・・ カキの養殖に 今でも マイクロナノバブラーが大活躍している。
 先日 ブログでお話しした・・ように、 マイクロナノバブラーを使って カキの養殖をしたところ、カキの生存率が驚異的に上がっただけでなく、 魔法がかかったのか? 成長速度が 2倍になっていた・・・・・・という 現実をご紹介させていただいた。
先日のブログは こちら 

ところが、 当時 マイクロナノバブラーを使って、飼育水の溶存酸素量を上げただけなのに、なぜ 成長速度が 2倍になるのか? といった 科学的根拠が 見いだせてはいなかった。

数年前 その疑問点に ようやく メスが入った・・・という内容が NH▲のある番組で放送されていた。 

それを 解き明かすお手伝いに大活躍したのが・・・・ 年々 飛躍的に賢くなっている パソコンである。 
カキの成長要因 と 通常よりも 高濃度の酸素が混じった海水を パソコン上で 組み合わせシュミレーションしてみたところ・・・・・ 

確かに 成長速度は 早まった。 溶存酸素量が多い海水は カキの成長を速める事が、 シュミレーションから 明らかになった ・・・・・・・・が ・・・・・・・・。

カキの成長速度は 2倍にはならなかった。

水温を変えてみたり 溶存酸素量を 増やしたり 減らしたり 色々 してみても、 カキの成長速度は 最大で 1.3倍に とどまった。

と いう事は、 カキの成長速度を 押し上げている要因は 溶存酸素量UPだけではないことが推測される。

科学者たちは 考えた。
「 そもそも 成長速度が速いという事は 餌を いっぱい食べているからじゃ 無いのか 」
 という 当たり前で かつ 素朴な 意見がだされた。
「 そりゃ そうだ、溶存酸素量が上がると、代謝が良くらるから 餌も食べる 」

「 でも カキの養殖の場合 餌は 特に与えていない。 カキの餌は 海洋を漂う 植物プランクトンである 。 ひょっとして・・・・・・ マイクロナノバブラーを 使うと、 餌である植物プランクトンが 増えるのか?」

実際の水槽で 調べてみたところ、 確かに 飼育水中の植物プランクトンが 増えたいた。
なぜ 増えていたのか? これは ある意味 単純なことであった。

この 事についての お話は 今一度 マイクロナノバブラーそのものに 話を戻す必要がある。
先日のブログでも 紹介したとおり、 マイクロナノバブラーとは
IMG_91738
 
目に見えない(写真でもわかるように 目に見えている泡も発生している)サイズの 泡を発生させる装置である。  その 泡は もちろん エアーポンプで送られてきているので エアーポンプの周囲の 空気が源になっている。

エアーポンプの周囲の 空気 とは 空気だよね・・・・・純酸素だけでは ないよね、 窒素をはじめ 二酸化炭素も含まれる。
従って マイクロナノバブラーをつけると 水中の溶存酸素量だけでなく、 溶存窒素量も 溶存二酸化炭素量も 増えるのである。

 そのため、カキの餌である 植物プランクトンが増える結果となった。

その 餌が増えた要因と 溶存酸素量が増えた 要因を パソコンで シュミレーションしてみた・・・・・・・・が・・・・・・・
カキの成長速度は 確かに上がったものの、 2倍には達せず 最大1.7倍に留まった。

あとの0.3%は なんなのか?

この 0.3% こそが、 マイクロナノバブラーの持つ もう一つの特長から来るものであった。
マイクロナノバブラーには 溶存酸素量を上げるほかに もう一つ 大切な要素 殺菌作用がある。
殺菌のメカニズムは オゾン殺菌(酸化による殺菌)と同じであるが、 殺菌力は オゾン殺菌の 約100倍の力を有するらしい。

そのため、 マイクロナノバブラーは 飼育水の殺菌に対しても 大いに活躍をする。つまり 水をきれいにしてくれる働きをするのだ。

飼育水の雑菌が減ると どうして 成長が早まるのだろうか?

