新潟県妙高高原出身←新潟県と長野県の県境(^^)



こころ凪-nagi-


心理セラピストの
高田なぎさ
です。



妙高・上越・長野市近郊・東京を中心に活動しています




心屋流カウンセリング・棚田式ビリーフチェンジセラピー・NLP・レゾナンスヒーリング・ホリスティックサイコセラピーの手法を使いながらホリスティック(包括的な)セラピー・カウンセリングを行っています。

・自分のことを自分で決めることができない
・一歩踏み出したいのに踏み出せない
・過去の相手にされたことや自分のしたことに囚われていて苦しい
・他人の目を気にしすぎてしまう
・頭で考えてばかりで行動できない
・身内や子どもにやさしくできない
・すぐ感情的になってしまう
・自分だけ孤立していると感じてしまう
・人生の岐路に立っていて、選択に迷っている

そんなあなたが動き出すサポートをします。





宝石緑こころが疲れたなって感じてる方へ


 まずは 下記の無料レポートをお読みください


 あなたの心に風が通り、すっと楽になっていくのを感じるかもしれません





・「心に風が通る言葉たち。」

ポチっと押してね 





 ※迷惑メールで届く可能性もあるので、ご確認くださいね





宝石緑カウンセリング後のご感想はこちら


http://ameblo.jp/nikonosuke/entry-10910891904.html





宝石緑ヒーリング後のご感想はこちら

http://ameblo.jp/nikonosuke/entry-10910913032.html






~2013年2月女児を出産。現在、休業中です。~
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-13 12:43:02

それを言葉にしてしまうのは、もったいない。

テーマ:日常の出来事

こんにちは

ヒラーセラピストのなぎさです

 

先日、再受講していた

ホリスティックセラピー・レゾナンスヒラー養成講座を終了しました


講師の竜二さん

講座中のお菓子やらなにやら

お気遣いいただいた

南美佳さんはじめ

仲間の皆さんありがとうございました

そして

快く、泣きながらも、送り出してくれた

旦那ちゃん、娘の協力に感謝です

 

{03A297A0-3BE0-484D-BEC4-3410BB2CBC41}

セラピー・ヒーリングを

再開するタイミングがきたようです

そんな感じがします

 

 

休日の朝のこと

娘と旦那ちゃんはキッチンで朝食づくり

私は目を閉じて

自分の中を整える時間をもっていたとき

 

聞こえてくる

旦那ちゃんと娘のおしゃべりの声

水の音

食器や何かと何かが触れ合う音、ガヤガヤ

 

耳から聞こえてくる

音たちをうるさいとは感じていない自分がいた

自分の中は静か

なんだかいい感じなのだ

広がっていく

ホワッとあたたかい

喉があたたくなり、瞑った目に涙がにじむ

 

目を開けて

旦那ちゃんに話しかけた

「なんかいい感じなんだけど

これを

幸せっていうのかな」と

「そうなんじゃない」

という旦那ちゃん

 

「幸せ」と言葉にして、気づいたこと

あの

なんだかいい感じ、いい感覚

まだまだ感じていればよかった

言葉にしたとたん、

何か違うものになってしまう


言葉は

思考がその感覚に貼ったシールのようなもの

その感覚にぴったりのシールは

残念ながら存在しない

 

 

自分の中の感覚

大切に感じよう

それが何であるか

思考でわかる必要はないのだから

 

その感覚を言葉にしてしまうのは

もったいない

 

言葉というシールを貼ったとたん

何か違うものになってしまう

 

「この感覚なに?何?」

なんて思考は緩めて

感じてみましょう

 

その先に

今までにない

気づきが待っているかもしれません

 

今日もここまで

お付き合いくださって

ありがとうございます

 

 

セラピー・ヒーリングの再開は

このブログでお知らせします

 

ではでは

自分の中の感覚を大切に

よい時間を

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-23 23:48:37

嘘でも言えなかった「ありがとう」。

テーマ:歩き出す
「週末のブログ更新、定着しそうです。」
などと書いてから、早2ヶ月^^;

