1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006年08月30日

慣れぬライブ 成長期待 -Keep Tryin'-

テーマ:話題・コラム一般
宇多田ヒカル -30日夕24面-

6年ぶりの全国公演、幅広い世代が期待に胸を膨らませ、開演を待った。
勢いよく始まり、ヒット曲を熱唱しながら舞台の端から端まで動いて頭上で手を叩く姿には、公演タイトル「UNITED」どおり、聴衆と一体になりたいという強い思いが感じられた。
しかしバラードでつまずいた。心に響くあの高音の裏声がまるで出ないのだ。客席から「どうしたの」「大丈夫」と声が飛ぶほどだった。中盤の後半では彼女が舞台裏に駆け込み、公演が数分間中断した。慣れない長期ツアーでのどが疲弊していた。
再開後も調子は戻らず、プロとして不満をもたれても仕方がなかった。残念な表情をあらわにする聴衆もいた。
だがそれよりはるかに応援する人のほうが多かった。声が途切れそうになると、手を合わせて祈り、歌いきると大喜びする。歌だの音楽を少しでも聴いていたいのだ。彼女もそれに応えようと、必死の形相で歌う。
自ら「ライブミュージシャンとして未熟」と語ったというが、人をひきつける魔法の音楽を生み出す才能を持っているからこそ、経験を積み重ねて、さらに羽ばたいてほしいと願う。18日、さいたまスーパーアリーナ。


24日の読売、29日の朝日(いずれも夕刊)でも取りあげられていましたが、同じように高音が伸びず不安定とかのどが疲弊していたとか、そんな評でした。
あれだけ魅力的な曲をつくる才能のあるミュージシャンなのだから、ライブヴォーカリストとしての経験を積んで成長してほしい、というところもだいたい同じです。

どうやらプロのヴォーカリストとしては明らかに課題の残るパフォーマンスだったようですが、それでも文化部記者や評論家が厳しく評するとともに彼女を擁護し、「より高い次元を求めて欲しい(読売)」「「残るツアーでの成果に期待したい(朝日)」「「さらに羽ばたいてほしいと願う(日経)」と、そろって今回のステージの評価ではなく今後の彼女への期待を込めた言葉で締めくくっているのは、ウタダの魅力のなせる業なのか、あるいは彼女がまだまだ若くて成長途上だからなのか、それとも単にコンサート評の定型なのか、はたまたオトナの事情で厳しい意見は書きづらいのか・・・。

まあしかし新聞各紙でこれだけ似たような評が並ぶとほかに書きようがないといえなくもないわけで、そうするとこんなふうに利用できたりして・・・



8月18日金曜日 くもり

今日は、宇多田ヒカルのコンサートに行きました。
あんなにかっこいい歌をつくって歌う人なので、どんなコンサートなのか、わくわくしていきました。
さいたまスーパーアリーナというところへついたら、お年よりの人から子どもまで、いっぱいの人がいました。みんなわくわくしているみたいでした。
「今夜も始まったぜ」
かっこよく宇多田ヒカルがさけんで、コンサートが始まりました。
ぶたいの上を動き回って、トラベリングとか、ゆうめいな歌をいっぱい歌いました。みんないっしょにもりあがって、お祭りみたいなかんじです。
でもとちゅうで歌がおかしくなりました。ずっと歌っているので、高い声が出にくくなっていたみたいです。
かんきゃくせきから、「どうしたのー?」「だいじょうぶー?」と声えんがきこえました。
宇多田ヒカルは、「2分まって!」と言って、いなくなりました。のどのちりょうをしたみたいです。
もどってきてからまた歌いましたが、のどのちょうしはずっと悪かったみたいです。かんきゃくの中にはがっかりしている人もいました。
でもがっかりした人よりも、おうえんしている人のほうがずっと多かったです。声がかすれたらみんなで手を合わせておいのりしました。ぼくもおいのりしました。どうしてかというと、宇多田ヒカルの歌をいっぱいききたかったからです。
宇多田ヒカルはマイクにしがみついて歌ってました。いっしょうけんめい、いっしょうけんめい歌ってました。ぼくたちがお祈りするのに答えてくれました。
それでちゃんと歌い終わったらみんな大喜びしました。ぼくもよろこびました。とっても感動しました。
やっぱり宇多田ヒカルの歌はすごくよかったです。また行きたいなと思いました。
こんど行ったときには、のどのちょうしもよくなって、歌ももっとうまくなっていてほしいです。



