コメントの力

テーマ:

コメントありがとうございました。
こんなにうれしいことはないです。

 私は全身の痛み苦しみに全神経注がないと、その日も送れなそうでいます。
特に目の状態が悪い方に進んでいるのに加え画面の残像や白くオ~ロラのようなものが描いた物を隠してしまったりに悩まされ、好きになれて来ていた絵も、ろくに描けず進まず、奮起できそうでいた気持ちが萎えてしまったのが、一番残念でいます。

 でもすこしでも調子が良いと少しずつ描いてます気が遠くなりそうな日数をかけても。^_^描きたいとの思いは消えてません。

  

今まで目標も希望もあきらめて自分に閉じこもってしまった日々が続いていましたが、最近これが(もう一度いつかちゃんと絵を描きたい、また外を少しでも歩きたい専門病院にも行かれるようになると思う気持ち)こんなささやかな事でも【希望】と思ってもいいのかな?なんて自分を慰められるようになってきております。

  

私の体はともかく、以前に何度も『いつかトンネルを抜けることができる』と皆さんに激励され応援され今日まで来て、本当にやっとトンネルの先の光がほんの少しぼんやりですけどお蔭さまで見えてきたような家族の状態になりつつあります。

 まだまだこの先は、息子が無理しているところが見えるので、何があるかわかりませんが、これからも乗り越えられない事はないと、自分に言い聞かせ日々を過ごしています。

 
皆さんだってきっと、いろんなこと抱えながら顔晴っていらっしゃる思うと「私も」と、皆さんの存在が私の生きる大きな力になっています。^o^v

  

コメントのお返事おひとりおひとりに書きたいと意気込むのですが。視力と気力がまだ許してくれません。

 

記事としてしまいましたこと、しばらくこのような形でお許しください。

 

つまらないことしかまだ書けないこともお許しください、元気ぶると、書く内容が見つからなくなり書けなくなりそうなので…

 

皆さんとまだまだこれからもつながっていきたいので、今日も少し書きました。

 

いろんな事思い起こして書こうとするのですが思い返そうとすると頭が混乱してしまいます。なので現在の時々の事象しか書けなくてすみません。

 

今にまた勇気ある文章も書けるような生活(心情)に向かっていきます。

 

相変わらず文章の起承転結はなってないでしょうが、最近は注意してくれるちゃまもいませんので(寂し~~ちゃまのいない生活はまだ慣れないです)お許しを。

 ( ; ゚ ▽ ゚ ;)ハハ・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 


AD

変化はないようでも 私も変化している日々?

テーマ:

ブログを書けなくても、コメントを何度も読み返して、感謝の日々を送っています。

本当は一人一人にお返事を書きたいのですけど…すみません。


前回メッセージの欄にコメントを書いたのが偶然にも3月だったのを今頃気が付きました。そしてやっとご無沙汰の記事を書いてからもう、半年も過ぎて今年も終わろうとしています。

今まで病気に翻弄されて、その日が何月何日なのか感じずに過ぎてた日々が今年は嘘のように病気の苦しさを思うと長かったようにも感じますが、短く感じることができました。

年年歳歳とよく言っていた言葉も思い出すことができました。


生活は相変わらずですが、ここのところで古い懐かしい幼馴染の友人たちに会うことが出来たり(電話ですけどw)贈り物をしていただけたり、遠距離で疎遠だった従妹がたびたび電話をくれるようになったりで、苦しい涙ではなく嬉しい涙の出る日が何回もありました。亡き母の唯一ただ一人の妹の娘の従妹(幼いころは姉妹のように育っていた)でしたが、あちらには親戚が沢山あって、現在貧困の我が家は冠婚葬祭の付き合いもできずでだいぶ前から疎遠になっていたのですが、そんなことがあって、心温まる出来事がいくつも重なり今までの苦しさがこの喜びを知るためにあったのだ、なんて思えました。


