ニコニコ院長のブログ

鍼、灸、接骨、マッサージ、漢方薬。複数の国家資格をもつニコニコ院長のブログ。


テーマ:

耳鳴りの症状



  • 「ぐわんぐわん」という音がする。

  • 「キーン」という音が聞こえる。

  • 「ジー」「チー」など、せみの鳴き声のような音が聞こえる。

  • 周りがざわざわしているような感覚がある。

  • スピーカーからの音が反響しあって聞こえ、話が聞けないほどになる。

  • 耳詰まりのような感覚がある。

  • エレベーターで高層階にあがっていくときのような鼓膜が圧迫された感覚がある。

  • 上記のような症状があるにもかかわらず、MRIをとっても異常が見当たらない。


めまいの症状



  • 2起き上がって歩こうとしたとき真っ直ぐに歩けず、フラッとする。

  • 自転車で走っているときにフラッとして倒れそうになる。

  • 立ち上がるとき、脳貧血のような症状がある。

  • 横になると天井がぐるぐる回る。

  • グラグラする。

  • 上記の症状とあわせて吐き気もする。


難聴の症状



  • 徐々に聞こえなくなる

  • 突然聞こえなくなる

  • 音が聞こえにくいと感じる。


耳鳴り・めまい・難聴の原因


1これらが少しずつ症状として出てくる方や、耳鳴り・めまい・難聴の3つの症状が全て出て、吐き気も伴う方、血行、神経(知覚神経、運動神経、脳神経、自律神経)、精神、筋肉(コリ)、相互作用がありそれぞれ原因と結果となります。

筋肉が硬くなると、骨と思ってしまうくらい硬くなり、膨張(2~5倍の体積にもなります)します。
様々な神経や血管は筋肉ととなりあわせで相互作用を起こします。
筋肉疲労によって筋肉が膨張し硬くなると、血管を圧迫してしまうことにより神経をマヒしてしまい、神経痛も伴い、脳や耳の鼓膜、耳、三半規管、蝸牛などの気管の機能が低下します。
また、精神が不安定な状態になることで、血管が収縮しはじめ、筋肉に血液が流れず、悪循環が発生し、どんどん症状が悪化していきます。
このような相互作用の連鎖を断ち切ることができるのが鍼治療や漢方薬、整体などの東洋医学です。
当院ではそれらを駆使して治療することで多くの結果を出しております。
副作用の心配もいりませんし、早くてリーズナブルです。
mnel
いいね!(14)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)