・・・ま、夏休みも終わりですし、イベントがぜんぜんなくって日記で苦労している小学生は、この際コンサートに行ったことにでもしてページを埋めちゃってはいかがでしょうか・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年08月30日

眠り誘う電車の揺れ再現 -刺激-

テーマ:テクノロジー
ロフテーが振動する枕 -15面-

寝具開発・販売のロフテーは電車の揺れを再現して眠りを誘う枕「バイブレーションピロー」を開発しました。
ロフテーの社内や顧客らの間で「走っている電車の中でぐっすり眠れたことがある」との声が多かったことから開発したものですが、電車の揺れのほか、母親の心拍をイメージした振動と、一定間隔で単調な揺れが続く「リラックスモード」の3種類の揺れを発生させることができます。
高さも3種類あるほか、好みに合わせて振動の強さと速さも調節でき、電源は起動後20分程度で自動的に切れる仕組みにしました。
2007年1月の発売予定で、価格は2万5000円前後の見通しです。


ビミョーですね・・・。
2万5000円という価格もさることながら、枕で再現する電車の揺れが果たして安らかな眠りへと誘ってくれるのか、かなりビミョーです・・・。

たしかに電車に乗っていると眠くなることはありますが、それを頭部への振動できちんと再現できるのかという疑問に加えて、そもそも通勤電車で眠くなるのって、単調な振動や音の刺激もあるでしょうが、それよりも朝イチで体が起ききっていなかったり一日仕事して疲れてたりという眠くなりやすい条件にあるからじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか・・・。

まあそれはこの商品を体験してみないと分かりませんね。
年が明けたら安眠グッズ売り場へ出かけて試してみることにしましょう。

でもどうせ電車の刺激で眠りに誘うなら、電車の刺激でシャキっと起こしてほしいところですね。
アラーム機能を搭載して、時間になったら「おおてまち、おおてまちです」とか「お客さーん、終点ですよー」とか・・・
いや、そんなベタな機能を付加するかどうかとかより、こんなんで毎日寝起きしてたら電車に乗るといつでもすっげー眠くなるなんていうパブロフ的な効果が出そうで、ちょっと怖いです。


しかし電車の揺れっちゅうのは導眠効果の点でいまいち弱いですね。
そんなもんよりももっと強烈に眠くなる刺激やシチュエーションがあるでしょう。

会議ですよ、会議。

会社での会議中と同じ刺激を枕が再現できたらこりゃもう一発安眠、寝つきの悪いあなたも今夜からぐっすりですよ。

いやしかし、なんで会議ってあんなに眠くなるのかなあ・・・。
電車なんかよりこっちのほうがよっぽど催眠効果があるよなあ・・・。
どうせならあの刺激を枕で再現してほしいよなあ・・・

って、だめだよ、


これでパブロフが起こったら致命傷だってば!
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006年08月29日

「コピー」一掃へアメとムチ -完成度-

テーマ:企業・財務・投資
身長1.5m体重0.035トンバンダイ 中国企業と商標ライセンス契約 -15面-

バンダイは中国の生産委託先と、コピー商品を生産した場合に違約金を徴収するライセンス契約を締結します。中国市場での販売本格化をにらみ、協力工場からコピー商品が流出するのを防ぎます。
契約では商標使用を無償で許諾する代わりにコピー商品の生産禁止を約束させ、違反すれば違約金支払いを義務付けます。商標ライセンス契約は通常、商標使用を認める見返りとしてライセンス料を取りますが、今回はコピー商品対策を重視して商標使用料は取りません。


