気がついたら幸せになっている 虹の花ことば

たった一度きりの人生。自分の殻を破り、自分だけの花を開花する喜びと、ありのままの自分自身でいられる幸せと
自分も、周りの人も幸せになれる感動を味わってみませんか?言霊幸人 三宅さおりが、
あなたの人生の可能性と言霊を引き出します。

自分らしく生きていますか?
 


もやもやとした不安を

変えてみませんか?


 
 


 

「言葉」は「光透波(ことば)」や

「言霊」とも言われ、

古来から神秘的な力を持っている


と、言われています。

 


そして、あなたの発する「言葉」は

それを使う人の力が宿り、

愛の「ことば」となり、世界を動かします。

 



愛を「ことば」で発すれば世界は愛に満ち、

 
恐れの「ことば」を発すれば、そこに地獄が生まれます。
 


 

殻破りセラピストは、

あなたが気づかないまま発している

「ことば」からあなたを制限している「殻」を自分の力で

破り、新しい自分に変わるサポートを

いたします。

 



テーマ:
こんにちは〜。
すっかりご無沙汰してしまいました。
皆様、お元気ですか?


急遽、夫の転勤が決まり、家族4人が初めてバラバラな生活が始まります。
振り返ってみると、家族全員で一緒に過ごせる時間というのは少なく、だからこそ一緒の時間を過ごせた事に感謝しかありませんね。


というわけで、忘れた頃にやってくる?
イタリア旅行記ヴェネツィア編です(笑)。

ーーーー

さて、事件はミラノからヴェネツィアに移動中の電車の中で、終着駅に着く前に起こりました。


よくよく振り返ると
息子と2人で朝から晩まで何日も過ごす体験は、幼稚園に入る前?以来かもしれません。


毎日、一緒にいるようで、お互いに特に真剣に話すこともなく、それぞれの生活をしていて、毎日が日々過ぎていくのが当たり前になっていました。


なので、このイタリア旅行では
望むと望まないと関わらず
思春期の息子と初めて向き合うことになりました。


きっかけは、些細な事だったのですが、、、それが次第に口論になり、大喧嘩。


というのも、息子のイタリア目的は「見ること」なのに、何も見所など一切調べず、移動も全て人任せ。「ただ行って雰囲気を見て見たいだけ」が息子の願いでした。


えーーーー!折角イタリアにわざわざ行くなら
短い時間内に出来る限り、色々な見所を見てみないと勿体無い。


が、私の本音。


お互いの
価値観の違いですが


それが段々とエスカレートして行き


旅行先を調べない息子
やる気がない
怠慢
親への感謝が足らない


という図式が私の中で、出来上がり

「誰のお金で行けたと思ってるのーーーー!?」

と、烈火のごとく、怒りの炎がポンペイ火山のように大爆発。🌋


当然の事ながら、息子はポカーン。


だって、受験で頑張ったご褒美の旅行で
息子が好きなようにしていい。

って、言われて
その通り、「好きなようにしていい」と言われたから、好きなようにしただけなのに


私が勝手に1人でブチ切れしているわけですから。


最悪な親ですよね


でも、言葉が不自由なのもよく自覚していて
可能な限り調べておいて、面倒がないようにしておきたい小心者的な部分がありましたが、息子は意外と「何とかなるさ〜♫」と、大雑把、いえ、大物的な性格だったようです。
不思議ですね。

ずっと息子のことを一番理解があるのは自分だと自負していましたが、それが全くそうでなく、ただの私の思い込みである事が分かり、かなりショックを受けました。

終点のサンタルチア駅に着いて、駅から出て、水路の世界を見ても、怒りと悲しみに囚われていた私には、ただの色褪せた世界でした。


折角の楽しい旅行が、こんな事になるなんて、、、


荷物を持ってホテルまで歩いて行く途中、雨が降って来ました。まるで、私の心の涙のようです。


それで、少し冷静さを取り戻しました。


そういえば
息子は学校の先生や、いろんな人から「すごく優しいし、気遣いの人」と、言われますが、ある意味、私が自由に好きな場所へ行くのを楽しみにしているのも知っているから、それも息子なりの優しさだったのかも〜。


