【株式会社NIKスタッフブログ】まるごと戦隊NIKレンジャー~ちょっと愉快なヒーロー日記~

東京の株式会社NIK(エヌアイケー)では、関東を中心にオフィスのネットワークをワンストップで構築しています。


テーマ:

こんにちは!レンジャー宣伝部員のユウです。


来月は3月となり、3月期末であることもそうですが、

オフィスの引っ越しが多い月でもあります。


もし3月にオフィスのお引越し計画があるのなら、

この2月に準備を進めなくてはならないこと

その中でもビジネスホンの移転準備(注意点)はどうすればよいのか?


本日より何回かに分け、ご紹介させて頂ければと思います。



【株式会社NIKスタッフブログ】まるごと戦隊NIKレンジャー~ちょっと愉快なヒーロー日記~-ビジネスホンのお引越し


オフィスの引越しに伴うビジネスホンの移転作業には移転先オフィスでの配線設置はもちろんですが、

移転先ではその電話回線をビジネスホン主装置へ接続もしなくてはなりません。また、現状ビジネスホンの撤去作業もあります。


最も肝心なことは「電話回線事業者(NTT等)の移転手続」です。


オフィスの引越し日が決まったら、その日程に合わせて電話回線も移転させてあげる必要があります。

電話回線の移動はNTTの場合ですと、申し込みをしてから移転工事まで概ね5日、3月等の混雑時期では10日以上かかる場合もあります。


オフィス移転日が確定しているのであれば電話回線の移転予約も早めに入れることがベストとなります。


電話番号ですが、移転先地域により番号が変わる場合と変わらない場合があります。同じ区や同じ町でも管理局舎が違えば電話番号も変わる可能性もあります。


引越し先の電話番号がどうなるか、確認しておきましょう。


また、テナントビルによって光ファイバーが引けない、マンションタイプになってしまう、あるいはメタル回線は何本まで、などの制約がある場合もあります。このことも確認しておきましょう。


電話回線以外のアドバイスとして、移転先オフィスの契約電気アンペア数、契約アンペア数が少ないならば後から変更可能かどうか、
それから、工事でOAフロア希望であれば、それが可能かどうか、なども確認しておくとよいでしょう。


オフィス移転に伴う、ビジネスフォンを含めたオフィスネットワークの移転工事、移転先の新規OAフロア化工事、電話回線・ISP等の移転手続きなどでお困りでしたら


お気軽に→お問合わせ お待ちしています。


いいね!した人  |  リブログ(0)

株式会社NIKさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります