{AB916761-13EF-43B6-A7F7-33F03584273A}

《転送歓迎》初登場【モバイルハウス占い☆忍者カー@今池フレーバー/今池公園】4月9日(日曜)11〜18時(その後、別の場所にてオールナイト営業)タロット・手相&ハンドマッサージ・名前のことだま/1000円/予約頂いた方は鑑定書付 
電話 090-9905-0845 
・希望の時間・ファーストネーム(下の名前)・生まれた月と生まれた日・相談内容(占ってほしい事)を、メールにて 
までご連絡ください。
24時間受付中。

AD

{E9AA2608-5052-4420-B753-D1456C7C28CE}


〈御土居下同心屋敷跡〉


ここには 十八軒の 士族(さむらい)  屋敷があり、二の丸警固にあたり藩主危急の際には 常に身辺を護衛した。

組の中に、書画・水泳・

   忍術

等に達したものも多く、
南画の 岡本柳南父子なども その一軒であった。


  昭和三十三年二月
     名古屋市


      ↑
岡本柳英著『秘境 名古屋城 御土居下物語』より転載させて頂いた 名古屋市の史蹟標札

・・・・・・・


同心(どうしん) とは、下級武士の事である。

御土居下(おどいした) とは、名古屋城の東側から北に広がる地域の事だ。

御土居下同心は、尾張藩主に危険が迫った時に、名古屋城から脱出する手助けをする 密命を担った
隠密(おんみつ) である。


隠密と忍者は どう違うのだろうか。


ざっくりと説明すると、
隠密は幕府等に雇われ、極秘の特命を担った者。

忍者とは、忍術修行をしている所謂(いわゆる)  
忍びの者 の事である。


どちらも多種多様であり、両者を兼ねている場合もある。

忍者が隠密として命(めい) を受けたり、隠密としての職務を全うする為に、忍術修行に励む事もある。


御土居下同心の場合は、藩主を護衛するという密命を受けた隠密である。

尾張藩主に危険が迫った時は、名古屋城より藩主を脱出させるのだ。


御土居同心達は、いざという時の為に、武芸十八般の修行に励んだ。
忍術修行に勤しんだ者もいると伝えられている。


万一の時は、藩主を手漕ぎ舟に導き、名古屋城のお堀を経由して安全な場所へ避難して頂くために、舟を操る者以外にも お堀を泳ぎながら護衛等する事を想定し、衣服を着たままでも泳ぐ事が出来る様に、平時から備えたのであろう。


甲冑姿でも泳ぐ事ができる「古式泳法」という 日本の伝統泳法もあるが、御土居同心達がこれを修したかどうかは定かではない。

・・・・・・・

忍者(忍びの者)とは、
心の上に刃(やいば) を置いて(忍)、
忍耐の心をもって 心身を精進し、
武芸十八般の修行に励む者の事である。

常に情報を収集し人心を掌握して、不要な闘いを避ける事が 忍者の真骨頂、本来あるべき姿である。


時代劇やアニメに出てくる忍者は 黒装束姿であるが、あんな姿をしていては かえって目立ってしまう。
とても「忍びの」者とはいえない。

忍者といえば 黒装束という認識が一般に広まったのは、歌舞伎や映画・小説・漫画等に 主に悪役として登場する際の演出の影響であると思われる。


忍びの者は、忍者である事がバレない様にふだんは普通の姿をし、市井(しせい) の人(庶民)としての暮らしをしていた。

たとえば、「草(くさ)」と呼ばれる忍びの者は、ふだんは農民として暮らし、その家に伝わる忍術や密命は、一子相伝(自分の子供一人だけに伝え、他の者には秘密にする事)であった。


忍者には 陰忍と陽忍がいる。
所謂 忍びの者は 陰忍であり、ふだんは普通の暮らしをしており、その人が忍者である事はごく限られた人以外は知らない存在である。
その反対に 陽忍という、間逆のスタイルもある。

・・・・・・・

御土居下同心は ふだん、週に何度か 名古屋城に通い、尾張藩主のお側(そば) 勤めとして働く以外は、書画や武道など 文武両道の修行に励んでいたという。

名古屋城が築城された頃には、泰平の世になっていたので、御土居下同心達は 尾張藩主を脱出させるという密命を実行する事はなかった。

御土居下同心に課せられた密命を知っていたのは、ごくごく限られた人だけだったので、
後の世に 葵の御紋が入った立派な籠(かご) を返納した時には、一同 たいそう魂消げたという。


密命を頑なに他者に漏らさず、日夜 文武両道に励んだ 御土居下同心達は、本物の 忍びの者であると私は思う。

・・・・・・・

〈御土居下同心屋敷跡〉の立て看板は、平成八年に新しくされた。

とても分かりにくい場所に設置されているので、昨日 自転車で現地へ行き、Googleマップに印をつけたものを添付する。
   ↓
{04E92126-F033-4B36-9C93-3790A2EF9E55}
住所は、
名古屋市中区三の丸4-2-3
であるが、それをGoogleマップで検索すると、赤い印の位置になる。

