kenbouのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
KAWASAKIカワサキZXR750 1989
 “レーシング・スーパーウェポン”という過激なキャッチフレーズを携えてデビューしたスーパーバイク。ZXRシリーズ共通のクールエアインテーク・システムを採用。フェアリング左右のダクトよりシリンダーヘッド上部へ直接新気を送り込むことで、ラジエターやエンジンの熱による影響を受けず、エンジン温度の上昇を抑え、充填効率の向上や高速での連続走行時の熱ダレを回避。常に安定した高出力を得られるものとしている。フレームは400とは異なり、アルミ製のダウンチューブを持つ新設計の“e-BOX FRAME“。メインパイプは、400の120 × 30mmに対し僅かに縦方向の幅を縮小した100 ×32mmに設定。ダウンチューブそのものはボルトオンで取り外しも可能で、メンテナンス性は容易。ステアリングヘッドパイプ回りはアルミ鍛造製。スイングアームブラケット部は中空アルミ鋳造として、各パーツに適したフレーム構成を図っている。ZXR250/400に与えられた倒立サスは、このモデルには無く、翌々年(1991y) にデビューするモデルチェンジ版から採用される。ホンダのRC30 (1987y) やヤマハFZR750 R(0W-01/1 989y)、スズキGSX-R750 R(1989y) のように、レース対応に専用のスペックを与えたモデルを供給することもなく、ZXRは独自の思想を持って誕生した。そこには、TT-F1が参加者に強いるコスト面での負担の増大もあり、決して理想的なレース化が図れないというカワサキなりの判断も伺わせていた。積極的に押し進めるのであれば、むしろ“スーパーバイク”が理想的としていた。ZXRは、こうしてコストパフォーマンスに根ざした設定の改良が施されていく。翌年(199 0y.1) には、カムの変更によるバルブタイミングやリフト量に変更を加え、更に吸・排気バルブの大径化、吸・排気ポートの形状変更。また、ピストン/ピストンピン/リングの軽量化等、積極的な改良が図られたマイナーチェンジモデルが発表されている。バックトルク・リミッター(K-BATL)の装備やキャブレターの大径化(CVKD36→38)。ラジエターをラウンドタイプに、スイングアームもKIS-ARMに変更したNEWZXR750は、向上したパフォーマンスとは逆に価格を85万9千円→81万5千円にダウン。ユーザーにとっては願ってもない実現が果たされた。

KAWASAKIカワサキZXR400/400 R 1989
 ZX-4をベースに開発されたワークスF 3モデル「ZXR-4 」の技術がフィードバックされている。カワサキはレプリカに関して消極的とも思われていた。1983年のKR 1000以来レースからは撤退。1987年のZXR-7のレース復帰とて、あくまでも技術革新の為の課題研究とさえ言われていた。国内のサーキットでは、ワークスとは言え決して目立った存在ではなかった。しかし、サーキットに復帰したカワサキにとって不満だったのは、自らのマシンのポテンシャルよりも、カワサキのマシンの影さえうかがえなかったことだ。大挙してエントリーしてくるプライベーター達が、カワサキ・ワークスの一挙手一投足に注目している熱い視線も関係者は感じていた。レースに情熱を注ぐ若者達が、かつてのカワサキモンスターのパフォーマンスを忘れてはいなかったのだ。期は熟したと判断したカワサキは、’88年から一気に形成を整えた。「’88鈴鹿4耐」でのZX-4のSP400クラスの優勝も力となったことは確かだ。ZXR400/400 Rのデビューは、カワサキにとっての新たな挑戦への幕開けとなった。ZX-4と共通のボア&ストローク(57 ×39 mm) を採用。新気を送り込むカワサキクールエアシステム(K-CAS)を新たに導入。キャブレターをCVKD30→32と大径化を図る等、数値上には現れない出力特性の向上を図った。ピストン頂部やヘッド燃焼室の形状を変更。スキッシュクリアランスを極限まで縮小し、強力なスキッシュ流を得て燃焼効率を高めている。圧縮比を11.5→12.0に変更。一種過激とも思えるパワーフィールを与えていた。フレームはEX-4同様の形状と同寸のメインフレームパイプ(120×30mm) で構成。キャスター角も共通の24°で設定されている。トレールは87→85mmに変更されている。が、ホイルベースも共通の1395mmに設定されている。スイングアームは新たにスタビライザーを設け強化したアルミ鍛造製となった。FX-4のフレキシブルな効果を持ったフロントサスとは異なり、動きに今ひとつシャープさを欠いた’89 ZXRの倒立サスも、翌年には改良されシャープさも増している。排気バルブのタイミング変更もあり’90 ZXRは更に扱い易くなった。ZXR400に対し400 Rは、ミッションのギアレシオを変更〔⑾2.846 → 2.294 ⑿2.055 →1.894 ⒀1.631 →1.647 ⒁ 1.380 →1.450 ⒂1.240 →1.333 ⒃1.111 → 1.240 /一次減速比2.195共通、二次減速比3.000 →2.750 〕し、FRP製のシングルシートが与えられたプロダクションレース仕様。ストックのままでも速さは一級品。サーキットにライムグリーン旋風が巻き起こったのは言うまでもなかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。