2006年05月01日

太極拳で体温める -個人的思い入れ-

テーマ:人・履歴書
シンガーソングライター 遊佐未森さん -29日「プラス1」14面「私のリフレッシュ」-

もう20年くらい太極拳をやっています。
緊張すると体が冷える体質ですが、簡単な型の運動をすると芯から温まり、おかしい部分が痛くなって体調もわかります。そのまま続けると気が流れるのか、痛みがとれるのも実感できます。コンサート前の楽屋でもしています。
5年ほど前に神奈川県の海沿いの町に引っ越しました。多摩川を隔てて空気も違い、オンとオフの切り替えがはっきりする生活が気に入っています。毎日海を眺め、休みの時には友人宅の庭に花を見に行ったり、青果・魚市場に並ぶ地元でとれたての食材で料理したりと季節感のある暮らしをしているのも、一つのリラックス法ですね。



「遊佐未森」


なかにはこの四文字を見て、深山幽谷とか酒池肉林とかと同様に四字熟語と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。
「ゆさ・みもり」というシンガーソングライターさんです。

こんな方です。

遊佐未森


まあたいがいお察しがつくでしょうが、記者、好きなんですよ、むかーしから。
いや、正直に言うと「むかーしから」というよりは、昔はまっていたというほが正しいでしょうか。
こないだたまたま「みんなのうた」で彼女の曲(「クロ」という曲)が流れてて思わず聴き入りましたが、遊佐未森ワールドが変わっていなくてほっとしたところです。

一般にはあまりメジャーでない彼女の曲ですが、17、8年前にアーノルド・シュワルツェネッガーさんが出演していたカップヌードルのCMで流れていた超音波的な高音の声の曲だ、といえばわかるでしょうか。
いや、わかるわけないですね。
もう誰も覚えていないでしょうね。
「地図をください」って曲なんですけどね。

ありていにいうと「癒し系」なのですが、ファンタジックな絵本のような曲で独自の世界を築いているのが特徴です。
好きな人はとことん好き、受け付けない人は受け付けない、そういうタイプの音楽かもしれません。

しかし記者、なんで人生で最もちゃらんぽらんだった学生時代に彼女の歌声に癒しを求めたのかはわかりませんね。
そんなに嫌なことがあったのでしょうか・・・。
いや、自虐的に過去をさかのぼるのはやめておきましょう。

家のCDラックに何枚かあって、いまだにときどき聴いています。
特に「ハルモニオデオン」ってアルバムが好きですね。
もちろん?「空耳の丘」も好きですけど。

よし、久しぶりにアフィリエイトを貼ってみましょう。

えーっと・・・

・・・。
また取り扱ってないよ、楽天で「ハルモニオデオン」は・・・。
国内全タイトル取り扱いじゃなかったのかよ・・・。
インディーズじゃないだろう、遊佐未森さんは・・・。
ちゃんとアマゾンには置いてるじゃないの・・・。

ほら。



遊佐未森

ハルモニオデオン



って、あれ?
画像がありませんよ。
やっぱり思っているよりもさらにマイナーなんでしょうか、彼女は・・・。
ジャケットもファンタジックでいい感じなんですけどねえ。

あ、でもこっちは画像もあったぞ。
よいしょ。




遊佐未森

空耳の丘



さ、寝る前にでも聴いてみるかな。

ということで記者、連休の谷間もカレンダーどおりきっちり出勤する疲れを、彼女のCDを聴いて癒すことにします。
みなさまもよい連休をお過ごしくださいませ。

なお彼女の楽曲を行楽や旅行のドライブ中に聴くというのはあまりお奨めいたしません。
渋滞のイライラは解消されるかもしれませんが、疲労のたまっているときには導眠効果もありますので・・・。



顔写真画像:日経新聞より。
AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

にっけいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

26 ■素敵でしたよね。

僕が聴きまくっていた空耳とかハルモニのような初期の頃の曲はなく、知っている曲は「クロ」くらいでしたけど、それでもじゅうぶん楽し未森ワールドを満喫しました。
ほんとにゆったりとした時間の流れる素敵な方ですよねー。

大江千里さんの声を聴くのも久しぶりでしたが、とにかく楽しかったです。
最後に撮ってもらった記念写真、せっかくだからちゃんと保存しておきましょう。

25 ■わー、私も行ってきました!

にっけいさんも行かれましたか!
半年前から、なぜかじわじわと私のなかで未森リバイバルが始まり、そんな矢先に「にっけい」さんでの記事で更にボルテージが高まって・・・ついにライブまで行って来ました。
いやあ~、素敵でしたよね?
未森さんを聴いていたのは今から15年ほど前の中学生の時だったのですが、ライブですっかり未森ワールドに包まれ、例えどんなに外見を装おうが、自分はニキータじゃなくソラミミスト(未森さんファンの意)である、という原点を再確認しましたよ・・・。
それにしてもズン先生から未森さんまで、
レンジが広いというか、清濁あわせ飲むとはまさにこのこと!「にっけい」さんを読むと、世界の奥行きの深さをしみじみと感じます。

24 ■行ってきます!

