3月23日は世界気象デー。

まだまだ寒い。

徐々に暖かくはなってきているが、
まだまだ寒い。

そして、勘弁してほしい、花粉。


目も痒い、鼻も痒い。

鼻水止まらない。。

どうにかしてくれ。。



産まれてきてくれて、
2週間がたった娘ちゃんも、
よくクシャミをする。

それがまた可愛いクシャミなのだが、
「はっくしょん!!」て感じじゃないのよ。


『みぃっしゅん!』みたいなクシャミね。


もう、可愛いの!!




可愛いんだけど、心配なことが。


やはりこのクシャミ、

花粉のせいなのではなかろうか…



ハウスダストには気をつけている。
空気清浄機をブン回しているので。


それでもクシャミをするということは…

やはり、もしや。

もしや、もはや、花粉症?





何せ私、超アレルギー人間でして。


過去にアレルギー検査をしたところ、
スギ花粉の数値が振り切れるという。

診断用紙からグラフがはみ出る結果を頂いて…。


犬、猫はもちろん、ハウスダスト、

白樺、ブタクサ、そしてヨモギまで。



「あなたは一年中花粉やアレルギーに苦しめられる身体です。

一年中マスクをしていなさい。」


と医者に言われたほどだ。






奥様もこれまたアレルギー人間。


年がら年中、鼻をぐじゅぐじゅさせ、
アレルギーの薬は必ず飲まないと、
ガキ大将のように鼻を垂らしだす。


年中ほぼ垂らしっぱなしで生活をしている。


鼻の中が痒いらしく、
鼻の上から指で押し動かし、
ギュンギュン掻く。


家にいるときは「だぁー。もうやだ。」と言いながら、ティッシュを鼻に詰めて生活している。



そんな二人の子供だ。


アレルギー持ちはもう決定。


花粉症エリート決定です。






ある日花粉症の神がやってきて、

うちらにこう告げる。



『この子は、花粉症のエリート。


この子が誕生することを、

我々は心待ちにしてました。

さぁ、その子を渡しなさい。


鼻にティッシュを詰めた妻が叫ぶ。


「やめて!わたしたちの子供よ!!」




(妻の手を離れ、ふわぁっと空中に浮かぶ娘。

あっという間に花粉症の神の手の上に)



「あぁぁ!!」



(あたりに撒き散らされる花粉)



「目が!!鼻がぁぁ!!」



『これはすごい。


もうすでに花粉をまとっている。


名前にも《花》という字が入っているではないか。』


「そ、それは…た、たまたまよ!!」

(これは本当。名前に《花》が入っている)



『強い。強いオーラだ。


この子こそ、神。

この子こそ、花粉症!!』


「やめてー!!!!」




…最悪であります。








さらに心配事はたくさん。



全身に蒙古斑が多いのは気のせいですか?



背中に親指くらいの大きさの赤い痣があるんですけど!!


耳の毛が濃すぎるんですけど!!



しゃっくりをよくするんですけど!!!



首元に小さなニキビみたいなのが出来てるんですけど!!!!



乳首の下に黒いかさぶたみたいなのができてるんですけど!!!!!



身体の皮が剥けてきて、荒れてるようになってるんですけど!!!!!!!




左目だけ二重なんですけど!!!!!




背中の毛が濃すぎるような気がするんですけど!!!!!







先生ーーーぇぇえ!!!!!!!






検診で見てもらうと、

すべて異常が無いようで。


赤ちゃんにはよくあることのようで。



それでも心配ですよ。

お父さんは心配です。。



なによりも、先生。



可愛すぎるんですけどーー!!!!!!!



どの雑誌の表紙を飾ってる赤ちゃんより、

可愛いと思うんですけど!!!!!




先生ーーーーーぇぇえ!!!!






雨が降ったり、
晴れたり、曇ったり。


そんな中でも花粉は飛んでくる。


それでも、…お前を守る。



3人で共に花粉と戦っていこうな。



もし、花粉症の神に連れていかれても、

心配するな。



妻と二人で薬を飲み、点鼻をし、マスクをして、

必ず助け出す。


たとえ薬が効かなくても、
目が痒くて開かなくても、
ボロボロになりながら、
鼻水を垂らしながら、
鼻にティッシュを詰めながら、
お前を守る!!


花粉から、アレルギーから守ってやる!


俺たちの鼻水を越えてゆけ、


…娘よ。