2008年07月25日

社長が変われば会社は変わる! -変わりました。-

テーマ:広告・その他
20080727165125.jpg

ホッピーの三代目の女性社長のお話の本だそうです。

まあ会社がどう変わったかはまったく知るところではありませんが、この夏。
記者のアルクホールライフははっきり変わりました。

はい。


ホッピー飲みまくってます。


たとえばこんな感じ。


20080722224402.jpg


低カロリー
低糖質
プリン体ゼロ


ああ、もう!
飲むしかねぇ!!

え?
ああ、ええ。
ちょっと高かったもので。
尿酸値。

お酒が変われば体は変わる。
たぶん。


問題は、2杯目からホッピー入れずに焼酎ロックでぐいぐい飲んじまうってところですな。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2008年07月23日

盛夏の気配 -どこ?-

テーマ:春秋・社説
春秋 -1面-

盛夏の濃密な命の気配を代表するのは、間違いなく虫たちだ。土の中、水の底、草の茎などに潜んで時を待っていた彼らが、熱暑の季節にいっせいにうごめき出す。(以下略)

えーと、そういえば記者、この夏まだセミの声を聞いていないのですが・・・。

千葉県内のうちの近所や東京大手町や日本橋界隈、まったく鳴き声が聞こえません。。。

まあ暑苦しくなくていいといえばいいのですが、こんなに暑いのになーんかちょっぴり損した気分。。。

アブラゼミ前線、とかってあるんですかねえ?


ほんとにどうでもいい話ですけど、でも前から気になっていたのですが、


アブラゼミ。

油蝉。


どっちが暑苦しそうですか?
記者は後者です・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2008年07月11日

20代男性海外旅行離れ -調査結果-

テーマ:経済
-5面-

国土交通省は10日、海外旅行満足度・意識調査の結果を発表しました。過去3年間海外旅行をしていない20歳代の男性で「今後海外旅行に行きたい」と考えている人は31.9%にとどまりました。3年間海外旅行をしなかった女性の57.1%が「行きたい」と考えており、20歳代男性の海外旅行離れが目立ちます。過去3年間に海外旅行をした3000人としなかった600人を対象に今年2月、インターネットで調べました。

過去の推移や他の年代も、ましてや過去3年間に海外旅行に行った人行かなかった人の比率も示さず、これだけ抜き出して「20代男性海外旅行離れ」と言われても困ってしまいますね。

過去3年間に海外旅行に行かなかった20代男性は、同様の20代女性に比べ、そもそも海外旅行に興味のない人である割合が高い。

ただそれだけです。
まあ調査結果を全部載せろとはいいませんが、「海外旅行離れ」というなら、もう少しそれっぽいデータも見せて欲しかったところです。


・・・それはさておき記者、30代男性ですが、そういえばここんとこ「海外旅行離れ」してました。
うーん、もう何年行ってなかったろう。

という言い方でわかるとおり、先日ひと足早めの夏休みをとって、海外旅行に行ってまいりました。
行き先はシンガポール。
現地に仕事で駐在している友人が何から何までアレンジしてくれて、あんなところこんなところ連れて行ってくれまして、3日間たっぷり楽しんでまいりました。
マーライオン、オーチャード通り、ナイトサファリ、シンガポールズー、クルーズ、フライヤー(観覧車)・・・

ええ、奥様お子様もいらっしゃいましたので、極めて健全な観光です。
それでもこどもっぷりなら3歳児といい勝負の記者、お子さま以上にはしゃぎまわりましたよ。
食べ物もひととおりおいしかったし。
よし、次回は単身赴任者にアレンジを任せておとなの男のナイトサファリじゃ!

・・・あ、いや、コホン。

しかしまあなんだかんだいってシンガポールといって思い浮かぶのはやはりマーライオンですよね。
「世界三大がっかりのひとつ」と謳われることもありますが、最近は大きくなったのでそうでもないよ、などと意見の分かれるところ、ここは実際に検分しなくては、とはりきって見に行ってみました。
すると・・・



あれがマーライオン
ん、あれか?





これがマーライオン
こ、これ?


もしかして、改修中?




これぞマーライオン
え?

ついでに元祖の小さいほうも??



うひゃあ、こりゃあがっかりだあっ!