いや、サイン会じゃなくて、遊佐未森さんのライブに。

あおいさん、情報ありがとうございました。
当せんしました。

23 ■ハルモニオデオンに画像がない!?

遊佐未森~~~~~~~~~!!!!
す、すみません、通りすがりのROMなのですが、あまりにも懐かしかったので、思わず食い付いてしまいました。
しかし『ハルモニオデオン』に画像がないとは……、ものごっつショックでございます。探してみたところ、ウチには何故か『ハルモニオデオン』がなくて『roka』しかない……アレ、アッタハズナノニ?
 おかげさまで、なんだかもう一度聞きたい気持ちがムラムラとわき起こりました。(こ、購入しちゃいそう……)
にっけいさん、ありがとうございました。

22 ■森の言葉

(とっても遅れたレスですが)ワタシも遊佐未森大好きでした。
初めて買ったレコードはTM NetworkだったのでEpic Sony派だったのかも知れません。

21 ■ライブ

こちらで話題になっていたものですから、見つけて思わず申し込んでしまいました。
にっけいさんもいかがでしょうか…?

20 ■同じ細胞

持ってる人がこんなにいて嬉しいです~
今日、未森さんの「roka」聴きながら掃除してました。大貫妙子さんもそうですが
日常に合うんですよねぇ。
皆さんのカラオケ話も激しく同意!
私も「タペストリー」歌って皆にひかれた経験アリ。
でももっとドンびきされたのは
ケイトブッシュの「嵐が丘」歌った時かな?

19 ■あぁ懐かし。

レスされている皆さんと同じく、ドップリはまってた世代です。はい。白状します。
PATIPATI読んでたなぁ。GUITAR BOOKとか。渡辺美里も好きだったんで、EPIC派でしたが。
こんなところで思い出すとは。いやはや懐かしい。

18 ■0の丘∞の空!!

ああ、大好きでしたー…。
でも、確かにドライブには向かない。。
向かないけれど、スカッと晴れた天気の良い日に、高速飛ばしながら聞く遊佐三森さんは気持ちが良い気もします。
(アドレナリンが分泌されるのは、私だけかもしれませんが…(笑)。)

そう言えば、昔ラジオのパーソナリティーもされていましたよね??


17 ■雲のない青空は~高く♪

遊佐未森さんの曲は、高音がとても澄んでいて、学生時代合唱部だった私歯ちょっと憧れの存在でした。カラオケに入っているとうれしくてよく歌ったものです。
最近(といっても数年前だと思いますが)昭和歌謡(宵待草とか?)を歌ったCDをリリースしていたと思います。買っとけばよかった・・(~o~)

16 ■雲のない青空は~高く♪

遊佐未森さんの曲は、高音がとても澄んでいて、学生時代合唱部だった私歯ちょっと憧れの存在でした。カラオケに入っているとうれしくてよく歌ったものです。
最近(といっても数年前だと思いますが)昭和歌謡(宵待草とか?)を歌ったCDをリリースしていたと思います。買っとけばよかった・・(~o~)

15 ■今日は全国的にいい天気みたいですねぇ。

と、表題に書いたら、「地図を下さい」の一節、
「住み慣れた街の真ん中で、悲しい迷子になるようで」
がすらすらと出てきました。
別に熱心に聴いていた訳でもなかったのですが、
なんか独特の味わいがあって、忘れがたいです。
この半年くらい、昔録音したカセットテープをmp3に変換しているんですが、
学生時代に愛聴していた「さだまさしのセイ!ヤング」とか出てきて、
懐かしいと同時に未だに笑える内容で、ちょっと感動しました。(私事すみません)

14 ■0の丘∞の空

!!

曲名が挙がって意味なくふたたび反応してしまいましたよ。
この曲、私のいちばん好きな曲かもしれないもので・・・。
ちなみに今、ハルモニオデオンをかけながらコメント書いてます。

ところでどうでもいい話なのですが、
>The東南西北
それほど好きなわけじゃなかったんですが、私が昔ラジオ番組にネタを投稿していたときのペンネームが「The東南西北大四喜」というものでした。
ほんとどうでもいい話ですみません・・・。

13 ■>酢ジャズさん

「PATI-PATI」「ジャストポップアップ」!わあ、一緒だぁ、と思ってしまいました。ちなみに当時の私のソニー系ベスト3は岡村靖幸、The東南西北、種ともこさんでした。ただ、ユニコーンのデビューで吹き飛んでしまいましたが…。

12 ■わーい!