そして、ちゃまがいい人に見染められて結婚もしました。

親として何もしてやれないことが心苦しくてそれだけがつらかったのと、一人になってしまう不安がいっぱいになりましたが、今までちゃまに掛けた苦労を思うと幸せになってほしいと母心が先に出て、よい返事をしてしまいました。


ガスシステムキッチン?の宣伝のお母さんの気持ちがその時ジ~~~ンと胸に入り込んで「私今こんな心境だ、」自分の心を言葉に表すことが出来なかったのが映像に流れている。私のもやもやを映像と言葉にしてもらっている心境になって大きな慰めになりました。


いつのころからか毎日のように地震が続いていて、異常な不安感に陥ったままの心をひきづっていたとき、先週?あるきっかけで発作を起こして、次の日は地震でパニック発作を起こして、たまたま主人がいたので何とかしてもらえ、立ち直ることができましたが、恐怖は消えずその日から究極の緊張した時にしか起こらなかった腰の痛み?がちょくちょく出てしまうようになってしまって、今まで足や指何とか動かそうとするところがつってしまいそれも子守子守来たのに今では全身につりが広がって何が原因かもわからず、今日に至っています。


でもいいことがあると、何となくそんなこともチャラに感じてしまう自分がこの頃生まれてきてるような気がします。


息子が主人のいえ家族の危機を知って、立ち上がってから9か月が過ぎます。気分転換にとバイトを始めては、すぐにダメになってやめてしまっていたのが多かったので、今は驚くばかりでいます。でも、病院に行かれない(金銭上)でそのまま薬をやめて今が続いています。

まだ時々荒れ私に当たりますが、あえて受け入れ、正直私はつらいですが、息子がそれで最悪の時より少しでも前に進んでくれているのが嬉しいです。


すみません目がよく見えないので疲れてしまったみたいで、また続きを書きます。

まだ生きています^_^v


相変わらず文章が支離滅裂だと思います。お許しください。


皆さんのコメントのおかげで奮起できています。感謝 感謝です。


AD

目がほとんど見えなくなってから、文字を読むのが一番つらくなってしまいました。
毎日自分の体調に翻弄されっぱなしで、どう奮起しても、なかなかブログを書く気持ちまで行きませんでした。
約束したのに…そればかり気になっていました。

ぺタが欠かさず毎日入っていることに、感謝しております。

たまにしか見ることはできませんが、
それが励ましになり、いつか克服できる日を待ち望んでいます。

動けることは宝ですね…私は月に一度も外に出ることがままならなくなりました。
週に二度介護さんのお世話になっています。
本来ならあと二日ほど看護師も入れたほうがいいとすすめられるのですが、長い不況の折、また主人の親会社の会長が亡くなられて、会社を閉めてしまい。仕事がなくなって正直路頭に迷う日々が続きました。

ちゃまは、相変わらず家族思いで自分の収入のほとんどで、家を助け、お嫁に行ったおねえちゃんにも助けてもらい、何とか細々と食べつなげることはできましたが、電気やガスや電話やいろんなものが、ほとんど毎月止まる状態を経験してしまいました。


しばらくして昔の会社の社長から誘っていただくことができたので一安心できましたが…無収入の時の、負債に追われて、私にかける余裕もないのに、週2回でも介護さんに来てもらえることができて、看護師さんまでは頼むことは今のところできませんが、それでも、家族には感謝です。


あまりにも、苦しくてこのような記事しか書くことがなくて、ご無沙汰の皆様には、「げんきになりました」と、挨拶したいのに、ひどくなっている現状、しかない。

体調も然りなかなかそんな理由で書けないでいました。

今日は思い切って書きました。


苦しくて毎日長い暗い日々が続いていますが、最近「良い社会勉強をしているんだ」と、自分に言い聞かせられるようになりました。

皆さんのコメントのおかげで、それを見返すたび、少し笑みと嬉し涙がでて、励ましになっております。

感謝です。


お恥ずかしい内容ですが、ご無沙汰伺いまで…



AD