・・・と、マーライオンにはがっかりさせられましたが、シンガポール、とっても活気のある街でした。
ショッピングセンターも地下街も大賑わいですし、オーチャードなんて朝から晩まで人、人、人。
どっからこんなに湧いてきてんねんと思うくらい。
カジノもユニバーサルスタジオも作ってるしF1もやってくるし、景気よかったよなあ、と思い出しながら新聞をぺらぺらめくっていたら・・・

「シンガポールGDP6.6%減 4-6月」 (9面)
SARSで経済が減速した03年4-6月期以来の落ち込み。


あ、あれでそんな落ち込んでたのか・・・?
いや待てよ、よく見たら・・・

1-3月期の15.6%増から大きく減速

1-3月は15%増って中国以上じゃないの。
やっぱ基本的にすげえ景気いいんじゃん。
おまけに4-6月期も減速の中身は、

成長減速の主因はサブプライムローン問題などによる外需の伸び悩み。
建設業など内需は好調で、同部門は前年比15.2%増だった。


だとさ。
だよなあ。
行ってみればわかるよ。
うんうん。

まあ昔のシンガポールも知らなきゃ、今のほかのアジアの国がどんな具合かも知らないけど。

紙面でこの記事のまわりを見ると、

中国「外需頼み」に限界 貿易黒字11.8%減 米消費低迷も響く
とか、
インド新車販売が減速 金利上昇・燃料高響く
とか、あるいは韓国がウォン安是正に躍起になってる話とか、アジア中で景気の悪そうな話が並んでますけど、実際どんな感じなんですかねえ。
見てみないとわかんないですねえ。
行って見て来たいですねえ。


海外旅行から離れてる間は、別に海外にまで遊びに行かなくても国内でいいや、と思っていましたが、久しぶりに行ってみると、またどっか行こうかなと思ったりするから不思議なものです。
国交省の調査結果にも、案外そういう面が表れているかもしれませんね。
行ってない人はこれからも特に行きたいと思わず、行ったら行ったでまた行きたくなる、という感じで。
実際に聞いてみないとわかんないけど。

ちなみにこの調査の本来の目的は、観光立国を標榜する中で、国際相互交流をはかるため海外旅行者数の拡大を目指しているにもかかわらず、ここ数年20歳代を中心に出国者数が伸び悩んで(20歳代は25%減)いる原因を究明するためのものだそうです。

見てみると、結論として20代男性が海外旅行に行かない理由は、海外旅行にそれほど行きたいと思わない(選好度が低い)上に、テロや感染症が怖い、経済的に厳しい、ということのようです(ざっと見ただけですがたぶんこんな感じ)。
うーん、後ろ2つは国交省ではどうしようもないですね。

ところが、じゃあ「なぜ選好度が低いのか」という肝心の点には調査で触れられていません。
んー、そこを引き上げるのが仕事じゃないのかな?

調査から半年近くかけて210頁もの壮大な資料にまとめられてはおりますが、この調査結果、今後の政策にどう活用されるのでしょうか・・・。



リンク:海外旅行者満足度・意識調査の結果
※取材協力:某金融機関シンガポール支店T氏。ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2008年07月11日

金曜プレステージ「奥様は警視総監3」 -ワンダフル-

テーマ:広告・その他
TVはいらいと フジ=後7・57 -29面-

主婦・橘朝子(かたせ梨乃)は福引で高級ホテルの食事券を当て、夫・大吉(石原良純)や子供たちとホテルを訪れる。そのホテルの一室で朝子は、ビル会社を経営する真奈美(岩橋道子)の遺体を発見する。しかし、ホテルに到着した警察官たちは、大吉を祝儀泥棒の犯人として連行しようとする。朝子は警視総監の隼(伊武雅刀)から、大吉を釈放する代わりに殺人事件を解決するよう頼まれ"特命警視総監”に任命される。

うわー!
なんだこれ。
あまりにオバカな設定だ!
まるで無法地帯。
祝儀泥棒よりよっぽど問題だろ。


それはそうとして・・・

気になるのが・・・

なんの説明もなしのこの写真の東幹久の役どころ・・・。


20080711085707.jpg
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2008年07月01日

金融・自動車大幅に下落 -栄枯盛衰-

テーマ:経済
資源高で明暗 -3面-

業種別に見ると上半期は自動車と金融が大幅に下げました。
自動車株は未曾有のガソリン高で新車販売にブレーキがかかるとして敬遠されました。ホンダなど一部の日本勢は燃費の良い小型車が売れているため株価の下げは小幅ですが、収益が大型車頼みの米GMの株価はこの半年で半分に下落し、6月26日には1974年12月以来の水準にまで売り込まれました。
GMの時価総額は65億ドル(約6900億円)と、トヨタの約17兆2000億円の25分の1程度まで減っています。


え!
GMが6500億円!!
あの、世界のGMが!!