夏休みのせいでしょうか。
ここんところ日経でもバンダイのガンダム関連の記事がやたらと多かった気がします。
添付の画像は身長1.5m、体重35㎏、価格35万円のガンダムが発売になったというバンダイのプレスリリースの写真(この画像はバンダイサイトより)ですが、こんな話題やあるいは松戸市のバンダイミュージアムが閉館になるといった話題なども、写真入りでけっこう大きな扱いだったような気がします。
きっと記事を書いている方もガンダム世代なのでしょう。

でも今回の記事はちょっと毛色が違いますね。
ガンダムのプラモデルなどの違法コピーをなんとか防ごうという試みです。
当たり前のことを求めるのに特別のメリットを与えるのは傍から見ると理不尽な気もしますが、玩具に限らず違法コピーが当たり前の状況ゆえ、発生するコピー商品被害にいちいち対応するコストを考えれば、企業の戦略上の判断としてやむを得ない面もあるのでしょう。

しかし協力工場でコピー商品をつくるとはどういうことかよくわかりませんが、これは委託された数量以上を生産して横流しするのではなく、自前で金型なんかまで作ったりしてまったく違う商品も作ってしまうということなのでしょうか。
たとえばガンダムとザクのプラモだけを委託生産するはずの工場で、勝手にビグ・ザムやグラブロまでつくっちゃったりとか。
いや、そんな売れなさそうなモデルは作らないでしょうが。

詳しい事情はわかりませんが、とにかくインチキして作っちゃうもんだから、とんでもない粗悪品まで流通しちゃってたいへんなようです。
いやいやとんでもない粗悪品といっても精密機器ならともかくプラモなんだから多少顔の部分のつくり込みが甘いとかその程度のもんだろうと思ったあなた、甘いです。
ガンプラとはいえそこそこ細かいパーツもあるわけで、コピー商品の中には寸法などが微妙にずれてうまく組み立てられないものさえあるというのです。

ほら、こんなふうに。


「ガンダム」のプラモデルの正規品(左)と
うまく組み立てられないコピー商品




ぶはっ!

おいおいおい、なんぼなんでもこりゃひでえんじゃないの!?
作る前から大破されちゃって、腹から小腸がはみ出したみたいになっちゃってるじゃないのよ。
こんなガラクタつかまされたらケロロ軍曹はだまってないよ!!

・・・いやほんと、こんな粗悪品が流通するようじゃバンダイの企業イメージにもかかわりますし、そりゃあ経営陣も多少納得できなくったって即効性のある対策を打つのもわかります。
いくらなんでも、脚がつくれないコピー商品が出回ってるなんて・・・

・・・え?


「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」


いや、だから飾るために作るんだって、プラモは・・・。



※セリフはモビルスーツ「ジオング」の脚にまつわる有名なセリフ。
※ていうか模型はジオングじゃなくてガンダムなんですけどね・・・。
※いやガンダムだそうですけど、RX-78じゃなさそうなんで、なんだかよくわかりません。。。
※そういえばガンプラ、「飾るため」に作ってたはずが、いつしか「爆竹で吹っ飛ばすため」に目的が変わることもありましたよね・・・。
※あと、「熱したパチンコ玉や金串で穴をあけるため」なんてこともありましたね・・・。
※でもそんなとき、「リアルなジオラマをつくるため」とか自分に言い訳したことがありますね・・・。
※ていうか補足のはずがただのガンプラ思い出話になってますよね・・・。

※できそこないプラモ画像は日経新聞より。
※ガンプラの正規品に興味がある方は画像をクリック。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年08月25日

