★にわか香港映画ファンの映画ノート★

香港映画が大好きです!!愛してます!!


テーマ:

ハピネット・ピクチャーズ
極中龍 (←amazon、漢字間違っちゃてるし・・・)

獄中龍

製作年度:1990年

製作国・地域:香港

上映時間:99分

監督:ケント・チェン

製作総指揮:-

原作:-

脚本:ナム・イン

音楽:ローウェル・ロー

出演もしくは声の出演:アンディ・ラウ 、ホー・カ・クィン、ジミー・リー、ライ・チィ

◎1990年香港・映画興行成績 29位(総合37位)

■上映期間(香港) 1990/9/27~1990/10/24 

★上映日数(香港) 28日  

●売上(港元) $10,451,120


香港の人気スター「天若有情」のアンディ・ラウ主演によるアクション。無二の親友同士だったが、月日の流れる中、互いに違う立場へと歩んでいく二人の青年の確執を描く。 (yahoo!ムービーより)


(ネタバレあります。)


「獄中龍/DRAGON IN JAIL」を観ました。

まったく、期待しないで観ましたら、・・・・・意外と私のツボにはいりました。

とっても展開が早く、盛りだくさん。

なんですけど、基本が、「友情」をテーマにしております。

鑑別所仲間が出所後も、「友情」をはぐくむお話なのですが、まったく、ほのぼのしておりません。

最初、「インファナル・アフェア」ばりの警察学校のような、緑の半ズボン、上半身裸の、アンディがおがめます。だけど、友達になるきっかけが、けっこう、些細・・・。

でも、そういう瞬間を大事にします。積み重ねですね。

アンディとアモウ (アンディとアモウ・鑑別所時代)


アンディは激貧の、貧乏くじをいつもひく男の子。いい子で、頭もいいのに、可哀想な道、可哀想な道へ行ってしまいます。出所後も、仕方なく、ヤクザ稼業。

もうひとりの、優秀な生徒は、母親が再婚して、えぼつってる、マザコン野郎です。(子どもなら、母親の幸せ、尊重してやれよ!ガキで、あるまいし。)

結局、なんだかんだ、親に頼って、弁護士になっております。(義父も弁護士)

登場シーン、この人が、アンディかと思った。(ちょっと、鼻が似てる。)


そして、なんといっても、アンディの鑑別所仲間であり、出所後は、ヤクザ仲間である、「アモウ」。

私は、彼の生き様、優しさ、言葉、すべてに感動しました。

「ア・モウ~~~~ッ!!」って、思いました。涙も出ました。

瀕死のアモウは、「誰にやられた!?」と問いかけるアンディに、「誰でもいいんだ・・・。」(もう、こうなったら、そんなことは・・・。)と、優しい気持ちで死んでいくのです。(涙)

彼が支えたものは、アンディとの「友情」。おぉ、ここにも、「男たちの挽歌」にちっちゃく通じるような感動が・・・。

ヤクザへまっしぐら (ボスとアンディとアモウ)


アンディは、途中、ほんとに、大事な人を失います。

そのときの復讐は、まさに、「北斗の拳」の第5巻を見ているようでした。

武論尊, 原 哲夫
北斗の拳 5 死闘への旅だちの巻 (5)

ケンシロウVSジャギです。

アンディVSマー(←こいつ、ほんと、悪いやつ!!なんで、ここまで、アンディのことを苛めるのか!それは、「男の嫉妬」です。)


~ここから北斗の拳~

「ジャギ・・・・俺の名を言ってみろ!!」です。

ケンシロウは、ジャギのために、たくさんのものを失います。そして、最後の戦い。

ジャギのために死んでいった人たちの名を唱えながら、やっつけるのです。

「これはシンの分!!」

「ユリアの分!!」

「幼い兄弟の分!!」

「これはきさまによって、すべてを失ったこの俺の・・・怒りだぁ!!!(大爆発!)」


~ここから「獄中龍」~

アンディは、襲い掛かってきたマーを、冷凍庫に入っていた刀で、

「これはボスの分!」

「これはアモウの分!」

「そして、妻と子の分だぁ~!」

(復讐達成。でも、切ない・・・)


最初は、「今すぐ抱きしめたい」の感じのような、途中、変なテクノ系音楽が入ったり、ちょっと、明るい空気もあったりしたんですがね・・・・。


でも、弁護士の友情は、復讐を果たした刑務所内のアンディと、続くのでした・・・・。


途中、裁判シーンがありまして、要チェックなところは、「鍵を握るオバチャン」。

あと、子羊を頭にのっけたような、弁護士と検事。


アンディ、いっぱい涙流しています。そりゃ、流すと思う。だって、過酷だもん。これまた、自分のせいだけじゃなくって、悲しい運命を感じさせる展開でした。

キーワードの「ハーモニカ」も、ちょっとした活躍です。

あと、切ないくらいに、ケミカルGジャン!!すごいキメが荒いタイプの。

ケミ~ (これは、まだ、かっこいいです。。もっと、激しいもの。)

万人にオススメはしませんが、けっこう、熱くなる場面もありました。

あなたには、こんな友達がいますか?とかって、改まって、聞きたくなる映画です。(オスギか?)

ビバ!アモウ! フォーエバー!アモウ!


オススメ度:★★★☆☆

なんといっても、アモウ・ムービー!度:★★★★★


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

nijinotorideさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。