「素顔のままで」ともに生きる☆

パパはB型肝炎と緑内障。ママは双極性障害II型他持病もち。息子(23)と嫁ちゃん(23)と孫(2)、子宮頸がんワクチン副反応と闘う娘(21)の6人家族。最近息子一家が新居に移り、3人でのんびりマイペースに過ごしています。


テーマ:

私がブログ日記を書いているってことを

月曜日友達のNちゃんに会った時、話した。


そうしたら

「私は旦那にも義母にもパソコンをさわらせてもらえない。

やりたくても自分史を作ることができないから

ニコちゃん私のかわりに私の事を書いてくれない?」

って言われた。訴えるような眼差しで・・・

私にはこれぐらいのことしかしてあげられないから・・・

だから彼女の許可を得たとして書くことにした。


彼女は私以上に波瀾万丈な運命を生きている女性だった。

年は私の二つ下、36歳 既婚3人の子供の母である。


彼女と知り合ったのはパパと同じ会社に勤めていた頃。

とてもはっきりした少々きつめの性格で

私のような強調性のない性格は、初めからあきらかに舐められていた。

話をするたびに、なぜかグサッとくるそのトゲトゲしい口調。

だからまわりの人は少しずつ離れていった。

私も正直苦手なタイプかな?って思ってはいたんだけど・・


でもその頃からかな~、彼女は私には少し柔らかい口調になり

自分の過去を少しずつ私に話すようになっていったのです。


彼女は3人兄弟の真ん中の子として産まれました。

彼女の母親は弟を産んだ後、精神が壊れてしまい

父親と祖母から半ば逃げるようにして家を出ていってしまう。


それからの彼女を待っていたのは、母親似というだけで

祖母に悪態をつかれ、小間使いのように

幼い頃からこき使われる毎日だった。

祖母がいるというのに小学校から家事一切を任されていたんだって。


そして大人になった時、彼女は1人の男性と知り合う。

その男性は会社でも有名なプレイボーイだった。

「女だったら誰でもいい。」そんな感じで誰にでも

優しい言葉をいいまくる彼とつき合うなんて・・・

私は彼女がつきあい始めたと知った時、心底驚き

猛反対した。

その男性はバツ1。しかも前妻に暴力をふるって

追い出していると聞いていたから余計彼女が心配だったんだ。


でも彼女は彼の自分への優しさがきっと生まれて

初めて経験したものだったんだろう。

彼女とつき合う数年前、彼は

会社の同僚や先輩すべての人に仕事ぶりなどを

非難され会社を退職していた。

退職後に元会社の女性に手を出すなんて・・・

彼女は私や他の先輩たちの忠告にまったく聞く耳を貸さなかった。

「大丈夫です!!彼には私が必要なんです。」

20歳にはなっていたと思うが・・・

彼女はその男性と結婚した。

そして3人の子供を出産する。

お互いに育児に追われ忙しかったので

その後はまったく連絡をしていなかったが


数年前、突然メールがあった。

「私、脳出血になちゃって。でも今無事に生還しました。」

「えええ~っ!」

まだ30歳を過ぎた頃だったと思う。ビックリした。

かなり長期間の入院生活だったようだ。

私たちにはまったく知らせようとしなかったその旦那にも腹が

立ったが、無事大病を克服して復活したと聞いて嬉しくなった。


そして再会。

驚いた。そこにいる彼女は30歳の女性の姿ではなかったのだ。

あきらかに顔はゲッソリとやつれ、髪を振り乱し・・・

本当にこれは彼女にとって嬉しくない言葉になるので

ずっと言わずにいたんだけれど・・・

後遺症が視力低下を招いてしまっていたので

話していてもどちらを向いているのか

わからない状態だった。悲しかった。

それ以上に彼女はきっと私に会うこともつらかったんじゃないかな。

それでも「愚痴を聞いてもらえるのはニコちゃんしかいないから」って

気丈にも私を選んでくれた。


結婚して幸せになってくれていることを願っていたが

やはり彼女には辛い日々が待っていたらしい。

旦那は転々と職を変え、女を作り、家を開けるなんてしょっちゅう。

それに加え、義母の旦那への束縛は半端じゃないらしい。

共依存の世界だった。

私と母以上の濃厚なものがそこにはあった。

でも誰の忠告にも耳を傾けるような旦那、義母ではないから

放っておくしかなかった。


先日会った時にその後の様子を聞いた。

共依存はいまだに続いていて、必要以上に旦那を叱り飛ばす義母。

家に居たくない旦那は相変わらず堂々と浮気を宣言して出ていくらしい。

すると義母は寝たきりの義父の世話(6年間)を

気が違ったようにやっているそうな・・・

彼女が手伝おうにもさわらせてもらえないんだって。

で、生活費は子供の児童手当まですべて義母が握ってしまい

貯金してくれている様子もなく・・・義母はお金にルーズで

Nちゃんの父親にも200万の借金をしていたそうな。

毎日3時間のパートで稼いだお金だけが自分の自由になる

お金だそうだ。(これじゃぁ離婚後生活できない!って嘆いていた)


家事はNちゃんがすべてやっているらしいが

義母は料理すべてに文句をいい、洗濯の干し方も

気に入らないと言っては怒鳴り散らす毎日。

「こんな身体になってもひどい仕打ちをうけ

死にたいと何度も思ったけど、こどもたちのために

あともう少し我慢する。私は母親に置いていかれて

すごく辛かったから・・・それだけはしたくない。」って。


それでも少し救いだったのは、彼女に旦那が手をあげることは

ないってことかな。

あと子供たちにとっては優しいパパなんだって。


彼女は昨年突然父親を亡くし、帰る場所もない。

いろんな手をさしのべてくれる行政を頼るべきとも

アドバイスしたけれど、(障害者手帳も持っているし)

「私は大丈夫。頑張るから!!」って。

相変わらず頑固だな~(苦笑)


今一番下の娘が7歳。あと10年は頑張るって。

私は彼女に会ってから自分がどんなに幸せなのか

あらためて実感した。

そうしたら涙がでてきた。

私には彼女に何もしてあげられない。

ただ愚痴を聞いてあげることしかできない。


その夜、パパもよく知っている彼女の境遇を話した、

そしたらポツリと

「本人がそれまで(自由になるまで)生きていられるんか?」って

相手の旦那に腹を立てながらそう言った。

「そうだよね。今も定期検診を受けなきゃいけない身体だし。

脳出血が次ぎおきたら命の保証はないみたいだから。」


私は今、彼女が少しでも心の安らげる環境で過ごすことが

できるように祈るしかありません。

彼女の人生、途中なんども引き返すきっかけがあったのも確かだった。

すべて、彼女の選んだ道。

それにしても険しくて辛すぎる道のり。

これはあくまでも彼女から見た一方的な話ではあるけれど・・・

彼女が少しでも笑って過ごせる日が多くなることを願ってやみません。


先日会ったとき、彼女の視野は更に狭くなっていました・・・



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。