と、気づいて、すぐに息子に謝ると
優しい息子は「自分も悪かったから」と、許してくれて、仲直りしました。



ホテルに到着。
お部屋は素敵なコテージでした。

{DAF5D3E0-E37A-46E1-8D1A-7E30FD823A8C}

{3BE05868-5513-4662-9024-A2225BB7D24C}

気を取直して、街を散策します。


{F291FAF9-C641-49D9-B57F-657983348955}


観光客が溢れてます!

{DFABC554-5F62-429D-9654-CBE075ECC87E}


イースター前で華やか✨✨✨

{B229959B-1375-415A-BFEE-8730720E3C70}

{429B9DAF-7F07-40CA-8287-1BA61D669182}

{4D1B0CF7-C146-4EA8-9C86-52333C01DD64}

これぞ水の都!

{AA20E08D-3992-40A0-A2B2-31ED549D5BE9}

{2426C3B7-AC60-4491-831D-F7B7045819BF}

仮面のお店で。
怪しい銅像が、、、


{A8E9D105-F7F6-4A1B-BA31-CC71061DB215}

{D91EF3B0-4F60-4D59-8D5C-C674B77C5BBA}


ヴェネチア編②に続きます。




読んで下さって有難うございます。
















テーマ:
おはようございます。

言葉が分からない親子でも行けるイタリア旅行⑦最後のミラノ編です。


午前中、地下鉄でサンタマリアグラッデ教会に行き、念願のここでしか買えないという「奇跡のメダイ」を購入してきました!


メダイは、教会の中庭にある売店?で購入出来ます。教会の入口から入って、まっすぐ進み、左手にドアがあり、ドアを出てすぐに左の扉です。時間が早すぎても遅すぎても閉まっているので、確認されてみると良いかもです。


{BAE52DFE-43B0-42B6-AB29-1E3FE472227F}


{1C4BCE54-5247-4915-91FC-42045C603491}

{67357640-3684-444A-A274-50270C63EBB7}

{CCBA4C34-00C4-4ACB-8572-8D06A0E2C3C9}


私が行った時も、たまたまそこの扉から出てきた方に聞いたら、礼拝が終わったらオープンするとの事で、私達も礼拝に一緒に参加し、その後、ショップに入ることが出来ました。あくまでも、お土産ではなくて信者の為のお店、、、ですねウインク


おかげさまで
ミラノのトラムと地下鉄はバッチリになりました!


ドーモオ近くのお店でお土産を買ってホテルに戻り、ミラノ中央駅から、ヴェネツィアに向かいます!


ミラノ中央駅。

{8D4623FC-F321-439D-A22E-BAEA76730770}


壮観です。


{684D3051-7D45-430A-B25C-6D31FC7AFCFE}

駅の中も、ハリーポッターの世界のようです。


チョコレートの老舗「venchi」を発見!
{43DFDF19-422E-4924-BCF9-A722D4D62FB6}


どれも魅力的💗
{ACB97A09-3867-47CD-91E8-65ADF62FE190}


チョコレートの老舗ということで
やっぱりチョコは欠かせません!

{65E0BA8A-F4FB-4691-B052-769E626BB2AA}


改札で、チケットを見せて中に入ると、ホームがたくさんあります。

チケットは、必ず打刻しないと罰金との事でしたが、幸いにも私達のチケットは、予め予約済みのA4の紙にプリントアウトされた物なので、打刻は必要ないとの事でした。


イタロを発見!
{4381E2DD-FD2B-4522-B031-20BC0B963E95}



私達が乗ったのは
フイレッチェビアンカ
日本語にすると「白い矢」ですね。

他にもフィレッチェロッサやフィレッチェレジェンドもあるようです。スゴイ豪華な名前ですね。


期待が高まります。


鉄道関係の注意点はこちら⬇︎

ヨーロッパ鉄道チケットセンター
http://www.railstation.jp/new-2-Train-FS-FrecciaBianca.html



旅行会社の方が列車を予約する時
二等車の予定が、一等車の方がお安くなっていたので、一等車に乗れました。(((o(*゚▽゚*)o)))♡

{56B002F1-8F2A-482E-A50A-CE8931E0FAE3}


駅で買ったピザを昼食に。


{B72E0659-10D9-4241-8AC2-6FAD888F6AF4}

席は4人席の向かい合わせです。


一等車に乗ったらどんなスゴイ事が起こるんだろう??

