★にわか香港映画ファンの映画ノート★

香港映画が大好きです!!愛してます!!


テーマ:

ミッション
ビデオメーカー
ザ・ミッション 非情の掟

鎗火
THE MISSION
製作年度:1999年
製作国・地域:香港
上映時間:81分
監督:ジョニー・トゥ
製作:ジョニー・トゥ
脚本:ジョニー・トゥ、ヤウ・ナイホイ
武術指導:チェン・カ・サン
出演もしくは声の出演:アンソニー・ウォン、フランシス・ン、コウ・ホン、ラム・シュー、ロイ・チョン

予告編


やっぱりテーマ曲といえば・・


「暗戦 デッドエンド」のジョニー・トゥ監督が、組織と友情に縛られた男たちの運命をスタイリッシュに描く香港ハード・ボイルド。黒社会のボス、ブンは何者かに命を狙われてしまう。そのため護衛として組織の精鋭を招集する。集められたのはそれぞれ境遇のまるでちがう5人。彼らは衝突を重ねながらも、与えられた任務――ブンを守り犯人を割り出す――を遂行するため行動を共にするのだった……。 (yahoo!ムービーより)

おいら、ガツンとやられましたぁ。
もう、大好き。
こういう映画。
猥雑な感じ。男くさい感じ。冷酷な感じ。だけど、最後もまたよし。
81分に深く濃くストーリーが流れている感じで、見ごたえありました。
ジョニー・トゥ監督、やっぱり、好きだぁ。
「PTU」も、おもしろかったけど、好き!って思うのは、こっちの作品ですなぁ。

アンソニー・ウォン。
ウォン警部のイメージしかない私にとって、この作品では、クールだけど、おっきな男を演じています。
孤独な美容師って感じで。
仕事に関しては、きっちり。そりゃ、あなたにお仕事まかせたいわぁ、って思います。

そして、フランシス・ン。(なぜか、ンの部分を強く、発音してしまいます。)
いいですねぇ。(インタビュー時の人柄もよさそうでした。)
迫力があります。ガタイも、すばらしいですね。

でも、私の中でお気に入りが、ラム・シュー。
ほくろげが、あんなにポリシーを感じさせて、ふとかっこいいんじゃないだろうか・・・と思わせる男。
並みの人間ができるものじゃありません。
唇や鼻にピアス、じゃらじゃら、つける人もいますけれど、今度、ほくろげが、タフさをだす時代が来るかもしれません。だって、5cmくらいのびてるもん。
「PTU」のときは、さすがにもっと、伸びていた!
いっつも、ピーナッツ食べているのも、いいです。いっつも、まわりにカスが落ちてます。
当たり前に存在感バッチリです。

5人の中で、イケメン風二人も、よかったっす。
シンという役の人より、香港版金子賢みたいな人がよかったな。
おっしい、いい男。
この人、「インファナル・アフェアⅡ」でも、潜入捜査官として、ほんと、かっこよかった。えぇ!!?って。おいしい死に方してました。

私、「レザボア・ドッグス」が本当に大好きなんですけど、こういう映画、ほんと、しびれますね。
なんで、男に生まれなかったんだろうとか、思ってしまいます。
だけど、黒社会に憧れるだけの奴になるとは思います。
あんな過酷な社会、のしあがっても、不安ばっかりだし、いいことないもん!
だけど、そんなことよりはるかに、かっこよくみえてしまうこの映画。
ぜひ、香港映画ファン以外にも見てもらいたい映画だなぁと思いました。

オススメ度:★★★★☆
ラム・シュー、くぎづけ度:★★★★☆

【紙サッカーシーン】


【ジャスコでの銃撃戦】


【MV】(なんだかいい曲です)


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

nijinotorideさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。