みつろうキャンドルが灯す火の

美しさ

力強さに

思わず

「うーん、すごい」

声にした

 

こんばんは

ヒーラーセラピストのなぎさです

 

先日

娘の通っている幼稚園の保護者で開催している

子育てサロンで

みつろうキャンドル

それを灯す

キャンドル台を作ってきました

 

ほんとうに

みつろうキャンドルの火が放つ

光のエネルギーってすごい

 

 

 

幼稚園から帰ってきた娘に

キャンドル台を見せたら

自分も作りたいというので

次の日

百均で材料を調達し

・・・本当は、天然素材がよいのですが

今年は、そんな準備もしていなかったので

 

幼稚園から帰ってきて二人で作業

だんだん出来上がってきたキャンドル台に

暖かさを感じている自分がいました

今は、冬もお花が手に入るけど

そうでなかった頃は

こうやって木の実やらを愛でて

冬を過ごしたのかもしれない

なんてことを思ったり

 

自分の中が平らに

 

ありがとう

 

 

 

せっかくなので

リースも手作りしてみました

初めての手作りリース

 

 

 

今まで

クリスマスって

ケーキを食べて

プレゼントを貰って、渡して

終了

だったのが

 

今年のクリスマスはちょっと違う

 

手作りの

リース、みつろうキャンドル

キャンドル台

を準備して

クリスマスの日を待つ

 

自分の外側に何か求めるのではなく

内側に暖かさを感じながら

クリスマスの日を待つ

 

今年のクリスマスはちょっと違う

多分、きっと

 

その日に自分が

何を感じ、何を思うのか楽しみだ

 

 

みつろうキャンドル作りは

みつろうを溶かしたものに

芯を入れて、出して、

乾いたら、また入れて、出しての

繰り返し

これ繰り返すことによって

キャンドルがだんだん太くなっていきます

 

ろうの量と芯の太さのバランスが

大切なんだそうです

このバランスがとれていないと

キャンドルの外側だけ残ったり

するそう

 

 

入れて、出して、乾かして

この繰り返しの動作が

すごくいい

自分の中が平らになっていく

みつろうの

ふんわり甘い匂いも手伝って

気持ちが穏やかになっていく

 

キャンドルの太さは

バランスを大切にして 

 

ありがとう

 

 

今日もここまで

読んでくださって

ありがとうございます

 

よい眠りを

おやすみなさい

 

 

こころ凪-nagi-セッションメニューはこちら

お申し込みはこちらから