冥王星“降格〟惑星8個に -スター-

テーマ:話題・コラム一般
76年ぶり定義変更 -1、3面-

チェコのプラハで開催中の国際天文学連合総会は24日、太陽系の「惑星」の計を8個とする定義案を賛成多数で採択しました。議論の的になった冥王星は他の8つの惑星と明確に区別し「矮惑星」という別の名称で呼ぶことにしました。
採択した定義によると、惑星は①太陽を周回する②自己重力がある③公転軌道上の近傍領域における球状の主要天体である-の3条件を満たすものに限り、冥王星については「矮惑星であり、海王星以遠の天体の新分類の一つである」としています。
今回の決議を受け、冥王星付近で続々見つかっている天体は惑星とは認めず、惑星が数十個に増える事態は回避されました。


「冥王星族」と呼ばれることはあっても族議員はおらず、あわれ冥王星は惑星の座から転がり落ちました。
しかしスケールは非常に大きく、これまでの常識が覆るような話ではありますが、これほど日常生活に影響のない話はないでしょう。

「惑星が数十個に増える事態は回避された」ともありますが、別に惑星が何十個に増えたって困ることもありません。
教科書の記述が多少変わっても、おそらくせいぜい「冥王星以遠にも多数の惑星が発見されている」程度のものになったことでしょう。

宇宙戦艦ヤマトで冥王星基地まで描いた松本零士先生は「子供の頃からの夢を壊されたよう」というようなことをおっしゃっていましたが、まあ別にいいじゃないですか。
国際会議で惑星と決めようが矮惑星と決めようが、冥王星もその他の矮惑星も、今日も明日も太陽の周りを回り続けるのです。

まあ、冥王星については以前から惑星かどうかの議論はあったようですが、なんていうんですかねえ。
そもそもこいつには上昇志向ってものがなかったんですよ。
ほかの惑星は惑星なりに、おれだってひとつのだ、いや、むしろおれこそ(スター)だ、スキあらばおれが恒星(メイン)になってやる的な貪欲さを感じたものですが、こいつだけにはそれが感じられませんでした。
はい私は恒星(スター)に従う惑星(わきやく)です、わたしは主役じゃなくてけっこうです、いつかスターになんて思ってません、なんていうよくいえば殊勝、悪くいうと向上心のないキャラ、そんな気がしますよ。

もっとはっきりいえば、こいつは犬のクセにネズミのペットに甘んじてそれで満足しているような情けないヤツだったんですよ。
だから惑星(わきやく)の座からもおろされ矮惑星(エキストラ)扱いされるようになっちまったんですよ。
くやしかったらたまには恒星(ご主人さま)に噛みついてみろってんですよ、


わかったか、冥王星(Pluto)


・・・はい、プルート違いですね・・・。

冥王星発見にちなんで名づけられたというプルート、数少ない記者の大好きなディズニーキャラなのですが、ヤツはこれからも太陽(ミッキー)惑星(ペット)でいられるのでしょうか。
ちょっぴり不安な記者であります・・・。



※なお、記者的にはこのところの宇宙をめぐる記事の中では、23日に日経ビジネスオンラインに掲載された、 「人民日報も認める『銀英伝』」 のほうが重大なものだったかもしれません。
銀河の歴史が、また、1ページ。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006年08月24日

熱闘が残すハンカチ株高 -ヒーロー-

テーマ:証券
-19面まちかど-

○…例年に増して熱戦が続いた今年の夏の甲子園。決勝再試合の21日には投資家も経過に気を取られて閑散症状につながったとの声も。ところが大会終了後からにわかに活気づいたハンカチ関連株に熱闘の余韻が漂う。
○…早稲田実業の斎藤佑樹投手がタオル地のハンカチで汗をぬぐっていたのが人気化の背景。23日はジャスダックの川辺の売買高が前日の約10倍に急増、大証2部のカワサキも値上がりした。同じハンカチを探して百貨店にも問い合わせが相次ぐというが、ハンカチ関連銘柄への物色意欲は果たして続くか。