menneki

そもそも 免疫のいうのは 周囲のばい菌から 身を守る機能の事だよね。
国として考えよう、 周囲に 悪い国がいるならば それに対して、対抗処置 すなわち 防衛力を 備えなければならない。
兵隊 や 軍艦 戦闘機 戦車 ミサイル等・・・・・・。
これには、お金がかかる。
もし 仮に 周囲に 悪い国が居なければ、 防衛力を備える必要がなくなる。
つまり 防衛にかける費用(お金)が いらない という事になる。

生物も 同じで 周囲のばい菌に対して、多大の 防衛予算組みながら 生活している。 免疫力を維持するために 常にエネルギーを使っているのだ。

しかし 周囲のばい菌が減れば 免疫力を維持する必要がなくなり その余ったエネルギーを 自身の成長に 使う事が出来た・・・・・・・・・のではないか。


早速 シュミレーションを行った。
餌が増えた要因と 溶存酸素量が増えた要因 そして 周囲の雑菌が減った要因 これらを パソコンで シュミレーションしてみた。
ついに 思うような結果が出てきた。 2倍にまでは 達成しなかったが、 ほぼ それに近い数字がはじき出された。

2倍にまでは 達成しなかった要因として 科学者の一人は・・・・
「ひょっとしたら、 まだ 他にも 要因があるのかもしれない。」
とみる 見方がある一方
「実際の海と シュミレーションの世界とでは 誤差が生じるのが常である。
この 誤差は 想定範囲内であるし、 仮に 他の要因があったとしても 結果を左右するほどのものではない」

と みている人もいる。

と言うわけで、
我々が 食しているカキは マイクロナノバブラーの恩恵を 大いに受けている。
そして 今 マイクロナノバブラーは 海水魚や 熱帯魚 金魚の飼育に 脚光を浴び始めている。

弊店でも マイクロナノバブラーは大いに活躍中。 なんだか マイクロナノバブラーが 水槽を防衛してくれているようで・・・・・ なんだか 安心 のくまぱぱでした。









 
AD
カキ(牡蠣)の養殖の産地 ベストスリー と言えば・・・・・・広島県・・・・ 宮城県・・・・・ そして岡山県 ・・・・・・・。

Open_Oyster_Lyon_market


トップの広島県といえども、1990年代 赤潮の大発生により 養殖カキが 何度となく 壊滅状態に陥った 。そして カキの養殖事業そのものを ことごとく 壊していった。


それを救ったのが 弊店でも販売するようになった マイクロナノバブラーである。



マイクロナノバブラー技術とは 日本が ほこる 技術の一つで、 目に見えないほどの 小さな 小さな サイズの泡を
発生させ 水中に放出する技術のこと。 

IMG_91738

その結果 水中の溶存酸素量をUPさせる事ができる。

ところが、 その技術が、何の役に立つのか? どう役立てればよいのか? 1995年 マイクロナノバブラーが完成した当時 だれも その答えを知らなかった。 

転機が訪れたのは・・・・赤潮の大発生により 養殖カキが ほぼ壊滅状態に陥った1999年のことである。

カキの養殖に困っていたカキ養殖業者に対し マイクロナノバブラーの活躍場所を探していた技術者が マイクロナノバブラー技術を紹介したのが 始まりであった。

まずは、稚貝で実験をした。
普通の方法で飼育した稚貝は 半分ほどしか 育たなかったのに対し、
マイクロナノバブラーを使って飼育した稚貝は ほぼ、すべての 生存が確認できた。

この結果に 周囲の人たちは皆 歓喜の声をあげた。

周囲の人たちを驚かせたのは それだけではなかった。
カキの成長が 異常なまでの スピードであったのだ。
なんと、 そのスピード、 通常の2倍の速度で すべての稚貝が成長している事がわかった。

こんな事があり得るのか?
でも ありえてる。
率直に言って この結果は 素直に受け入れられるものではなかった。
だって、 人間で言うと、生まれてから まだ十年しかたっていないのに、 身長 体重は 二十歳なんだよ。