と、ワクワクしていましたが、、、取り立てて何も起こらず(飛行機みたいなウエルカムドリンクもなく)、ベネツィアに到着しました。







ベネツィアに続きます。











テーマ:
おはようございます。
言葉が分からない親子でも行けるイタリア旅行⑥ミラノ編④です。



いよいよ、ミラノでのメインイベント
「最期の晩餐」です!!


ツアーバスは


{82392DD4-2EFE-466A-972B-C955CBFEB99A}

人数と時間制限があり
15分ずつ、2組に分けて入ります。


絵の保全の為?
ガラスの密室に入り、全員入った所で次の扉が開く、、、という形になってます。



いよいよご対面です。


ダンブラウン氏の小説
「ダヴィンチ・コード」好きには堪らないですね💗

{9D569297-DA25-46F7-AF25-011F0C805DEC}


実物に会えると思うと
胸が高鳴ります。

{6E9A1856-A714-4E0D-8984-815175865485}



{C62F5405-8EFD-4EF8-8E47-0E363C8D7620}

キター♪───O(≧∇≦)O────♪


食堂の絵ということもあって、
また、先の戦争で爆撃を受けたこともあり
大分傷んでいたそうですが
修復した後だったので
思っていたよりも綺麗でした!(´ω`)


{F376C733-D15B-4E02-9F52-5BADCBD69DB4}

{8A3AC3EE-FA67-4772-9C23-B9F26AB86C2F}


{BF396EE4-7DD3-47AE-8DC9-B8782FB3FDC9}

ひたすら15分
絵と対話の時間です。


絵を見ていたら胸がジーンとして
なんだか、無性に涙が溢れてきました。


もしかしたら、
過去生でこちらの修道に
いたのかもしれません💦



この時に果たせなかったことを
今、決意を新たに。。。

{B0E3A4E4-5582-4AB3-9234-4CE3740CC218}

こちらは反対側の絵です。
素敵な絵でしたが、あまり注文している人はおらず、、、


{6AFFB345-0E2D-4DCF-8A32-26D62AAFD5CE}

レリーフです。


息子に「絵を見てどうだった!?」と、尋ねたら
「絵も時間もちょうど良かった」との答え。



美術嫌いな息子にしては頑張った!?( ´(ェ)`)



ここで、ツアーの人達と別れてサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の中へ。


{C161643D-64EE-4289-8F58-97AB9386D966}


中庭。

残念ながら、売店は閉店してました(涙)。



帰りは、ジェラートを食す💗


種類も豊富で
どれも魅力的で悩ましいです。

{4E755814-19B0-41D7-A69C-1DDA136565D8}


ピスタチオとブルーベリーチーズケーキを。
{79D7AE11-D730-4DA2-8CBA-D5D6FF409102}


こんなにたっぷりなのにMサイズ。
至福の幸せ💗


駅に行く途中、道に迷い
地図を見ながら、あーでもない、こーでもないと困っているとサッと親切に声をかけてくれて
身振りと手振りでコミュニケーション。


言葉は分からなくても
困っている相手を助けてあげようとか
意志疎通をしたい!という想いがあれば通じます。


それにしても
イタリアは親切な方が多いですね。


困っている時は、サッとスマートです。


というわけで、
ミラノの一大イベントを楽しみましたが、1番はイタリアの人の温かさ音譜音譜音譜それまでの不安も一気に吹き飛びました。



















Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。