フリーダムの共有

地球のすべての人々が豊かで幸福になるためのブログです


テーマ:

こんにちは、

 

アメリカでは、トランプ大統領の片腕だったマイケル・フリン大統領

補佐官が辞任し、ネオコン政府に逆戻りか?..というようなニュー

スをメディアが流して大騒ぎをしているようですが、トランプ政権が

フリン氏を切らなければならないほど、権力闘争が激化している

ということですね。

 

しかし、もう世界が反グローバリズムヘと進む波は止まらないでし

ょう。

 

安倍首相以下の日本政府は、これまで従ってきたグローバリスト

・ネオコン勢力の失脚を期に、反グローバリズムへと180度方向

転換をして、新アメリカ政府とぴったり一体となる政策をとり、トラ

ンプ大統領の方針に歩調を合わせていくようです。

 

しかし、ネオコンに完全に牛耳られていた、日本政府が、どうして

こんなに急激に方向転換できたのか不思議でなりません。

 

水面下での動きがあったのでしょうね。

 

今後しばらくは、安倍首相は身辺の警護を十分にしなければ旧勢

力の為に暗殺などの、危険な目に遭遇する可能性があるのでは

ないでしょうか?

 

ところで、世界の支配者の権力闘争の真っただ中、地球市民の

民間レベルでは、人々の意識は、権力者達より、一歩先に健全

で平和な地球を目指して進んでいるように見えます。

 

徳川家康が語った「歴史は民衆の思惑の方向に進む」という言葉

通り、実際、地球上の民衆の集合意識の関心のある方向に世界

は動いているのだと思います。

 

 

さて、先日、ロンドン北部の教会で、アマチュアグループの三味線

コンサートがありました。

 

ドイツ・ベルリンのグループとイギリス・ケンブリッジのグループの

ジョイントコンサートです。

 

そこへ行って、まずびっくりしたのは、演奏者たちの半分以上が

日本人以外だったことです。

 

開演前に熱心に練習をする西洋人達の着物姿をみて、不思議

な感覚を覚えました。

 

まあ、こういう分野はニッチなエリヤであり、少数派の人々の世界

ですが、それにしても、その熱心さには感動します。

 

好奇心の強い私は、開演前に写真を撮らせてもらったり、彼らに

いろいろ聞いたりしました。

 

ベルリンから参加した三味線演奏グループの人たち

 

ほとんどの演奏者はアマチュアですが、中にはプロらしい人も数人

いて、その中の、おじいさんから相続したという三味線、草笛、そし

て尺八を持っている日系ブラジル人の方と少し話しました。

 

流ちょうな日本語を話す彼が言うには、しばらく日本に住んでいた

のですが、ビザの問題があり、永住は難しかったので、今はドイツ

で活動しているということでした。

 

ご先祖様の出身地が岡山であるという彼からは、日本に住みたい

..という願望が感じられました。

 

私は以前にもブラジルに移民した日本人の子孫、日系ブラジル人

のことを書いたことがありましたが、ブラジルでは、日本人を先祖

に持つ彼らは、修身の学習など、戦争以前にあった日本精神、

文化を継続している、素晴らしい日本人コミュニティーを築いていて、

高いモラルを保持し、ブラジルという国に多くの貢献をして、日本

人として、大変良い評価を得ています。

 

*ブラジル社会で活躍する日本人の底力、日本の伝統と

精神を守る日系人*

http://ameblo.jp/nikkyuk/entry-11884776423.html

 

ただ、どういうわけか、世界最大の日本人コミュニティーを持っ

ているブラジルのパスポートでは日系人であっても日本のビザ

を取ることが難しいということで、そういうことを考慮しない政府

に疑問を感じます。

 

彼は、複数の日本の楽器を演奏し、また民謡も歌います。

 

また、演奏者の中に、熱心にやっている日独のカップルがいまし

た。

ハッピを着てはりきっているドイツ人の男性もいました。

 

観客の中にも何人かの日本人の着物姿と、金髪女性の着物姿

を見かけました。

全体に大変エキゾチックな雰囲気が漂っていました。

 

開幕後、初心者風の演奏から始まって、中間から、かなりのベ

テランの演奏へと進んでいく中で、久しぶりに聞く東北民謡の

三味線の演奏と歌は、古き良き昔の懐かしい日本を感じさせら

れるのに十分な迫力がありました。

 

西洋人が流ちょうに三味線を引く姿も結構きまっていて躍動感

もあり、感動的でもありました。

 

North London Trinity Church

 

さすが..の日本人の演奏

 

日本では、一部の専門家の特技に限られてしまった感のある

伝統(芸能)文化を、国外の人たちが相続し、追求し継続して

くれるのは、本当に不思議でもあり、また喜ばしいことでもあり

ます。

 