安いなあ。
GMでこれってことは、フォードやクライスラーはさらにこれの何割引かなんだよなあ。

6500億円、日本の自動車関連株でいうとどんな具合でしょうか。

①トヨタ 17.2兆円
②ホンダ 6.6兆円
③日産  3.9兆円
④デンソー 3.2兆円
⑤スズキ 1.3兆円
⑥豊田自動織機 1.1兆円
⑦三菱自 1.0兆円
⑧アイシン精機 1.0兆円
⑨いすゞ 8600億円
⑩マツダ 7800億円
⑪ヤマハ発 5600億円

ここだ!
11位!!

ひええ。
経営の傾いてた三菱自動車やいすゞより下かよ・・・。
あの、世界のGMが・・・。
マツダとヤマハ発動機の間のサイズかよ・・・。

ていうか、系列の下においてたスズキや、ましてやいすゞなんかよりだいぶ小さいのかよ・・・。

ていうか、もしかしてスズキ1社売ったらビッグ3が買えちゃうのかよ・・・。
昔はトヨタ1社売ったら…なんてことが話題になったことあるのに…。


GMの時価総額とかあんまり見てなかったので、軽い衝撃を受けた今日の朝刊でした・・・。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年07月01日

世界の株価資源高で明暗 -パラダイム・シフト-

テーマ:経済
アジア新興国下げ インフレ懸念 経済に停滞色 -3面-

2008年上半期の世界の株式市場の値動きは、資源国と非資源国とで明暗が分かれました。株価上昇率上位に南アフリカ、カナダ、ロシアなど資源国が並ぶ一方、中国、ベトナムの下げが際立ちました。日本はデフレが長かったことが、ここへ来てインフレに抵抗力があると逆に見直され、株価の下げは小幅にとどまっています。

また資源のお話ですが、こんどは株価との関係です。
世界の株価も資源を持てる国、持たざる国との格差が広がっているということです。
同じBRICsでも資源(原油・鉄鉱石など)輸出国のブラジル・ロシアと、輸入に頼る部分の大きい中国、インドではこのところの値動きもたしかにぜんぜん違いますね。
資源高に起因するインフレリスクが株価に表れている面はあるでしょう。

いっぽう、資源輸入国日本の株価の下げが相対的に少なくなっています。
理由にインフレリスクが小さいことを挙げる方が増えていますが、たしかにインフレリスクは先進国の中でも最も低いと思われるものの、株価がこれを評価しているというのには個人的に疑問を持っています。
なんせ1月までえらい下げてましたからね。
欧米と比べてサブプライムの損失が少ないので相対的に優位、なんていってたはずが、本家や元祖のアメリカや欧州よりもひどかったんですから、そのリバウンド的な面が大きいんじゃないでしょうか。

為替が昨年からは円高に動いていて、実は日本での見た目以上にドル建ての日本の株価は堅調なのですが、その堅調さがさらなる堅調さを呼んでいる、という部分が少なからずあると見ています。
欧米投資家にとって日本株の扱いは新興国以下になったとも言われましたが、腐っても鯛、世界の株式時価総額に占める日本株の大きさは無視できる大きさではありません。
アンダーウェイト(組みいれを少なくする)にしていた日本株が他市場よりも下がっている間はほくほくなのですが、逆に他市場よりも上がりだすと、これは問題です。
アンダーウェイトにしている分だけ世界のインデックスに負け始めるのですから。

しっかりした値動きが続くにつれ、持たざるリスク的に日本株を買い戻す動きが続いた、実はそれが真相じゃないかと思ってます。

ただ非資源国の中で日本が相対的に優位な部分は確かにあると思います。
それは労働コストの相対的な低下。

いままで企業が中国だインドだベトナムだ、と海外に生産拠点を移していたのは主に労働コストが安かったからです。
ですが、これは「資源<労働力」というパラダイムの中でのお話。
資源価格の上昇により「資源>労働力」となれば、労働コストが安い高いといった要素は相対的に小さくなるはずです。
ゆえに労働コストの安さを売りに成長してきた国にとってはかなり厳しい状況となる可能性が高いように思います。
逆に労働コストは高かったものの、資源の効率的な利用に関しては世界でトップといえる日本の優位性は増すのではないでしょうか。

多少期待混じりですけど。
おまけに資源を持っている国にはかないませんが。

ということで、いつまでどこまで続くかわからない資源高(個人的にはそれほど加速しないと思ってますが)ですが、単にどんだけ上がったとか、どの国が資源を持ってる持ってないだけでなく、「資源」と「労働力」の相対的な重みが変わるという点に言及した記事が意外に少ないので、ちょっと触れてみました。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。