰痛対策で良いイスを配るとか)は

ちゃんとケアしつつ、率直に対話して良いし、変に気を使ったかんじなんかもいらないと思います。

 

3)自分のバリューを正しく提供しよう

 

非エンジニアであるという事は、あなたにはエンジニアには無いバリューがあるはずです。

 

営業出身であれば何が売れるかが分かるとか、

広告運用出身であれば実際にどう使われるとか、

バックオフィス出身であればどこに工数がかかっているのか、とか。

 

そういう、エンジニアリングからだけでは得られないけど、

プロダクト作りに役に立つ知識を持っているのはあなたのバリューです。

 

あとは他者間調整が得意とかもそうですし、

意外とあなたが提供出来るバリューは多いはずです。

 

彼らはあなたができない事ができる。

あなたは彼らにできない事が得意。

 

自分がエンジニアじゃないからって、気後れすること無く、

堂々と自分のバリューをチームに還元しましょう。

 

 

そうだそうだ。

今度の1/29、登壇する事になりましたので、既にキャンセル待ち状態ですが、

社内の方も是非遊びに来てください。色々お話しましょう。

 

ブログ枠が空いてますので、ブログをお持ちの方はチャンスです!

 

VP of Engineering Meetup by CA #2

https://cyberagent.connpass.com/event/76274/

 

 

 

AD

 

本日公開されたのですが、サイバーエージェント主催の

VP of Engineering Meetupに登壇いたします。

 

 

私自身は、エンジニアリングの経験が全くなく、コードは一切読めません。

 

なのですが、シーエー・テクノロジー、シー・エー・アドバンス、

Ameba(MDH)、AJAとエンジニア組織を結構作ってきました。

 

なので、そうした経験を元にして、今回は「チームビルド」について

お話する予定です。

 

かなり生々しいところまで突っ込んで話す予定ですので、

ご予定の合う方は是非!

 

午前中に募集開始したのに既に定員間近ですので、

お早めにどうぞ!

 

また、今回はブログ・メディア枠という事でイベントの内容をブログや

メディアに記事として執筆していただける記者の皆様の参加も募集しているようです。

 

ブログ・メディア枠は先着当選ですので、こちらもお早めにどうぞ!

 

https://cyberagent.connpass.com/event/76274/

 

 

 

AD