テーマ:

こんにちは

検索ワードランキングで、どうやらADSの壁紙やプレイマットの変更方法を知りたい方が多くいらっしゃるようですので書いていこうと思います。


まずADSの本体フォルダを開きましょう

するとtexturesというフォルダがあるかと思います。それを開くと色々な画像が出てきますよね。

順番にどの画像がどのようなものなのかを説明していきます。

act→墓地やエキストラデッキの上でくるくる回るあれですね。透過pngになってるかと思います。

attack→バトルフェイズに攻撃可能モンスターに表示されるあれです。これも透過pngです。

bg→ADSの背景画像になります。これは透過pngではありません。

chain→これなんだろw たぶんチェーンの時の枠ですね。これも透過png

cover→これはカードのスリーブ?裏面?になります。

equip→装備魔法のマークですね。

f1.f2.f3→じゃんけんカードになります。

field→これも一応透過pngです。プレイマットの画像になります。

lim→禁止制限を表すやつですね。

lp→たぶんライフ表示のバックの色

lpf→ライフポイントの枠ですね。

mask→カード発動時のキラッていうエフェクト 透過pngですね。

negated→無効になったカードにつくエフェクトですね。透過png

number→これはターン数とかチェーンとかをカウントするときの数ですかね。透過png

target→永続効果を表すやつですね。リビデとか使うとでるやつです。

unknown→まだ画像の無いカードですね。


こんな感じになっています。

まず透過pngって連呼してますけど、まずその説明から。

透過pngっていうのは背景が透明なpng形式の画像のことです。jpgなんかじゃできません。pngの特権ですね。背景が透明なので他の画像の上に重ねても周りが白くなったりしないってわけです。もし今ADSの起動が可能でしたら変更前のプレマを見ていただければわかるかと思います。


ってなわけでこのADSの画像については透過pngにするのが基本です。ただし場合によってはpngにしなくても良いものもあります。たとえば背景のbgやcoverやじゃんけんのf1などです。


要は初めから入ってる画像のサイズ、形式、名前が同じ画像を用意して上書きすれば出来上がりです。

そのためにどんなツールがあるかを紹介します。

多くの人はフォトショップやGIMPをオススメするかと思いますが、私はpictbear というフェンリルさんが開発するソフトを使用しています。

これは非常に使いやすいソフトでして、GIMPと同じくレイヤー機能を搭載しています。また画像の透明化、透過png等の作成も可能ですのでかなりオススメです。私はフォトショップやGIMPも使用しておりますが、使いやすさとコスパではpictbearが一番かと思います。無料ですしね!なによりもし固まってクラッシュした際でも、直前のデータのバックアップをとってくれるので安心です。透過画像を作るときは新規作成で背景を白ではなく透明にするだけ あとはレイヤーを駆使して画像を仕上げて行きましょう!

ちなみに私のカスタマイズしたADSはこちら!

The wonder DUELIST
背景はSAOですw

ちなみにこの画像もプリントスクリーンで撮影したものをpictbearに貼り付けてトリミングしています。デッキ紹介のレシピ画像やネタ画像などもすべてpictbearで編集しています。画像右下のピカチュウはもうお馴染みかと思いますが、これも透過pngでトリミングした画像の上に貼り付けています。

プレマとスリーブはポケモンですw じゃんけんも少し工夫してポケモンの簡単な相性による有利不利によるスタイルに変更いたしました。

こんなかんじでオリジナルのADSを作成できるわけです!


いかがでしょうか

もし質問等ありましたらお気軽にどうぞ!

答えられる範囲内でお答えします。

みなさんもLet'sカスタマイズ!




以前私とADSでデュエルがしたいとメッセージをいただきました。私も読者の皆様と対戦したいなぁと思いましたので、そのうちちょっとしたトーナメント的なものを開催しようかなぁと思っています。スカイプ使うか、ADSを使うかまだ不明ですが。。。。それにそこまで人集まらないかもしれないし。。。。 ってことでもし参加希望の方がいらっしゃいましたらお気軽にコメントどうぞ!

お待ちしております。

いいね!した人  |  コメント(2)
PR

[PR]気になるキーワード