Dream・・・・・AR50

テーマ:

僕は昔、

KAWASAKIのAR50という

バイクに乗っていたことがあるんですが



NinjaRyu'sBar-50





友達とバイクショップに行った時に

なんと!

ほんのチョットの隙に

前輪を盗まれたんです!!!!





早速!バイクショップに言うて

防犯ビデオを

見せてくれ!!!!

って言うたところで・・・・・・・

今朝の夢は
  終わりました。





夢って不思議ですよネ☆☆☆




ちなみに
参考記事です♪
→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%BBAR

AD

久しぶりに・・・・

テーマ:

先日の土曜日に


近くのバイク屋さんに


行ってきました。





実は


前日、ネットで昔のバイクシーンを


観てたら


無性にバイクに


再び乗りたくなったんです☆







平 忠彦

藤原 儀彦

本間 利彦

清水 雅広

水谷 勝・・・・




数え上げれば


きりがないが


やっぱバイクって


いいですよねぇ~~☆

AD

昨日は・・・トリップ♪

テーマ:

昨日は
ninjaが贔屓にしている
HPの

『 花咲カニ~ズ 』

さんのトコへ
お邪魔してツーレポを読みながら
はるか昔に行った
北海道を頭の中で
満喫していました。

花咲カニ~ズさんは
コチラ→http://www015.upp.so-net.ne.jp/kanies/

やっぱ
カワサキのNinjaは最高やなぁ~~♪
なんて一人悦に浸って眠りにつきました♪

今日、会社に来る時に
またまた
ビックリ!

学生時代に乗りたかった!
バイクに
なんと会社の近くで
バッタリと遭遇!!!


FZ400R

ヤマハのFZ400R
  と


NSR
ホンダの’89NS250R

です!


・・・・今でも乗ってみたいです!


(スミマセン写真は勝手に使わせていただきました。)
(→http://homepage3.nifty.com/46X/
(→http://www.honda.co.jp/news/1988/2881227.html

AD

♪ Suzuka 8hours ♪

テーマ:

suzuka8h


今年も鈴鹿8時間耐久・決勝が先日の日曜日ありました。
僕が大好きなチーム・ヨシムラ


yoshimura
・・・残念ながら3位でした。
(↑ 優勝にあと一歩届かなかったが

3位となったヨシムラスズキ with JOMOの

   渡辺選手の走り)


優勝したのは
かつてホンダ・ワークスのエースでもあった
伊藤真一選手が乗る・・・


itou


#778 F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Teamでした!



ヨシムラが優勝できなかったのは
残念やけど!
来年もまた!チャレンジやぁ~~!

詳細はコチラ
 ↓↓↓
http://www.suzukacircuit.jp/8tai/2006/race0730.html


☆そうそう!

優勝した伊藤選手は8Hにおいて過去最年長優勝者だそうです♪

本当におめでとうございます♪

僕は


いつから

『水曜どうでしょう!』の熱烈なファンに

なってしまったんだ♪



・・・冷静に分析すると、

バイク乗りが一番共感した

シリーズ!

そう!そうなんです♪



じゃぁ~~ん!
   『 原付・西日本制覇! 』
        なんです。

バイク乗りにとって

やっぱり原付(50cc)は

バイクの元祖♪

そうです!

二輪業界No.1の
   あの世界のホンダ(HONDA) だって


本田宗一郎さんが

カブ

スーパーカブを作ったから

今日のホンダがあるんです♪(キッパリ!)

だから

この『 水曜どうでしょう!

  原付・西日本制覇 』

観た時

僕は感動を覚えました!!!!




その中の映像でも

最も忘れられないのが

なまはげ

大泉さんが鬼の面を被って

洗濯をするシーン♪

そぉ===です!

「どうでしょう!」フリークのアナタなら

わかるハズ♪

  宮崎市・日南海岸にある
         “鬼の洗濯岩”

洗濯岩


で大泉さん扮する鬼が

洗濯物は、ねぇ~~~かぁ~~♪』
   (本来、“なまはげ”であれば
      悪い子はいねかぁ~~♪ですが)

あえて大泉先生は

洗濯物は、ねぇ~~かぁ==♪』

と迫力満点で

画面いっぱいに

収まるように

パンツを洗っておられました。。。

勿論!そのパンツは

 激しい波にさらわれて

      流されてしまいましたが・・・

どうですか!

そこで

この日記(ブログ)を読んでいらっしゃる

バイク乗りのアナタ!

もう!アナタは

『水曜どうでしょう!』ファンでも

あるんです!♪(断言!!!)
(『間違いないっ!』・・・長井秀和 風に)

長井秀和



これからは

僕と一緒に

『一生どうでしょう!』

ドっ!ぷりと

はまろうではありませんかぁ~~♪♪♪





どうでしょうファンのアナタには
  コチラをどうでしょう!
     → http://www.htb.co.jp/suidou/

☆ 前田 淳選手 ☆

テーマ:

英国マン島で開催された


オートバイの世界最古の公道レース、


マン島TT(ツーリスト・トロフィー)で負傷した


前田淳選手が5日(日本時間6日)、


英国マンチェスターの病院で死去した。


38歳だった。


5月29日の予選走行で他選手と接触して転倒。


病院に搬送され、緊急手術を受けていた。


前田選手は京都府出身で、


鈴鹿8時間耐久ロードレースなどでも活躍した。
       (2006年6月7日(水) 0時0分 時事通信 )



世界最古の公道レース!
マン島TTレースで亡くなられた
前田 淳選手の
ご冥福をお祈りします。

マン島1


マン島2


マン島3

☆前田選手も

  きっと

 この素晴らしい景色の中を

 走ることに魅了され

 マン島TTへチャレンジされたんやと思います・・・・・・・・☆


写真は前田 淳選手の
HPよりお借り致しました。

http://www.mmbc.jp/mmbc/jun/index.html

ヨシムラ yoshimura

テーマ:

一昨日、会社の取引先に工場見学へ行き
ビックリ~~~♪


金属関係の切削工場(下町工場です。)を
やってはるんですが・・・

いろんなサンプルの中に


な・な・なんと
バイクで超有名な
“ヨシムラ”のキャブ・カバーを発見!!!

