第三の目と松果体

テーマ:
  前のブログを読んだ友人から、次のコメントをいただきました。

「人間には第三の目と言われる松果体という器官があります。
 太古の昔私たちの祖先がまだ爬虫類等と枝分れする前からある器官です。
それが進化により退化して脳 の中に埋め込まれたそうです。
 この器官は水晶体でできていますがその役目はよく分かっていないそうです。

 原因はわかりませんが多くの人は段々松果体は石灰化してしまうそうです。
石灰化させないためにはそこに集中することだそうです。

 きっとカズさんはイマジネーションを膨らませることで松果体をフルに使って 何かを得ているかも知れませんね。」

 わたしは、こういうことには無知なのですが、

松果体・・・今の科学で解明できていなくても、人間にとってきっと、大切な器官なんでしょうね。

 いつの日か解明されることを願っています。

 それにしても、わたしの場合、この年まで(今、65歳です)石灰化せず持ちこたえてくれて、おおいに活動してくれているそうなので、
これからも、もっと鍛えて、素敵な仕事を残したいと思います。




AD

記憶とインスピレーション

テーマ:
先日、ある友人とインスピレーションについて話題になったので、


私なりに観察して、考えてみました。


私は考えたり、絵を描いたりするとき、無意識のうちに、額に集中


していることがあります。


40年以上前に、ある僧侶から聞いたことなのですが、

「人間の脳には、生命発生時からの記憶が全て蓄積されている。

ふだんは、そういう記憶は、思い出しもしないけれど、

意識を集中

した時、それら全ての記憶が総動員して、その人の課題を解決しよ

うとする。」 そうです。


集中する場所は、前頭葉の、ある場所

つまり額の辺りだというん

ですね。

これは、精神論とか、才能とかではなく、誰でもが秘めている能力


だそうです。

そこで、私の取り敢えずの結論ですが、

インスピレーションというのは、何処かから急に湧いてくるのでは
なく、

太古から蓄積された記憶が、表面意識に浮上した結果


なのでは ないでしょうか。







AD

日光、気ままな一人旅

テーマ:
2年近くに及んだ、病院の建設は、

先月無事竣工しました。

残務整理の残る中、

昨日は休みが取れたので、ふらっと、日帰りで日光に行ってきました。


絵描き・カズのブログ-日光駅
                                   JR日光駅

絵描き・カズのブログ-日光駅待合室
                              旧一等旅客待合室


絵描き・カズのブログ-神橋
                                       神橋


絵描き・カズのブログ-東照宮
                                  東照宮境内


世界遺産めぐりは、去年参拝したので、

今回は、ただ、のんびりとするだけに決めて、

           まずは、露天風呂。

               早めのお昼は、ゆば尽くしご膳。

                      デザートは、これも、ゆばで作ったプリン。


絵描き・カズのブログ-ゆばプリン
                                  ゆばプリン


           食後は、東照宮のまわりを、散歩。

             楽しそうな喫茶店を巡って、皿絵のドローイング。


絵描き・カズのブログ-皿絵のドローイング1


絵描き・カズのブログ-皿絵のドローイング2


日光焼きに、刺激を受けました。


こんな、置物も。

絵描き・カズのブログ-二宮金次郎
                            二宮金次郎
   (最近は、金次郎スタイルが大ブーム。人の多いところでは、危険なんですがね)


と、いうことで

リフレッシュできました。

           おまけ・・・

              まだ、ご存知無い方に、

                 左右、色違いのくつしたは、わたしのファッションです。


絵描き・カズのブログ-くつした


                                           kazu





AD