こんばんは
ヒーラーセラピストのなぎさです。


5月から再受講をしている
ホリスティックセラピー・レゾナンスヒーラー養成講座
8月講座中
私にとってすごいことが起こりました

それが起こったのは
講師の竜二さんの誘導のもと
ワーク中

自分の心の中で父と母と向かいあったとき
私の心から出た言葉は

「ありがとう」

でした

やっとやっと
湧き出てきた
「ありがとう」の言葉


心理学を学び始めて7年
その間に
心屋塾カズ姐さんのNLP講座
棚田式ビリーフチェンジ・プロセラピスト養成講座
ホリスティックセラピー・レゾナンスヒーラー養成講座
等々を受講
そのタイミングタイミングで
セッションを受け
日常生活の中でも
たびたび向かいあってきた両親とのこと


最初に学んだ心屋塾で
ぢんさんに
「うそでもいいから、許してあげるって言ってみて」
と言われたことを思い出す

言えなかった
許すなんて
嘘でも言えなかった

ありがとう
なんて
嘘でも言えなかった


やっとやっと
湧いて出てきた
「ありがとう」

父と母から見た私は
笑っていた

父と母は
笑っている私を見て
安心して
二人で自分たちの進む方向に歩いて行った


涙が出てきました

う~ん
こんなことが起こるんだ

足かけ7年
竜二さんのホリスティックセラピーを
初めてうけてから3年


私がしてきたことは
「続ける」ということ



これの出来事が8月上旬
お盆の帰省前のことでした

帰省した私は
自分の思っていた家族ってこういうもの
という考え方や
両親との関係について
新たな気づきがあったのでした

それは
また次回


今日もここまで読んでくださって
ありがとうございます


おやすみなさいよい眠りを

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-10 21:04:49

子どもは、大好きな日に生まれてきている。

テーマ:日常の出来事
こんばんは
ヒーラーセラピストのなぎさです

今日は暑かった~
肌に暑さが沁みてくる感じで

週末にブログ更新
なんだか定着しそうです
ホントに
スルッと書く時間が出てくる^ ^



今週の月曜日
6日は、46回目の誕生日でした
自分だけの新しい一年の始まりの日


46回目にして
初めて気づいた❔
はっきり意識したことがあります


6月6日というこの日が大好きだということ

生まれてくるとき
生まれてくる日も自分で決めてくる
と言われていますが
ホントにそうなんだなあと思いました


子どもは
自分の大好きな日に生まれてきている

こんな捉え方をしてみると
旦那ちゃんや娘の誕生日の大切度が
何か今までとは違ってくる
だって
大好きな日なんですもんね



私の大好きな日は
旦那ちゃんが休暇をとってくれて
娘が幼稚園に行っている間に
久ーーーーしぶりに二人でお出かけ

仕事を再開するのに
レンタルルームの下見に付き合ってもらい
そのあとスタバでお茶をして(^^)

久ーーーーしぶりすぎて
最初、旦那ちゃん宙に浮いてました(笑)
こんな時間も持てるようになるんだねと
ふたりで話しました^ ^


娘が帰ってきてからは
3人で誕生日のケーキを食べて
その後
旦那ちゃんが娘を連れ公園へ

私は、その間に
ずっとやりたくて
タイミングを待っていた
虹染めにチャレンジ

こんな感じに出来上がりました
七色になってないけど^ ^
楽しかった~
次はこうしようという思いも(^^)あり
またしたい

{10A6CACC-D9F9-45F6-BC51-C851DC04CB1D}


夜は
旦那ちゃんが作ってくれたスパゲティを
二人で食べ
 …公園で遊び疲れた娘は、
食べずに寝てしまいました~
気を利かせてくれたのかな


こんな感じで
ぽかぽか
一日が過ぎていきました


大好きな日を
一年の始まりの日を
やさしい気持ち
心地よい感じで過ごすことができ
よい年になりそうです


ありがとう


始まりの日を
やさしい気持ちで
心地よく過ごす

これだけで
そこからの一年
流れるエネルギーが
決まることもあるんじゃないか
そんなことを思いました


いろいろな情報が入ってくる今
誕生日はこう過ごさなきゃ
こう過ごすのが普通なんて
周りに惑わされず

自分が
自分たちが
心地よく居れる
そんな過ごし方を
大切にしていきたいものです



今日もここまでお付き合いくださって
ありがとうございます


よい週末をお過ごしください。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>