今さらいうのもなんですが、いやいやほんと、今年の甲子園は盛り上がりましたね。
強豪高同士の対決も多く、接戦や逆転も満載で、久しぶりに高校野球の経過や結果が気になる夏でした。

そしてなんといっても決勝戦、すごかったですね。
野球に気をとられて相場が閑散というのは正しいとは思いませんが、閑散とした相場でテレビをつけたりワンセグをつかったりネットの速報をクリックしたりしてた人は多かったようです。
まあ記者も時折クリックしてたクチですが、gooの実況アニメーションが途中から動かなくなったのには参りました。
もう、日本中接続しすぎ。

それにしても両投手とも、よくもまあ何日も続けてあれだけたくさん、それもあれだけいい球を投げ続けられるものですね。
あんなくそ暑い中で連日の登板、アメリカ人なら訴訟を起こしかねないくらいの過酷な状況のはずですよ。
ていうか普通に考えてあんなとこでそんなことやるなんておかしいんじゃないの、っちゅうくらいのことをやってのけてるから、感動もよりいっそう増すのでしょう。

ああ、でもそういえば記者も学生の頃は真夏の炎天下、朝から晩までテニスやってたなあ・・・。
でもこないだ30代4人で昼の1時からダブルスをはじめたら、テニスにならなかったなあ・・・。
すっかり体力、落ちてるなあ・・・。
若いっていいなあ・・・。
いやあ、若いってすばらしいよ・・・・・・・

などと遠い目をしている場合じゃないですね。
甲子園球場で熱戦をくりひろげた高校球児の純粋な目からは程遠い、欲にまみれた目の大人たちが株式市場でくりひろげる熱戦の話です。
なんと今回は甲子園のヒーロー、早実の斎藤投手の「青いハンカチ」に肖った関連銘柄を手がけてしまいました。

いつもどおり、川辺の業績に与える影響とか、そんなのどうでもいいですね。
四季報のCD-ROMに「ハンカチ」と入れて検索したらここが出てきた、理由はそれで十分です。
甲子園の大観衆よろしくみんなでわらわらと群がって、23、24日のたった2日で発行済み株式数の4分の3も回転させちゃって、その前から2割も3割も株価を上げて、日中は何十円も乱高下させてもて遊んじゃってます。

まったく、お前ら斎藤くんから何を学んでんだよ・・・。
ああ、もう、オトナってやあね・・・。

・・・で、なんですか?
コラムの締めは「ハンカチ関連銘柄への物色意欲は果たして続くか」ですって?

そりゃあんた、斎藤くん関連だけに・・・


連騰(投)はお手のものでございます。ベンベン。


でも高値をつかんで自分が投げる羽目にならないように気をつけましょうね・・・。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年08月18日

宿題 -週末のおまけ-

テーマ:本紙記者・編集より
週末の帰り際、ある証券会社の方から宿題をいただいちゃいました。
自力で解くのがスジなのですが、まったくわかりません。

そこでこのWEB2.0のロングテールの時代(←なんかわかんないけど使ってみた)、みなの知恵を結集して解こうではありませんか!(ていうか丸投げ)



  ① (因数分解) A^4 + A^2 + 1 =


???
昔はこんなのも解けたのか、ほんとに難問で自分じゃ解けるようなものじゃなかったのか、それさえもわかりません。。。

  ②略


  ③それではもんだいです、、、 *30分以内に出来たら天才級
 
  隣人との会話
 
  隣人  「お宅の3人のお子さん、それぞれ何歳でしたっけ?」
  私 「3人の年齢を掛けると36です。」
  隣人 「わからないなあ」
  私 「3人の年齢を足すと、あなたの家の番地と同じです」
  隣人 「わからないなあ」
  私 「一番上の大きなお兄ちゃんは、下の小さな妹たちにとても慕われています」
  隣人 「あっ、わかった!」
 
  さて、3人の年齢は?



これはとんちなのでしょうか・・・?



