本日、小池百合子さんの保育園視察に伴い
報道各社の取材が入りました。
いままでもテレビ新聞の取材は何度かありましたが
こんなにいっぺんに沢山のカメラが来たのは初めてですね。

http://ameblo.jp/nikkorihouse/entry-12178483822.html


そして、産経新聞に出ました。

選挙の時はたくさん注目されますが、選挙が終わったら忘れられてしまうのでは問題です。

保育園の意味や役割、ただ大変だ、頑張っていると言うことでなく、保育士の専門性とは、その結果がどのような将来的な影響があるか、本当の問題点はどこにあるにか?

待機時問題や、悲しい事件も多数ありますが、表面きな問題は入り口として、保育園という仕事、子どもを育てるということ、それは日本を支えていくことでもありますから、これをきっかけにかんがえてもらえればとおもいますが。。。

http://www.sankei.com/smp/politics/news/160708/plt1607080030-s1.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter




激動の取材のあと、書類関係をこなしたり、会議に出てたら、さらに取材が来ることになり!?
夕方から保護者の声や、園長としてインタビューを受けました、月曜日の、ニュースアンサーで放映される予定とのことです。

取材等は日常の保育になるべく支障の無いようにお願いしていますが、職員や子どもや保護者にも対象なりとも負担はあります。
それでも取材を受けるのは、保育現場の現状や思いを発信していかないと、認知もされな今まであったり、誤解されたり、結局現状が変わらないからなんですよね。

やらない善よりやる偽善の方が助かる人がいます。
口だけどれだけ良いこと言っても、行動しなければ何にもならないですからね。
現場に足を運ぶということは、仮にパフォーマンスであったとしても、そこに伝えたり、気づくきっかけはありますからね。

職員の頑張りもあったでしょうが、あれだけマスコミが来て、近くに寄ってきても子どもたちが泣かなかったのは、子育て関係の問題に向き合う気持ちは本物なのかなと思ってみましたが、子どもたちは色々見抜きますからね〜。

いずれにせよ、選挙の時だけ注目したり取り上げるのでなく、その後どうするかの方が大事ですけどね。

まあ、政治的な云々はどうでも良いので、子どもたちを育てるということの意味が、なんだか別になったりしてる気のする今日この頃、地域の宝なんですけどね。


昨日の講演会良いから今から是非と聞いたのが、長野の戸隠!?急いで戻っても7時間半かかる距離でしまから、今日の方に参加。

展示会では代表の方と色々お話できたので、良かったです♪

私も発達障害支援をずっとやっていますが、ほんと薬による治療は最後の手段なんですよね。


それが第一選択になったり、それ以外がおろそかになるようだと問題になると、発達障害支援の法案が通ることに対して、支援は必要だが、薬剤がらどんどん使われるようになることへの危惧からの、そんな問題提起な展示会でした。
(莫大なお金が動きますからね~、医者よりも薬局の方が倉が建つご時世ですし。)


もっと突っ込んだ事をいうなら、発達障害自体は持って生まれた特性ですが、そこから先&愛着障害や適切な教育を受けないことに起因するものは、親の影響だし、環境の影響だし、教育の影響です。
まあ、育てたように子は育つわけですが。

ただ、親が悪いというよりも、適切なやり方を知らなかったり、知識がなかったり、環境に恵まれていなかったり、親自身も困っていたりなので、適切な支援が親子ともに必要なわけです。

そもそも手もかかるし、大変だし、周りの理解もなかなか受けられない中、子育て自体が大変だったり、昔みたいに子どもが自然の中でのびのびと育てる環境がないですからね。


かと言って、開き直ったり、発達障害だから仕方ないでしょ、理解しろ配慮しろというのはまた大問題ですが。。。


けど、発達障害も、その他の要因でも、出てくる症状や行動は、どれも同じ診断基準に引っかかるから、発達障害が増えたり、発達障害だと思われているわけです。

もちろん、薬以外のアプローチは、発達障害だろうと愛着障害だろうと、一緒ですから、どの診断でも良いわけですが(成長につれ診断名も変わるでしょうが)、名前にとらわれすぎる弊害もありますね。

また極端な理論が流行ったり、疑似科学だったり、新興宗教だったり、極端な理論に流れることも出てきます。
これさえやればOKなんてものはありません。

怪しいサプリとかレメディとかもその類です。
まあ、プラセボ効果も馬鹿にはできませんから、信じて効けば、デンプンの粉でも良いわけですが。


昨日の講演会は、食事療法が有効だったケースについてだったようですが、それも、薬物に頼る前に、きちんとバランス良く栄養とって、睡眠とって、体を適度に動かしてが大事ですからね。

昨日のケースだと出汁を取って料理する、それで発達障害の症状が良くなった。
化学調味料が発達障害の要因で出汁にしたから改善されたと単純なものでもなく、そのことで子どもとの向き合い方や、色々な要素の変化も大きいんだろうなと。

壁のシミが顔に見えるではないですが、コンピュータが人間の脳をなかなか超えないのは、全部を処理してしますから。
逆に、人って不確定だったり複雑なものはストレスなので、単純化したがるんですよね。

日常では大切なことですが、重要な問題では、単純化せずにきちんと知って向き合っていく。

ちゃんとした知識を持つことが大事なのかな~。
入院してるわけではないので、薬が出ても、最後飲ませるのは自分なので、セカンドオピニオンを持ったりも、大切になってきます。

まあ、学校とか保育園とか、知識がないところがほとんどだから、大変なのは障害にして医療に任せちゃうのが楽でしょうし。
医者が言ってて、薬が出てて、そこにすがるのでしょうが。

そもそも、専門家が少なすぎるなかで、小児科医に診断させるってどうなのと?
とんでもない医者多いですからね~(苦笑)


小学校に行かなきゃいけない、何てことはなく、教育の義務は子どもに教育を受けさせる義務ですから、楽なのは公教育だけど、別の選択肢でも良いわけなので、無理に行かせなくても良いんですけどね。

とは言え、完全に排除するのでなく、行かなくても所属して地域に属してることは必要ですが。

選択肢をたくさん持てることが大切なことですが。
引かれたレールを進むのが楽だし安心なんですよね。