ただ ビジネスとして考えると・・・

養殖カキの成長速度が2倍・・・・・・・・ という事は、 単純に 人件費は 半分で済む。 言い換えれば、
同じ人件費を使っても マイクロナノバブラーを使用すると 2倍の量のカキの収穫が可能だ。

でも 気持ち悪くないだろうか? 成長速度が2倍になるなんて。
その当時、成長速度が2倍になる メカリズムを 研究者達は ・・・・・・・・・ 解き明かすまでには 至らなかった。

それが 解明されたのは それから 十数年たった つい 3~4年前の事である。

つづく・・・・・・



 その他 オリジナル商品は こちら いっぱいあるよ

(弊店 日海センターは こんなショップです) 
AD

こんにちは、くぼたです!

最近改めて、海水魚飼育におけるマイクロナノバブラーの効果のほどを実感しております!
どんなものでもそうかもしれないけど、普段から完璧!って言う水槽よりも、悪くは無いけど今一つスッキリしないなぁ....安定しないなぁ.....という水槽の方が効果を実感できるかと思います。

飼育水中の溶存酸素が増えるとこってやはりいいことづくめなんですね!
魚が元気になる、ゆえに病気になりにくくなる!
硝化バクテリアが元気になる、ゆえに水が綺麗になる!
マイクロナノバブラーを導入してから、入荷後の魚の餌付きが良くなったように感じます!

そして、お買い求めいただいたお客様からの評判がすこぶる良いです♪!
そういうお声をいただくと本当に嬉しいです!

そんな超お勧めのマイクロナノバブラー! 
少しでもより効果を高めてご使用いただくためのポイントは、エアーポンプを高圧型の力の強いポンプをご使用いただくことです。

正直に言いますと、販売御開始当初は、それほど強いないポンプでも大丈夫!目に見える泡の出が弱くても、目に見えないマイクロバブルが出てれば良いのだから!という説明をさせて頂いたりしたのですが、それも間違いではないのですが、やはり目に見える細かい泡もしっかり出てるくらいの方が目に見えないとても有効なマイクロバブルもしっかりと出ているようです。
その為には使用いただくエアーポンプは高圧型の物がお勧めです!
特に、日海センターのマイクロナノバブラーはマイクロバブルを出すモノトランフィルムをより細かい泡が出るSSグレードの物を使用しております。
 弱いエアーポンプだと押し返されてしまいます!

弊社店内や出張メンテナンスをさせていただいている水槽は、マイクロナノバブラーから細かいエアがしっかり 出ている水槽は本当に水槽の調子が良いです。

また少しでもマイクロナノバブラーの有効性を高めるために定期的にマイクロファイバーの交換をしましょう!
1ヶ月~1ヵ月半、遅くても2ヶ月に一度はマイクロファイバーは交換しましょう!
そうするとモノトランフィルムは汚れず綺麗はマイクロバブルを出してくれて水槽環境をよくしてくれます!

マイクロナノバブラーはマリンアクアリウムにとってとても有効な物ですが、特に魚飼育でわかりやすい効果を発揮します!
でも、サンゴ水槽にも有効です!
ただ、気を付けなければいけないのは、サンゴの場合は細かい泡がサンゴそのものについてしまうと非常に嫌がります。
バブラーの設置位置を水槽の上の方にして、目に見える細かい泡があまり水中を舞わない様にしてください。
下の方に設置した方がやはり有効性は高いですが、それでも一定の効果は期待でしますので。

これからマイクロナノバブラーを導入する方や、付けたものの放置状態になってる方、ポンプやメンテナンスを見直して、ぜひマイクロナノバブラーの素晴らしさを実感してください!!!(^^)v

マイクロナノバブラー
http://www.nikkai-web.com/products/detail.php?product_id=2833
交換パーツ
http://www.nikkai-web.com/products/detail.php?product_id=2839

エアーポンプ アデックス
http://www.nikkai-web.com/products/detail.php?product_id=630
http://www.nikkai-web.com/products/detail.php?product_id=638

AD