大好きな趣味を仕事にする!人気教室のつくり方

46000円の教室を1時間で満席にする講師が、教室満席ノウハウを個別指導とセミナーでお伝えします。


テーマ:
● 学園生の記事を僕がリライトするとどうなるのかを実践ワークしました。

こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

またまた、週末です。

1週間がとても早いですねー。

こうして、爺になっていくんだろうなと、日々ひしひしと感じます。(笑)


さて今日は、17日に開催しました、人気教室学園大阪校の授業のご参加くださった、「イヤイヤ期のお子さんも笑顔でお料理!子供料理・お菓子教室:心斎橋」の中村幸子先生から、授業レポートが届いていますので、ご紹介しますね。




中村先生のレポートにもありますが、同日の授業では、

・ブログ記事の構成

について、ワークをしました。

具体的には、「中村先生の記事を僕がリライトするとどうなるのか」を、実践、リライトポイントのワークをしました。

ブログの記事って、

・1記事1コンテンツ

が絶対なので、これを守りつつ

・箇条書き
・写真
・対比表現


などを使うと、上手に書けます。^^



いいね!(35)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「日曜日のアクセスが、平日の一番いい時の3倍あってびっくりしました!」

こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

以前、こちらで「いいとも!増刊号理論」を解説しました。

background-1090148_1920


その後、学園生で「発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピー:千葉」の鶴田里美先生から

いいとも!増刊号理論を使って、お父さんの為のワイドショー講座風にしたら、日曜日のアクセスが、平日の一番いい時の3倍あって、びっくりしました!

と、ご報告を頂きました。

やっぱり、増刊号理論は、使えますねー。( ̄ー ̄)ニヤリ

あ、ちなみに。

里美先生のように、1週間分をダイジェストで伝えるのでしたら、

・各々の記事に注釈をつける

または、

・ランキングにする

をすると、より一層PVは上がると思います。^^

里美先生も、ぜひ次回はコレやってみてください!



いいね!(38)  |  リブログ(1)

テーマ:
● 人気教室学園に在籍される先生が、日本の福祉に風穴をボッコリ開けます。( ̄ー ̄)ニヤリ

こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

今日は、事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園東京校の生徒で、

「発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピー:千葉」の鶴田里美先生

より、嬉しいご報告をいただきましたので、ご紹介しますね。

この度、NPO法人と一般社団法人、計2法人からタッチセラピーを導入したいとご連絡を頂き、年間を通してお仕事をさせていただく事になりました。

契約を結ばせて頂いた両法人は、主に、自閉症・ADHD・知的障害・ダウン症や病児及び、重度身体障害のお子様が、心身の成長や自立支援を行う療育施設を全国で数教室を運営しています。

また、その他に・・・。

>> この記事の続きはこちらから




いいね!(19)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 問題:あなたが、あなたのリストを増やさずに商品を売りまくる方法は、何でしょう。

こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

問題です。

あなたが、素晴らしい商品を開発しました。




しかし、あなたは、その商品を今スグ買ってくれる人リストが30人分しかありません。

そんなあなたが、あなたのリストを増やさずに、この商品を売りまくる方法は、何でしょう。

1.その商品を欲しがるリストを持っている人に売ってもらう
2.その商品を欲しがるリストを持っている人に売ってもらう
3.その商品を欲しがるリストを持っている人に売ってもらう

正解は、

・その商品を欲しがるリストを持っている人に売ってもらう

です。

これ、当たり前な手法なのですが、多くの人がやりません。


事業って「製造も販売もしないといけない」ということは、無いのです。

むしろ、世の中のビスネスは、「製造」と「販売」が分かれています。

分かれているから、数売れるのです。

ちなみに、「人の●●を活用する」って、学びでも同じです。

例えば、あなたが10の智恵しか無かったとしても、仲間が10人いれば、智恵の数は100になるのです。

つまり、仲間が10人いると、学習効率は10倍ってことです。

これを知っちゃうと・・・一人で黙々と、モンモンとしている時間がいかにもったいないかに、気が付きますね。^^



いいね!(24)  |  リブログ(0)

テーマ:
● アメブロの新機能「リブログ」を徹底解説します!

こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

アメブロに「リブログ」という機能が加わりましたね。

これについて、早速ご質問を頂いているので解説を・・・と思ったら、田渕師匠が詳細な解説をブログに書かれていたので、コレをリブログさせていただきます。(笑)

田渕さん、詳細な解説、ありがとうございました。

今日は、以上です。










っていうと、読者さんに怒られそうなので(笑)、僕は、なぜアメブロに「リブログ」が登場したのかについて、独自な見解を解説をしてみたいと思います。


【独自な見解1:リブログが登場したわけ】

アメブロに「リブログ」が登場したわけは、

・SNSの真髄はシェアにあり!!!

ということを、アメブロも認めちゃった為ですね。

「SNS=シェアが命!!」ということについては、僕が校長を務める人気教室学園の授業では、口を酸っぱくして言っていることですが、

・Twitter
・facebook

等のSNSは、シェアが大事なんです。

ズバッとさっぱり言っちゃいますが、facebookの「いいね!」って、300ついても、400ついても、全然、いえ、じぇーんじぇん意味無いですからね。

facebookの場合、300の「いいね!」より、30のシェアの方が大事です!!!

30シェアは、300の「いいね!」に比べると、数こそ1/10ですが、影響力は10倍どころか、100倍はあります。

で・・・今回は、この「シェアの影響力」を、アメブロも認めちゃったので、アメブロに「リブログ」という機能をつけたのです。


【独自な見解2:リブログが登場したからこそ書く記事とは?】

リブログが登場した今日、多くの人が気になっているのは、「どんなブログがリブログされるのか」ですよね。

これは、簡単で、

・中身のある記事
・読んで「良かった!」と思われる記事


です。

または、

・読者の琴線に触れることが書いてある記事

です。

つまり、一言で言うと『引力のある記事がリブログされる!』ってことですね。


【独自な見解3:引力のある記事を書こう!】

ということで、アメブロを効率良く使うためには、リブログされる記事、つまりは、引力のある記事を書くことが重要ってことです。

・同じ業界のあの人も書いている記事
・どっかで見たことのある記事
・中身の薄い記事


は、100記事書いても、1000記事書いても、永遠とリブログされることはありません。

慣れないと、ちと大変だとは思いますが、今日からは、

・あなたがその情報の第一発信者となれる記事
・あなたの意見と声がしっかりと書いてある記事
・エッジの効いた記事


を、書くようにしましょう。


【独自な見解4:リブログ=あなたへの1票と考えよう!】

というと、「なんか、ブログが書けなくなりましたー!」という声が沢山出てきそうですが、そんなに片意地を張ってブログを書かなくても大丈夫です。

今日から書くアメブロ記事がリブログされたら、「やった、読者さんから1票もらえた!」と、考えてみましょう。

リブログ=あなたへの1票

と考えると、楽しみながら記事を書くことができますね。

あとは、数稽古です。^^


いいね!(62)  |  リブログ(1)