全部判ります~~~!
ザバダックもカラクも。
表記のほかのアーティストの皆さん、ル・ルティモが主催してたライブですよね~殆ど。
遊佐未森のCDは実は生まれて初めて買ったCDなのです。
あまり恋愛的な歌詞が好きじゃないのでああいった童謡の延長というか、絵本的な叙情派ロックはとてもツボでした。
カラオケでは、最盛期で
「瞳水晶」「0の丘∞の空」「地図をください」「つゆくさ」「夏草の線路」あと、4曲くらいかなあ?
今は殆ど残ってません(泣)
にっけいさん、すっごい親しみを感じてしまいました(笑)

11 ■私も大好きです

「僕の森」とか、「0の丘∞の空」、とかすごく懐かしく思い出しました。
今、東京に住んでいますが、なんとなく帰り道に「東京の空の下」を思い出したりします。私も2冊くらい本持っています。
それにしても写真の遊佐未森さん、10数年前とほとんど変わりませんね。

10 ■全部わかります(爆)

遊佐未森さん、昔好きでした。谷口さん、ザバダック(カラクもありか?)、クレヨン社、もちろん通っております。
「桃と耳」くらいまでは持っているはずです。当時出ていた本(えらく装丁が美しかった)もまだ実家にあります。スピッツの「野生のチューリップ」をシングルリリースしてましたね。
懐かしい・・・。

9 ■硬質な

遊佐未森さん。
反応してしまいました。

好きです。とっても。
この人と大貫妙子さんはヒーリングに欠かせません。

8 ■ああ…

ラジオで「暮れてゆく空は」を聞いて衝撃を受け、出るたびに全アルバム買ってそろえてましたが、離○時になぜかとられましたorz
記事で紹介されたCDは中古で買いましたが、他全部買い直すか悩んでいるところです。変な話ですみません。

ザバダックはしりませんが、谷山さんの「まっくら森」は好きです。

7 ■その路線

ぺこぽこさん、ザバダック知ってます。姉がコンサートに通い詰めるほどハマっていましたので…

といいつつ、中学生時代の私本人はあんもちさんと同様CBSおよびEPICソニー派でした。「PATI-PATI」なんかもよく読んだものです。
ようやく本題ですが、遊佐未森さんももちろん押さえてますよ。彼女との出会いはNHKの「ジャストポップアップ」。当時にして業界受けしているというすごい紹介の下に登場した彼女の超ハイトーンボイスと、ダンスとまではいかないゆっくりした不思議な体の動き、衝撃でした。「星屑のプラッツ」てな曲だったかな…

すみません、なんかうれしくなって語りすぎました。

6 ■んん?

うちの読者さんには思いのほか遊佐未森ファンがいるということなのでしょうか。
しかし「夏草の線路」がカラオケに入っているとは驚き。
こんなの歌われたら、みんな引いてる中で私一人身を乗り出して一緒に歌って盛り上がっちゃいそうですよ。

ちなみにぺこぽこさんのおっしゃる路線、私は通りませんでした。
残念ながら後ろのお二方?にいたってはまったく存じ上げませんです。。。

5 ■わあ、懐かしい。

遊佐三森さん、私も『夏草の線路』をカラオケで歌って、誰も付いてこれない人の一人です。。。

ところで、『遊佐三森』さんを通る人は
『谷山 浩子』さん『クレヨン社』、『ザバダック』の道も通っている、と思うのは
私だけでしょうか?

マイナーすぎて、カラオケの楽曲のリストからだんだん削られていっているラインナップですねえ。。

4 ■「ほう、遊佐さんが太極拳を・・・」と思いつつ

カレンダー通りしか休みがない私も、この記事を会社で読みました。遊佐さんがデビューした当時は、まだまだおこづかいの少ない頃だったのでCDは買わなかったけど、FMでよく聴いてましたね~。中・高と、ソニーの手先か?という程CBSソニーやらEPICソニーやらのアーティストの曲を聴いていた私ですから。たぶんCBSソニー出版(現ソニー・マガジンズ)の思うつぼだったのでしょうね。

3 ■雲のない青空は~

って歌詞でしたね。
シュワちゃんが車をかついでいたような。

学生時代に友達がCDを貸してくれて、「カセット」にせっせとダビングしていました。
「瞳水晶」なんかも好きでした。

2 ■訂正

連投すみません。
「夏草の線路」はアルバム「HOPE」でした。こちらも大好きな1枚です。

1 ■ハルモニオデオン

お仕事お疲れ様です。
にっけいさんのところで思いがけずこのタイトルを見て嬉しい驚き。
このアルバム大好きです。
「夏草の線路」をカラオケで歌い、誰もこの曲を知らなかった為場の雰囲気が・・・などという記憶も甦ります(笑)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。