ちなみにこのほかの問題。

○ 3、4、7、8を使って四則演算で10にせよ。

○ 3、3、8、8を使って四則演算で24にせよ。 

前者は何とか解いたものの、後者はマジで難しくてわからなくてネットで調べちゃいました。エヘ。
宿題をネットで調べちゃう、なんかいまどきの小学生みたいです。。。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年08月18日

信用取引の手数料廃止 -基本-

テーマ:証券
松井証券、一部で -1面-

インターネット専業大手の松井証券は、投資化が証券会社などから資金を借り入れて株式に投資する信用取引のうち、同社が独自に運営し、貸し付けた資金の返済期限を設けない「無期限信用取引」の売買手数料を9月からゼロにします。手数料の引き下げ競争は激化していますが、廃止は例がありません。
一方で信用の貸出金利は年率3.3%から4.6%に引き上げます。返済期限など規制のある「制度信用取引」と、資金を借りない現金取引の手数料は変えません。
今回の措置で、松井は従来の手数料依存から金利収入で稼ぐビジネスモデルに転換します。


今回の措置で転換というか、あれだけ取引が活況だった06年3月期で経常の4割を金利収入で稼いでいるというんですから、すでに手数料依存からは脱却をしているといえるでしょう。
たしかに価格競争が進み、1取引で数百円からという手数料でせっせこ稼ぐよりは、貸し付ける金利で稼ごうというほうが理にかなっている気がします。

金利を上げたら顧客が逃げるだろうという懸念はあるでしょうが、でも以前松井証券の会社説明会にいったとき、社長さんはこうおっしゃってました。

「ネットで回転売買するお客さんは、金利のことはほとんど気にしてない」

ま、確かにそうでしょうね。
松井の無期限信用の残高は約1400億円、この金利の1%は収益を大きく左右しますが、短期の売買益を狙う個々の投資家からすると1%や2%は1日の値動きで吸収できちゃうわけで、借り入れのレートより売買のタイミングのほうがよほど重要事項でしょうから。

ていうか、信用で株を売買している人の中には、実はお金を借りて株を買っているんだということを知らないでやっている人もけっこういるかもしれませんね。
信用取引とは少ないお金でいっぱい株を買える制度、なんて思っている方も中にはいるんじゃないでしょうか。

証券会社と取引所を介するので目に見えるわけではありませんが、株の売買にはもちろん相手方がいて、買ったときには売ってくれた相手にお金を支払う必要があるわけで、その支払い代金を貸し付けてくれるのが信用取引という制度なのです。
売ってくれた相手に委託保証金の額しか支払っていないわけではありません。
委託保証金は資金を貸してくれる会社が取りっぱぐれのないように担保として差し入れているだけのお金なのです。

・・・なんて信用取引をやっている人なら普通に知っているはずのことを偉そうに書くと個人投資家を馬鹿にしてるんじゃないかと怒られそうですが、いやところがそうじゃなくてですね、いるんですよ、中にはとんでもない方が。
こないだの株価下落局面で、某ネット証券のコールセンターにこんな質問が来たっていうんですから。


「あのぉー・・・、追証おいしょうってなんですかぁ・・・?」


・・・。
さすがに証券関係者とこの話をしたときは絶句してましたよ。

ネット証券が普及して株取引の敷居が低くなったのは歓迎すべきことなのですが、ネットによるトレーディングを株取引の一形態として利用しているというよりは、オンラインゲームとかと同様にネットコンテンツの一つといった感覚で参加している人もいるのかもしれませんね。
まあ、それが悪いこととはいいませんけど、一応、基本的な仕組みとルールくらいは理解されてから参加するほうがよいかと思います。

