ひとり創って作って売る

テーマ:

本日、フルスイング課題の解決策のひとつが新卒の大江くんの手によって

無事に1次リリースを迎えました。

 

フルスイング課題は、新卒&2年目4名に与えられた

「比較的既存のシステムからは独立していて」

「余り先輩エンジニアも経験値が無い」

課題です。

 

 

速度と品質を鑑みて、あえて負債として残した部分もありますが、

積年の課題がルーキーの手によってひとつ解決した事を嬉しく思います。

 

さて、もちろんシステムは出して終わりではありません。

 

より良い成果、より良い状態を目指して磨いていくべきところは沢山あります。

 

そこで、大江くんはこれから

 

ひとり創って作って売る

 

期間に入ってもらいます。

 

創って作って売るは、『V時回復の経営』などにも出てくるコンセプトで、

R&D、エンジニアリング(プロダクト化)、セールスをそれぞれ表し、

それらのフィードバックサイクルが回っている状況が良い、とされています。

 

実際に良いプロダクト、しっかりとした進化はこの創って作って売るのサイクル

から生まれます。

 

常に回っているべきサイクルですが、まずは自分で体験してみる事を推奨しようと

考えています。

 

要望、技術的負債の返済、オペレーション的負債の返済、

システム改善、新機能。

 

並行して発生するこれらを値付けし、よりシステムが成果を出せる状態を

体験してもらおうと思っています。

 

また、重要な点として、「機能の要望をもらったとしても必ず理由を聞く」事を

オリエンしています。

 

要望をヒアリングすると、多くの場合で「新機能」の希望をもらいます。

しかしながら、理由と背景を把握し、実際の作業を観察していると実は違う、

しかももっと効果的な解決策があることがあります。

 

例えば、「最適なCPCを表示する機能が欲しい」という要望をもらったとして、

背景を聞くと「入札単価をCVRから計算するのに時間がかかってて、

1日2時間以上食われている」という事だったりします。

 

ここの最適解は、例えば「自動入札機能を作る」でしょう。

 

また、「言われたから作った」のではなく、より良く課題を解決するという

視点で開発をやってほしいとも思っています。

 

我々の部署ではこれを、「目的に向かって開発する」と表現しています。

 

フルスイングした後の、創って作って売る。

是非、体得して欲しいと思います。

 

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)
三枝 匡
日本経済新聞社
売り上げランキング: 1,838

 

 

 

AD

LT Thursday がはじまりました。

テーマ:

先週の木曜日から、MDHのエンジニア陣による「LT Thursday」が始まりました。

 

発表内容は、MDHのオウンドにまとめられています。

「LT Thursday」by MDHエンジニア Vol.1

 

 

これは、隔週木曜日に実施される MDH エンジニア達の手による勉強会です。

勉強会、といってもLTの名前の通り気軽に、簡単に自分の学びや自分がやっていることを

共有しましょう、という勉強会です。

 

運用は非常にシンプルで、1回1時間、ひとり15分の持ち時間で発表を行うだけです。

内容に縛りもありません。

 

ですので、第一回目から「趣旨の説明」、「幽霊型(Phantom type)の紹介」、

「AWSでサーバレスDBレスAPI作成レポート」「バンディットの紹介」

と多岐に渡りました。

 

この勉強会は、2つの事を目的にしています。

 

1)MDHエンジニアの仕事は社内であっても余り知られていない。

ぐぐっても出てこないと異動しようにも興味も持とうにも不可能。

この状態を解消したい。

 

2)MDH内のエンジニアも規模が大きくなってきたので、お互いの仕事を共有する

意味

 

資料は公開できる部分は Slideshare で公開し、まずはサイバーエージェント社内の

方にも我々の事を知っていただこうと思います。

 

この勉強会は2年目メンバーの片田くんの発案によって始まり、

1年目2年目メンバーの手によって運用されています。

 

とても良い取り組みなので、永続させていきたいと思います。

 

また、特に一緒に仕事をしているメディア事業統括の人もお気軽に

参加していただきたいと思います。

 

 

AD

フルスタック平松さんのインタビューがエンジニアType様に掲載されたようです。

 

CC:barrettyman

 

フルスタックになるには「順番」が大事~Amebaが始めた技術者育成に学ぶ

http://type.jp/et/feature/1337

 

この仕組み、もともとやろうやろうと思っていましたが、今Qに正式にスタートしました。

ちなみにプロジェクト名は「プロジェクト・ガルナ」でございまして、

ドラクエ3で『さとりのしょ』が落ちているところです。

 

月一面談や採用を通じてキャリアやスキルを伸ばす方向性を非常に多くの人に

聞きますが、ある一定の割合で必ず存在するのが「フルスタックになりたい」という

希望です。

 

フルスタックに限らず、エンジニアのキャリアイメージとして「かけ算」を望む人は

多いのですが、現実的に「かけ算」キャリアを形成していける仕組みや制度は

存在していなかったので創りました、というのがこの制度です。

 

実は「エンジニアがひとりしかいない立ち上げプロジェクトに放り込まれる」というのが

苦難ながらもフルスタックに近づく道であると思うのですが、なかなかそういう機会は

ありません。

 

また、分業が進んでいて、業績も気にしないといけない部署では

戦力になっているフロントメンバーをサーバサイドエンジニアとして育成し直す、

というのはほぼ実現不可能な選択肢です。

 

さらに言うと、運用する側の時間がとられるのも現在の体制的にかなりつらいので、

「手がかからない」「実現可能」「実践的」という要素を考慮してこういう制度になっています。

 

1点だけ修正がありまして、午前中の時間は最大で週に5日まで増えます。

 

・週1日から始めて、最大で5日まで午前中の時間を使える

・座学は無くて、書く書く書く

・メンターは月に1回相談に乗る

 

という制度です。ちなみに、一定の実力まで達して、

実運用案件のチケットを担当するときには午前中に限らず業務時間を

そのまま使えます。

 

広告の仕事はとてもおもしろくて、サイエンス、エンジニアリング、ビジネス、デザインの

4つのちょうど境界線に存在している仕事です。

 

この4領域を2つ以上踏破していける人材はかなり貴重で、

キャリア形成としても多くの価値があると考えています。

 

今ちょうど、データサイエンスとエンジニアリングの境界を踏破していく

部署&プロジェクトも進めていて、こちらも形になったらご紹介したいと思います。

 

そういえば、リブログボタンって外部公開しないんですかね?

今回の記事は、とてもリブログしたくなりました。

 

AD