2014年05月06日

渡辺淳一氏死去 -追悼ー

テーマ:連載小説
恋愛小説 人の本質追求 -1面、社会面-

中高年の性愛を大胆に描いた「失楽園」などで知られる作家の渡辺淳一さんが4月30日、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去しました。80歳でした。
初期は医療などをテーマにした社会派作品が多くありましたが、後年は大人の恋愛を描いた作品が話題を集めました。日本経済新聞で連載した「化身」や「失楽園」「愛の流刑地」はいずれもベストセラーになりました。

昨年の「私の履歴書」も楽しく拝読させていただき、まだまだお元気なんだろうと思っておりましたので驚いております。

「愛ルケ」では本当に楽しませていただきました。
本紙(本ブログ)の記事やコメント欄で読者の方とともに時に笑いつつ時に怒りつつ、時に厳しく時に生温かく、突っ込んだりネタを広げたり明らかに脱線したり、あんな盛り上がりは二度と経験できるものではないでしょう。
ありがたい経験をさせていただいたと感謝しております。

個人的に知るわけでなく、作品ですら日経連載以外ほとんど読んでもいないので、先生を評するのは難しいのですが、素人の記者(私)があれだけ突っ込んだのに、最後は自らのブログで温かく声をかけてトラックバックまで貼り付けるという見事な切り返しをなされたことは、ただの「鈍感力」ではなくスケールの大きさの表れだったのではと思っております。

心よりご冥福をお祈りするとともに、最後に日経社会面に載っている文芸評論家の川西政明さんの話を「突っ込まずに引用」することで、「黙祷」がわりの本紙(本ブログ)並びに記者(私)の追悼の意の表現とさせていただきます。

「誰も追随できず」
文芸評論家、川西政明さんの話
医学や歴史、恋愛など、扱うテーマの幅を広げ、50年近く流行作家であり続けた。貪欲に取材し、レベルを落とさずに書き抜き、駄作と呼ぶ作品がほとんどない。性愛を扱っていても低俗にならず、広く受け入れられる土壌をつくったが、批判も浴び大変な苦労だったはずだ。恋愛の理想を表現したのが「失楽園」や「愛の流刑地」。作品の多くは自らの経験をもとにした、いわば私小説で、まねをしようとしても誰も追随できない。

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

にっけいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

13 ■追悼m(__)m

渡辺先生の訃報のニュースをみて、『にっけいさんはどうしているかしら……?』と、思っておりました。

更新、ありがとうございます!
にっけいさんが記事を上げてくださった事で、こうして、連載当時を偲んで追悼コメントを上げる事が出来ました。


ニュースをみて、性愛を題材に医学の知識を含めて、作品を執筆された作家さんが、前立腺癌で逝く、と言うのは、何か運命的だなぁ。。。と思っています。


私は、にっけいさんのブログを介して『愛ルケ』を知り、著作を拝読致しました。
当時の盛り上がりは、今時のWeb用語で言うなら『バズッた』ですね。
そんな意識もせずに、話題に参加して参りましたが。

にっけいさんがブログでなし得た現象は
『ブロガーが話題にすると、購買に影響がある』
と、言う事象のひとつであったかと思います。
もちろん、口コミ→売上げにも貢献されたのだと思います。
渡辺先生もニヤリ。と、なさった事でしょう。

にっけいさんと渡辺先生は、運命的な何かがある筈。
にっけいさんも、くれぐれも前立腺にお気をつけくださいませ。。。m(__)m

12 ■魂と身体が離れる日

連休中の車中に流れるラジオで訃報を知りました。

驚くと共に、「にっけいさんはどうしてらっしゃるか」と思いました。

『愛の流刑地』を読み直してみようかな。

私は渡辺氏の評伝小説が好きでした。


こころからご冥福をお祈りいたします。

11 ■無題

お久しぶりです。
にっけいさんもお元気でいらっしゃいますでしょうか。

渡辺先生の突然の訃報には驚くばかりです。

2006年1月の連載終了から8年超ですね。菊治氏が「懲役8年」だったこととの、何かの因縁を感じます。
8年という歳月は、塀の外であわただしい毎日を過ごしていれば、過ぎ去ってしまえばあっという間でしたが、塀の内で一日千秋の思いで出所を待つ受刑者にとってはとてつもなく長いのでしょうね(菊治氏はもっと前に仮出所をしていると思いますが)。

先生のご冥福をお祈りいたします。

10 ■お久しぶりです

渡辺先生の訃報を聞いて、まずこのブログを思い出しました。あのころは『愛ルケ』の先の読めぬ?展開に一喜一憂して日経小説欄を読み込み、こちらのブログのにっけいさんの記事やコメント欄を楽しく読ませていただきました。
リアル(紙)とヴァーチャルのコラボを初めて堪能できた気がします。
あのころはにっけいさんもお忙しい中、ほぼ毎日記事を書いてくださし、とても楽しかったです。
ありがとうございました&渡辺先生のご冥福をお祈りします。

9 ■にっけいさん!