ていうか、ろくに画面を読まずにクリックしてても説明を読んだことにしちゃって、信用でもデリバティブでもGOサイン出しちゃう仕組みって、どうかと思うなあ・・・。


ああ、そういえば最近コメント欄からのリンクで誘導されるエロサイトの中には、現れた画面をよく読まずに何気なく「はい」をクリックすると、自分のIPとともにご丁寧にさっきの画面のコピーまで出て、「ほらほら!このとおり今あんたは『エロコンテンツと認識して代金も支払います』って書いてある画面を見て『はい』をクリックして入ってきたんだよ!ちゃんと入金しろよ。IPであんたを特定できちゃってるんだからな!」みたいなのが表示されちゃって、さも入金しないとやばいような気にさせられちゃうのがありますが、こちらは追証と違って慌てて入金する必要はありません。
見なかったことにして放っておいて大丈夫でしょう。



※「追証」:信用取引の委託保証金(担保)が評価損との見合いで規定に足りなくなったときに追加で差し入れるお金。相場の急落時はあちこちで「おいしょー!」「おいしょー!」の声が聞かれることから、「『親父の海』の大合唱」などといわれることも。
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2006年08月17日

マック、米でシェア倍増 -最高執行責任者-

テーマ:国際・海外
アップル2氏に聞く -9面-

米アップルコンピュータのパソコン「マック」の販売が復調の兆しを見せている。月内にインテル製MPUの全機種への搭載が完了、来春には新型OSを売り出す。直接販売に強みを持つデルや、マイクロソフトのウィンドウズを搭載したパソコンにどう対戦するか。ティム・クック最高執行責任者(COO)、フィリップ・シラー上級副社長(販売担当)に聞いた。

「ウィンドウズからの乗り換えが増え、店頭のマック購入者の5割はマック初心者。ノートPCの米国でのシェアは1月の6%から12%に倍増した」
「マック上でウィンドウズ用アプリケーションを動かせる無償ソフトも配布しており、ウィンドウズユーザーがマックへの乗り換えをためらう理由はない」
「ネット販売の改善に加え、直営店を1年で4割増やした。パソコンも家電と同様に製品の魅力を伝える店舗販売が大事で、直販だけでは多様化する市場や製品に対応が難しくなっている」(以上記事より)

はー。
一度もマックを使ったことのない記者ですが、なんだかマックにしてみてもいいかな、と思えるような話ですね。
家のノートもぼちぼち4年、壊れてはいませんが立ち上げて5分以上はチキチキいってるノロマ野郎で、ビスタが出るころには買い替えも考えているのですが、その際の選択肢が増えそうです。
ま、なんだかんだいってウィンドウズにしちゃいそうですが。

ところでこう語ったのはティム・クック最高執行責任者(COO)なのですが・・・




くるっくー





くっくくー?




・・・ドバトかよ。



※画像は日経新聞より。
※COOはシーオーオーと読むのが普通です。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006年08月16日

コリンキー -さくさく-

テーマ:商品市況
野菜ニューフェース② -22面-

コリンキー鮮やかな黄色で一回り大きいレモンのようなコリンキー。外観からは想像もつかないが、日本生まれのカボチャの新品種だ。皮ごと生で食べられる。浅漬けやサラダにすると暑さが和らぐようなさっぱりした食味が楽しめ、知る人ぞ知る夏の人気商材になりつつある。
関東は6-7月、東北では7-8月に出回るが、知名度が低く生産量も少ないため、まだスーパーの店頭などでは見かけない。今のところ地元の直販所を通じた「地産地消」が主な流通ルートだ。
秋田県の大内農産物直売所ひまわり会(由利本荘市)では、1個当たり平均300g前後で、大きさによって店頭価格は100-200円。キュウリとあわせた浅漬け(300g150円)も人気商品という。
関東では神奈川県や山梨県などでも生産している。


原油や鋼材の価格がいくらかとかニッケルが高いとかDRAMが冴えないとかいう商品の市況よりも、いつぞや本紙でも連載した「マグロのイロハ」や、連載はしなかったけど気になっていた「牛肉のイロハ」のようなシリーズもののほうに興味をそそられるのが商品市況面。
今回のシリーズは「野菜ニューフェース」で、「独特の形や色、栄養素などで消費者を引き寄せ、調理への活用が増えそうな注目野菜を紹介する(15日付日経)」そうです。