キャブ


なんと大阪のとあるカスタム・ショップに
ヨシムラから注文が来て

そこから図面が送られてきたトカ・・・!

羨まし~~い!

今度、紹介してもらう!と同時に

そのキャブ・カバー

(ヨシムラのロゴは入ってへんけど・・・。)

社長に言うて、もらおっかなぁ~~~!!!

♪ホント!久々に♪ 

テーマ:

昨日は天気がメッチャ良かったので


家族三人で


“千里中央公園”に行ってきました。


・・・そして


久々に(バイク用のツーリング)テントを持っていきました。


tento


別にツーリング・テント


泊まるわけでは無く


バイクに乗ってた頃みたいに

(・・・正確には再び乗ろうと
   計画中であるが・・・!)


テント設営できるかなぁ~~!

テントが破れてへんやろなぁ~~!

な~~んて事を

想像しながら

ホント久々に(約10年ぶりくらい???)

袋から出して設営してみると・・・

破れ等もなく

無事でした!!! (良かった~~~!)


子供は大喜びで

出たり入ったりしてました♪

『なにわ女、アフリカ縦断2人旅 今月からバイクで9カ月』



夕刊2



大阪に住んではる西村さん!稲田さん!がバイクで
“アフリカ横断二人旅”に出発されるそうです♪
素晴らし~~い!!!


夕刊1

お二人の旦那様も理解されているようで
  これまた素晴らしいですネ♪

詳しくは
  ↓コチラ↓
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200604040054.html


僕も昔、大学を卒業後
最初に入った会社で
そこで知り合った友達(イニシャルD・Mという本当にイイやつでっせぇ~♪)に


  突如!
 『 俺と一緒に
    BAJA1000へ
     チャレンジ!!!しよぉ~ぜ!』
って誘われた事があったけど

今・思えば・・・・
行っとっても
おもろかった!!!んと
ちゃうかなぁ~~~?
なんてチョッピリ後悔してます。

西村さん&稲田さんの
 旅の無事をお祈りしてます♪

今日は


早く帰って見なくてわ~~!


そう!再放送ですが・・・・


プロジェクト X


あの 『 POP ヨシムラ 』 ですよ!!!


ヨシムラ2


9月27日放送予定
特選プロジェクトX
「不屈の町工場 走れ魂のバイク」

 日本最大のバイクレース「鈴鹿8時間耐久」。日本の4大メーカーは、最新鋭のマシーンを送り込み、しのぎを削る。かつてここに、わずか数人の小さなチームで大メーカーに挑んだ町工場があった。バイクのエンジン部品を手作業で改造する小さな工場「ヨシムラ」。親父の名は、吉村秀雄。マフラーやカムシャフトなど、たちまち奇跡の部品を生み出すその手は、「ゴッドハンド」と言われた。吉村の部品には、世界のメカニックもまねの出来ない技術が吹き込まれている。「ヨシムラ」は、あの本田宗一郎さえも脱帽した町工場だ。

 しかし、この町工場が世界に認められるまでには、長い苦難の道のりがあった。

 吉村秀雄は、九州・博多の鉄工所の次男。戦前、史上最年少の19歳で「航空機関士」に合格したが、敗戦で技術を発揮する場が失われ、生きる目標を見失っていた。そんな吉村に、昭和29年、運命の出会いが訪れる。進駐軍の兵士からレース用にと、バイクの改造を依頼された。バイク・エンジンの躍動感や加速感。かつて我を忘れて取り組んだ飛行機と似ていた。「これだ」と確信した吉村は、早速、バイクのチューンナップに乗り出した。家族総出で取り組んだヨシムラのマシーンは、レースで驚異のタイムをたたきだした。勝利を重ねる町工場「ヨシムラ」の名は、瞬く間に全国に広がった。やがて、ホンダから部品を提供してもらいマシーンを改造するという契約を果たした。

 しかし、間もなく危機が訪れた。「吉村はライバルだ」。自らレース専門会社を設立したホンダは吉村との契約を断ち、部品の提供をストップ。吉村は孤立した。さらに、工場の未来を懸け、アメリカの市場に飛び込んだが、共同経営者に会社を乗っ取られる。再起を掛けた新工場も火事で焼失。吉村自身も技の命・両手が動かぬ瀕死の重傷を負った。

 絶体絶命のピンチ。その時、吉村の前に現われたのは、「レースで勝ちたい」と願うバイクメーカーの技術者だった。吉村は家族と共に、一発逆転を掛け、昭和53年「第一回鈴鹿8時間耐久レース」に打って出る……。

 番組は、技術一本に突き進んだ吉村秀雄とその家族の生き様を取材。大メーカーに立ち向かった町工場の壮絶な物語を描く。

 今回は、2004年4月13日放送の番組を「特選プロジェクトX」として再び送る。


ヨシムラ


楽しみやなぁ~~!