今日は第三金曜日、毎月恒例!?子育ての宝探し、発達障害勉強会です。

会場は、装い新たに、四月から児童発達支援・保育所等訪問支援、にっこり相談室として新たなスタートを切りました。


{EE6635EA-9271-4F95-BDAC-A22CEE70A824}



設備もだいぶ整い、素敵なお部屋になりましたから、新しい児童発達支援を見がてら来て見てくださいね♪


{A7749139-6443-46BA-86E7-E520A2D8E52D}



にっこり相談室は入学前の発達障害支援に力を入れた児童発達支援です。

それ以外の障害でも受け入れ可能ですし、子育てで困ったり、気になることがあったり、そんな時、お気軽に相談に来てくださいね。



{7DDA2D0A-E3DA-4CDF-915C-38BF4C06ED11}



なるべく小さいうちは薬に頼らず、早期発見早期療育と言われますが、きちんその子一人一人を把握し、環境を整え、適切な対応をとることで、子どもたちは大きく成長しますし、困ることも減っていきます。



{972C3855-B124-4317-894E-6F28799A72EE}



自己肯定感を高めて、生きる力を育てる、何より発達障害で一番困るのは、その事自体よりも、上手くいかなかったり、困ったり怒られたりしする中で、二時障害になる事です。



{BE8D092D-E8C9-4BBC-8430-7EFCF3353110}




早めに気がつき対応することは、二時障害の予防にも大きな成果があります。

とは言え、一口に療育と言ったものの、内容にはかなりのばらつきがあります。

そして何より、困ったり悩んだりしているお母さんお父さんの支援にも力を入れている児童発達支援ですので、にっこり相談室と名付けました。


{901A63C5-6676-4D2C-BFDB-A447A756855F}





もともと、にっこり相談室としカウンセリングや子育て相談を受けていたので、場所が少し変わり事業所としての認可を受けましたが、保育園や相談室として、発達支援や相談を長年行って来たのが、新たなスタートを切る感じです。


{3E78D7F9-E3ED-4135-B631-BED47422E8C3}





何分新しいスタートと仕事が多すぎて、ようやくホームページが概ね完成して、現在パンフレット作っているところで、まだまだ宣伝すらできていませんが、お部屋も素敵になって、受け入れ準備はできていますので、子どもの発達で悩んだり困っている方がいましたら、こんな素敵なところで来たよと、お知らせしていただけると助かります。


{31D094AD-7374-4C72-88CE-D6335FB50225}





にっこり相談室

http://www.hattatu.tokyo


にっこりハウスのパート保育士募集です。
四月から(三月からでも可)、週2日からの募集です。

早番7時30分10時00〜10時30分
遅番16時00分19時00分〜19時30分
(終わりは子供の状況による)

誰か居ましたらご紹介お願いします。

ハローワーク閉まるギリギリで飛び込み。

無事求人を出せました。

保育補助&事務の方が今朝!?急遽内定辞退なので追加募集中です。

保育園の早番パートも募集中です。(保育士、子育て支援員)



四月からスタートする、児童発達支援『にっこり相談室』のスタッフも募集しています。

発達障害を中心とした、入学前のお子さんと保護者の支援です。


臨床発達心理士、臨床心理士の方、保育士、言語療法士、精神保健福祉士等々、福祉系資格持ってる方優遇です。

専門家も少なく、未経験な人がほとんどな分野ですから、学ぶ意欲のある方なら未経験でも歓迎です。


発達障害という言葉が一人歩きしている面もありますが、大切なことは、早めにその子の特性に気づいて、あった対応を取れると、その先であまり困らなくなります。


放課後等デイサービスや、児童発達支援の事業所がすごく増えましたが、小学校に上がって、幼稚園保育園時代の子の相談を受けて思うのが、今まで何をやって来たの?という事例の数々も。


数は増えたけど質の問題がとても問われています。

最近は、小さいうちから強い薬が出されて治療だと思われたりする面も。

対症療法はありますが、障害と言われるのはもともと持った特性や、閑居舞うから獲得したものだから、薬で治るものではありません。


何より、子どもたちは生きる力を持ってます。成長する力を持ってます、専門的には脳の可塑性なんて言ったりもしますが、適切な刺激や経験によって成長して補っていきます。



教育の担う面、日々の関わりの担う面、いろんな特性があったり、いろんなタイプがありますが、診断名ってそこまで大切じゃないですし、本当に必要なことってそんな複雑なことではないんですよね。

けど、食べ過ぎは良くない、運動した方が良いとわかって居てもなかなかできないように、簡単なのとでもやるのは大変だったりします。

そんな時、一人じゃ難しくても、アドバイスをくれたり、自分に合ったやり方を教えてもらったり、一緒にやってくれたり応援してくれたら、続けられるかもしれませんよね。


それが、こうした施設の大切な役割でもあると思います。

保育園で当たり前にやってることかもしれません。


けと、やっぱり定型発達の子と比べると育てにくかったり、みんながやってるやり方がダメだったり、自責の念にかられたり、大変だったりします。



保護者の支援も大切です。寄り添って、悩みを聞いて、一緒に困ってることを乗り越えて、なので送迎はしません、親子で一緒に参加して学んでもらいます。


保育者訪問支援(保育園に行って様子を見たりアドバイスしたり)も始める予定です。


1からの立ち上げですから、決まったもののない状態からのスタートです。

そこにやりがいを感じられる方、是非一緒にお仕事してくださいな♪



それと、四月から学童保育も始めますので、そちらの指導員も募集中です(こちらは、送迎もあるのでよう普通免許)

まずはお気軽にお問い合わせ、見学に来てくださいね♪


{8D0F97E9-0176-4B82-8BC5-10D39CCA4FF8}