第1回の昨日はくせのある香りが特徴という「パースニップ(白ニンジン)」でしたが、第2回の本日は「コリンキー」です。

・・・ええと、記者、どちらもまったく知りません。

どうやらパースニップのほうは多少メジャーなようで、楽天で検索すると園芸用の種子も含めて何件かヒットする(⇒検索結果)のですが、コリンキーに至ってはヒットはゼロで、やはり相当マイナーというか、記事のとおり生産地でしか売ってない「地産地消」の色が濃いようです。

鮮やかな黄色とありますが、なんせ新聞、それも商品市況面なんでまったくの白黒。グーグルの画像検索で見ると(⇒検索結果)、なるほど確かに大きめのレモンですね。
味のほうもカボチャ独特のあのほくほくした感じはないそうで、

「皮ごと生で食べられる」

「浅漬けやサラダにするとさっぱりした食味」

おい、お前はカボチャかレモンかどっちやねん!
って、いや、だからカボチャなんですけど、でもどっちでもいいです。
ああ、どんな味なんだろう。
食べてみたい!

品種を開発したサカタのタネ(東証一部上場の種苗大手)によると、2001年の販売開始した当初は人気が出なかったものの、食べ方などが広まった昨年から今年にかけて販売が伸びてきたということですが、きっと夏にぴったりの味なのでしょう。
それにしても、何をどうしたらこんな皮ごと生で食べられるさっぱり味のカボチャが生まれるのか、不思議なもんです。

サカタさん、そのおいしさの秘密は・・・?


「教えてあげないよ、ジャン!」



※もちろん、カタのタネにきいてみたわけではありません。
※ちなみにサカタのタネのサイトによると、「従来の西洋種のカボチャが、熟した状態で収穫し、果肉が持つ甘味を生かした調理に使われるのに対し、『コリンキー』は、未熟果(幼果)を収穫し、和洋・中華をはじめサラダや浅漬けなど広範囲に使用できるまったく新しいタイプの新型カボチャ」、「未熟果の状態では無味無臭であることが大きな特徴」だそうで、どうやら未熟果で収穫できることに秘密がありそうです。果肉の鮮やかな黄色を生かしてジャムにもできるそうな。
※参考サイト:サカタのタネHP
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年08月16日

高金利、適用期間に限り -リピート-

テーマ:金融
マネー商品のなぞ②「セット販売」 -4面-

「円定期預金は年率4%」。いくらゼロ金利が解除されたとはいえ、金利の高さに驚くようなポスターが大手銀行の店頭に張ってある。投資信託や外貨預金とセットでの購入を条件に、円定期で特別金利を提供する組み合わせ商品だ。
最近は「5%」や「5.5%」を打ち出す銀行も出てきた。しかしファイナンシャルプランナーの野田真氏は「高い金利につられてはいけない」と指摘する。
「年率」といっても特別金利が適用されるのは最初の3ヶ月だけで、その後は継続しても通常の店頭表示金利(0.15%程度)となる。しかも円定期の預入額には制限があり、投信や外貨預金の設定額と同額までしか購入できない。
組み合わせ対象の投信や外貨預金は元本が保証されず、手数料も無視できない。代表的な毎月分配型の外債投信を例にとると、購入時にかかる販売手数料は申込額の2.1%。運用期間中は年率1.05%の運用手数料もかかる。
預金と投信に資産を分散するのは理にかなっているが、円定期の特別金利に目を奪われると全体像が見えなくなる。


いや、特に突っ込むところも付け加えることもないんですけど、たまたまついこないだ違う話からあえてネタにしたことが、ばっちり同じスタンスで日経でも取り上げられていたのが個人的にちょっぴり面白かったもので・・・。


オヤジ、ありがとう!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。