日本でも、モダンな西洋文化がもてはやされているような社会

の風潮に対して、私のブロ友さんたちも含めた、ある一定の人

達が、生け花や茶会などを広めようと、大小のイベントを催して

おられますが、外国人の中にも、日本文化に傾倒し、和食を

筆頭に、こうして素晴らしい日本の芸術である染や織りの着物

、茶道や、生け花、音楽、日本画、おりがみ、マーシャルアート

などを真剣に広めていこうと頑張っている人々が少なからず

いるのです。

 

それぞれの分野で熱心に学び、ハイレベルを目指して努力をし

ている人も多いのです。

まさに人生の修行の道を歩んでいるのですね。

 

それにしても、現在の利益中心の世の中にあって、すべてを損得

で判断するような世の中に、人々はうんざりしているのではない

でしょうか?

 

人間は宇宙の一部であり、また、人の内部に宇宙が宿る神秘的

な存在だと思います。

 

人の内面、精神面が幸福でなければ、生きている価値があるで

しょうか?

 

極論を言えば、環境や物質は人にとって、心身ともに豊かに暮ら

していくための状態、手段であって、それら自体の価値もさること

ながら、それらによって人々が喜びを感じ、愛することを学び、社

会の中で切磋琢磨しながら成長し、人の道に対しては時には厳し

く、そのうえで互いを思いやりながら、調和のある、豊かで平和な

社会を構成することが理想ではないでしょうか?

 

日本は古代から天皇と国民が親子のような関係を保ってきた

家族のような稀有な国です。

 

3000年の歴史を通して築かれてきた、まさに上記の内容が実現

されている、このような日本に世界中の人々が魅了されるのは、

そこに人類の本来あるべき精神性が内包されており、それが姿

形となって現れるため、人種に関係なく人の心をつかむからでは

ないでしょうか?

 

最近、私と友人達は、一昨年開店した日本の呉服屋さんが

催す行事に時々参加していますが、こちらでは珍しく本格的な

内容のあるエレガントなお店で、とても気に入っています。

 

以前、ブログにも書きましたが、私自身も、ボランティアレベル

ですが、かなり熱心に日本文化を紹介するイベントなどをやって

いた時期があり、その頃、いろいろなグループからコラボを頼ま

れたりしたのです。

 

私は、傲慢かもしれませんが、内外共に質の高さを求めていた

ので、他のグループとのジョイントはあまりしませんでした。

 

というのは、深い内容の日本の伝統文化を、ただ、お祭りのよう

にして、うわべだけのパフォーマンスを現地の人々に披露する

ことは、日本人としてのプライドからして、納得できないという気持

ちがあったからです。

 

..といって私がものすごくプロフェッショナルかといえば、ただの

主婦でアマチュアです。

 

にもかかわらず、私としてはベストを尽くして日本の心を伝えたい

と思っていたのです。

 

しかしながら、本国から遠いこのイギリス、ヨーロッパで、100%

日本を表現するのは到底無理なことなのですね。

 

それで、日本のいろいろなイベントを見たり、時には参加したりし

て、かなりの妥協をせざるを得ない、ということを理解したのです。

 

また、私たち日本人は日本人の演出に対しての評価はどうして

も厳しいものにならざるを得ないのですが、外国人が一生懸命

やっているのを見ると、ついつい甘い見方をしてしまうということ

があります。

 

全く違った背景で育った人たちが、特殊で高度な日本文化を

習得するのは、並大抵のことではないということは理解できま

す。

 

日本文化の魅力にひかれ、その難しさに挑戦して頑張っている

姿には、やはり心を動かされるものがありますね。

やはり、そこには崇高な目標があるのだと思います。

 

今まで何度も書いてきたように、日本精神が基本になっている

我が国の伝統文化は、世界に類を見ない、あらゆる面から見

て完璧に近いものです。

 

このようにして、人々を魅了し、かなりの勢いで、いろいろな形

で世界中の社会に浸透していくのを見れば、ある意味におい

て、日本が世界を席巻する日が近づいていると感じられます。

 

外国で、このように日本趣向の雰囲気が広がってきている

現象をみていると、宇宙の意識が世界中の日本ファンを促し

て、「JAPAN、頑張れ!」と、いろいろな方面から日本を励

まし、伝統日本復興のための応援、手助けをしているように

も感じられるのです。

 

 

日本文化に触れた時間

慶子フラワーアカデミーにてフラワーアレンジメントレッスン

の後、日本から来られた先生の茶会がありました。

昨年9月

 

最近行ったPaper Art Fair

ロンドン、ケンジントンにて、

 

イギリス人アーティスト達による日本の版画

 

先日夫と散歩した近所の公園

 

近所のスーパーマーケット

 

西ロンドン、友人宅の周辺景色

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。