今検索して、こちらのブログに引っ越されたことを知りました。
あれは9年前でしたでしょうか。
リアルタイムで、にっけいさんのブログ拝見しておりました。
確か、何回かコメントもした記憶がございます。

思えば私が初めて、「ブログ」なるものを定期的に読むようになった、最初のブログでっした。
友達と毎日、「今日の愛ルケ見た?w」「今日のにっけいしんぶん新聞見た??www」と爆笑しあったものです。あの頃は本当に楽しかったです。
先ほどその友達と「よく笑ったよね」とメールで話していて、ふとにっけいさんの事がどこかで書かれていないかと思い立ち、検索したのです。
随分前に、ブックマークが無効になっていたので、それきりになってしまい・・・
アメブロにいらしたので感動しました!

あの時は本当にありがとうございました。

またこちらに参ります。

8 ■謹弔

やはり ここにいらした方が多いですね。
渡辺淳一さんの思いがけない訃報に真っ先に思い出したのは にっけいさんのブログのこと。

私は「遠き落日」、「光と影」などの硬派の作品を入口に渡辺文学のファンになり、正直なところ
「愛ルケ」には愕然としたのですが、にっけいさんのブログが楽しみで、この盛り上がりに参加したい一心で「愛ルケ」も日々精読したものです。

今朝は家族とひとしきり にっけいしんぶん新聞の楽しい思い出を語ることで在りし日の渡辺先生を偲びました。

にっけいさん、お忙しい毎日とお察しいたしますが、どうぞお身体を大切になさって下さいね。

我々もいつかは行く道ですが、努力で叶う範囲で健康を保ちたいものです。

7 ■無題

昨日今日と続けておじゃましております。
にっけいさん、早速の更新ありがとうございました。
毎晩、にっけいさんの更新を心待ちにしていたあの頃を懐かしく思い出しております。
新聞小説から次々に出てくる???に気持ちがあふれて、でも回りの人たちとの話題にすることもできずパンクしそうなときににっけいさんのブログを見つけることができました。にっけいさんのツッコミにどれだけ笑ったことでしょう。
にっけいさんと皆様と過ごしたあの不思議な楽しい時間がとても懐かしいです。
にっけいさん、みなさまありがとうございました。
渡辺先生のことははるか昔に読んだ「阿寒に果つ」あたりを読み返すことで偲びたいと思います。

6 ■ありがとうございました

にっけいさん、おひさしぶりです。

『愛の流刑地』連載時から皆さまとこちらでおしゃべりしつつも
いつかこの日が来るんだろうなと、何となく考えたことがありました。

高校時代からなんだかんだと渡辺先生の著作は拝読していましたので
私は立派なナベジュンファンの一人だったのだと思います。
先生が終生貫かれたテーマは、
その訃報に触れるとこれまでよりも大きな意味を持って感じられます。

それにしても、皆さまと集ったあの『愛ルケ』の日々!
冬香の運命やいかに、のあの夏の終わりの週末、
共に完走を喜び合った最終回の日。
本当に本当に楽しかった。
新聞小説を読むことの面白さもこの時知りました。

あの経験を与えてくれた渡辺先生、
にっけいさんと読者の皆さまにもう一度御礼申し上げます。
そして渡辺先生のご冥福を心からお祈りします。

5 ■無題

にっけいさん、お久しぶりです。この連載が楽しみで毎日ここにきておりました。そういう意味では、本編の連載なしにはここ「にっけいしんぶんしんぶん」での楽しい時間もなかったのだな、と本編連載中はいろいろ腹立たしかったものの今はなつかしくおもいだします。ご冥福をお祈りします。

4 ■無題

嗚呼、やはり皆さんここに集まってらっしゃいますね。
渡辺先生を追悼するのに一番ふさわしく、かつ落ち着く場所が残っていて本当によかった(はぁと)

これから思い出の連載小説カテを読み返し、故人の御冥福をお祈り申し上げます。

3 ■無題

ひさびさの更新がこのような形では、寂しすぎますね。

2 ■無題

渡辺先生といえばにっけいさん、を思い出す私なのでやっぱりここに来てしまいました。
ブログが残っていて、にっけいさんの更新も!

今日の日刊スポーツの見出しも「愛ルケ」でしたよ。
改めて「連載小説」のカテゴリを読み返し、笑い、懐かしい思いと共に
しばし御大を偲びたいと思います。

にっけいさんも変わらずお元気でいらっしゃいますように。

1 ■無題

久しぶりのブログ更新がこんな記事になろうとは。
寂しいですね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。