しかし、実際に 立て看板が設置されているのは、水色の丸の場所である。
ここは、県職員三の丸住宅の入り口だ。

この地を訪れたい人は、名古屋市営地下鉄名城線「名城公園駅」を南へ歩き、一つ目の信号「名城公園南」を左折し、東へ数分歩くと 正面に「岡本歯科 駐車場」という看板がある三叉路に着く。

そこで右を向くと、「止まれ」の標識があり、その隣に〈御土居下同心屋敷跡〉の立て看板がある。

{E0E66C6B-514C-4F1E-B3A3-2485A95CC56F}

{D48B4C14-A965-4F62-9204-2DC251E92EBE}

{388DDB8D-55BE-401F-A04A-A7EFD3C746C3}


AD
{48ECFDE0-D870-416D-8636-2C4F40456E95}

リオデジャネイロ空港の観光案内所で、英語表記のリオの地図を入手した。

行き当たりばったりで、リオに来たので、ポルトガル語(ブラジルの公用語)の辞書やガイドブック類は何も持っていなかった。


案内所のお姉さんは、プリーズ(これもどうぞ)と言って、丸い円盤みたいなものを私にくれた。

What is this ?(これは何)
と訊ねると、
「英語のレッツゴーは、ブラジルでは バーモス、
ユーは ヴォセ といいます。
ほら、ここに書いてあるでしょ。
こうやって回すと、文章になるから、だいたい言いたい事が伝わるわよ。
 発音できなかったら、相手に見せたら理解してくれるわ。」
と教えてくれた。

一言一言ゆっくりと話してくれたので、説明がとても良く理解できた。
英語が母国語じゃない人が話す英語の方が、私には聞き取りやすい。


説明を聞いてから、もらった円盤をよく見てみた。


なるほど。


真ん中に、主語。
その次に、動詞。
一番外側には、旅でよく使う目的語が、英語とポルトガル語で記されている。

直径十数センチの持ち運びしやすいサイズ。
主語・動詞・目的語、それぞれが独立した三枚の丸い厚紙に印刷されていて、ハトメでとめてあるので、クルクルと回して主語や動詞などの組み合わせを替えて一文にする事ができる。


これは 凄い!


これさえあれば、ブラジルの言葉は カラオケで覚えた
「コモエスタ(赤坂)」しか知らない私でも、何とかリオで衣食住を確保できそうだ(コモエスタの意味は「こんにちは」)。


その素晴らしい「旅行者の為の ブラジル語会話ツール・会話円盤」は、もう今は手元にはない。
その概要を読者さんに理解して頂ける様に、おおまかに再現して写メを添付した。

どこか外国へ旅行に出かける際は、会話本や辞書を参考に、この会話円盤を予め作って持参される事をお勧めする。

会話集の本や辞書は、咄嗟の会話では 目的の言葉を見つけだすのに時間がかかりすぎて使いにくいし、スマホを辞書代わりにして街中で使っていると、強盗にひったくられる危険があるからだ。


旅先で使う単語は、案外少ない。
動詞は十数個あれば、ブロークンではあるが 何とかなる。

たとえば、「ミカンの皮を
"むく"」と言えなくても、「ミカンの皮を "取り去る(take off)"」と表現すれば、相手はおおまかに理解してくれる。


数日間の旅行者であれば、それで充分だ。
レストランで食事を注文し、お金を払い、ホテルや空港や美術館やトイレを探し出す事ができれば、それで基本的な用は足りる。

旅先で出会った人と、じっくりと話したくなったら、椅子に座り、メモ帳と辞書と身振り手振りを駆使すれば良い。


外国語で苦労するのが、数字である。
数字は 買い物などの時に多用するが、よほど慣れないと聞き取ったり、話したりする事は困難だ。

小さなメモ帳とペンを、ポケットに常備し、数字は書いて意思疎通した方が無難である。


会話円盤を作るコツは、中学の時 英語の授業で習った「5W1H」を基本に、
〈いつ・どこで・誰が・どのように・どうする〉
という単語が、一目瞭然にこの小さな円盤の中に記すことだ。

動詞は、go とか take や eat 等の基本的な単語の他に、Let's go や、May I 〜?(〜をお願いできますか)など、良く使う常用句や、朝夕の挨拶・「ありがとう」等も、会話円盤に記しておくと重宝する。
挨拶等は会話円盤の裏側に書くと良い。


行く先を決めず、世界各国を放浪する時は、たばこサイズの「和英・英和辞書」を持参する事をお勧めする。
どこの国でも、大抵その国の言葉と英語の辞書は入手できるので、二つの辞書を駆使すれば会話や解読ができからだ。


( ´ ▽ ` )ノ Have a nice trip !


AD