ニジノ絵本屋のスタッフブログ

目黒区都立大学駅徒歩2分にあります ちいさな絵本専門店です

★ニジノ絵本屋スタッフブログとしてリニューアルしてスタート★

2014年6月より
ニジノ絵本屋スタッフによるブログとしてリニューアルしました!

スタッフいしがみと絵本読みきかせパフォーマーまえだゆりが
担当して絵本の紹介やイベントのことなど書かせていただきます。

どうぞよろしくおねがいします!

**********

【SHOP】
〒152-0023 東京都目黒区八雲1-4-3 3F
東急東横線「都立大学駅」徒歩1分

【開店時間】

平 日:12時~18時
土曜日:10時~13時30分

※火曜日および平日のみ10:00~12:00の間
外回り及び近隣に読み聞かせに出かけています。

定休日:火曜日・木曜日・日祝日

その他のお知らせは随時、ホームページ、ブログ、
Facebook、Twitter、等でお知らせいたします

**********

ニジノ絵本屋では、絵本を身近に楽しんでもらえるようなイベントを随時、開催しています
ご興味のある方はぜひお問い合わせください!

【出張絵本よみきかせ】
絵本の読みきかせパフォーマーが保育園や幼稚園、企業様のイベントに出張します!

【出張イベントワークショップ】
ニジノ絵本屋スタッフによる工作ワークショップなど
ご希望に合わせたお子さま向けのプログラムでイベント等に出張します!

【絵本屋ギャラリー貸し】
都立大学のお店では小さな展示スペースですが
絵本作家さんの絵本原画展や作品展(イラスト、絵画など)
を行うことができます
土曜の午後、定休日の完全貸し切り等ご希望の方、ご相談承ります

【インディーズ絵本の委託販売について】
作家さん(プロ・アマ問わず)の絵本をニジノ絵本屋で販売することができます

******

下記のアドレスよりお気軽にお問い合わせください


★ホームページ★
http://nijinoehonya.com

★ネットショップ★
http://nijinoehonya.shop-pro.jp/

★ニジノ絵本屋ブログ★
http://nijinoehonya.com/blog

★ご相談・お問い合わせはブログのメッセージまたはコチラまで★
nijinoehonya@me.com



テーマ:
「かたちが衝撃的すぎて」
 そんなことを言って、絵本を買っていったお客さんがいました。

 わたしは、週に何日かニジノ絵本屋の店舗に立っています。
 このコラムを書くにあたりいろいろとネタを探しているということもありますが、店舗に立っているとたくさんの興味をひかれる体験をします。
「かたちが衝撃的すぎて」と言って、絵本を買っていったお客さんと出会ったのも、そんな体験の一つです。


 
 そのお客さんが買っていった絵本は、ブロンズ新社さんより今年の5月に発売になったばかりの「あかちゃん」という絵本です。
 作者は、tupera tuperaさんです。

 さまざまな賞を受賞した「しろくまのパンツ」は、多くの方も知っているのではないでしょうか。 



 その「しろくまのパンツ」を生み出したtupera tuperaさんの最新作が「あかちゃん」です。

 tupera tuperaさんは、亀山達也さんと中川敦子さんによるユニットです。
 絵本にとどまらず、工作、ワークショップ、舞台美術などでも活躍しているとっても素敵なお二人です。ニジノ絵本屋に遊びにきてくださったこともあります。

 さて、この度の新作「あかちゃん」は、かたちが衝撃的というのもうなずけるまん丸な絵本になっています。
 長方形や正方形があたりまえの本のなかで、「丸」というのは「衝撃的」ですね。これは絵本だからできる遊び心です。

 絵本というのは、絵と文だけで訴えるものではないと、再三このコラムでも書いてきました。
 有名なところだと、「はらぺこあおむし」の小さな穴があいている絵本を思い浮かべてもらえるとわかりやすいです。

 このように絵本は、どのジャンルにも属さない「絵本」というジャンルを確立しています。
「絵」と「文」そして「かたち」。
 さらには、「しかけ」や「音楽」。
 あらゆるものを融合することができ、いつも新しい表現方法でわたしたちを楽しませてくれます。
 
 ニジノ絵本屋は、「あかちゃん」の発売にともない、ブロンズ新社さんと一緒にフェアを開催しました。


 そこで、「あかちゃん」の原画をおかりして、店舗で展示することになったのですが、この原画、よく見てみるとコラージュなんです。
 つまり、一枚の紙に描かれた絵ではないということです。


 
 紙に色付けしたものを他の紙に貼って、絵を完成させているのです。これは原画を見てわかったことで、印刷された状態の絵本では、コラージュであるとは想像もしませんでした。
 
 別のスタッフにきくと、tupera tuperaさんの作品の多くがコラージュによって製作されていると言います。

 そう思って再度、鑑賞してみると、なるほど。これはわたしにとっての「衝撃的」な発見でした。



tupera tuperaさんの絵がかもしだすあの柔らかい雰囲気は、これが正体だったのかと納得しました。
 印刷されたとしても、コラージュのよさというものは失われてはいなかったのです。

 絵本の表現というのは、本当に奥が深いものです。

「絵」「文」「形」「しかけ」だけが絵本の面白みではないのです。
 あくまでも印刷され出版されることを前提とした絵本であっても、その製作方法は作家さんたちの個性があふれています。
 目に見えるものだけが、作家さんたちの個性ではないのです。

 目に見えないけど、わたしたちが感じる「何か」も作家さんたちの個性であり、そして絵本だからできる表現方法なのかもしれません。

 これから多くの「衝撃的」な絵本と出会えることと思います。

 それは色彩ゆたかな「絵」からくるものかもしれません。
 それはリズミカルな「文」からくるものかもしれません。
 それは不思議な「かたち」からくるものかもしれません。

 そしてそれは、目に見えない「何か」からくるものかもしれません。


----------------------------

ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてさて♡5月の絵本ピクニックは!いよいよ来週です☆

◎Night Owl の会 – ワインと絵本の夜のピクニック -

5月24日(火)

▼じかん

19時30分~20時30分

 

▼参加費

1500円(スペシャルワインとサンドウィッチ付)
※アルコール以外のドリンクもご用意しています

 



{14E34F76-9ADB-4C0F-8F05-972C2BD658F0}


——————-

 

▼対象

絵本に興味がある方、好きな方 絵本がなんだか気になる方

美味しいものが好きな方 野菜が好きな方

夜活がしたい方

絵本を通して新しい出逢いがほしい方

 

▼持ち物

その月々をイメージした好きな絵本を1冊ご持参ください

もちろん手ぶらで来て頂いても大丈夫です!

 

予約の方優先/予約状況により当日参加もOK

 

——————–

 

▼場所

代官山Bird

東京都渋谷区代官山町9-10 2F

 

▼お申し込み/お問い合わせ先

Birdさん店頭もしくはお電話にて

電話番号:0364165856

 

メールの場合は

- ニジノ絵本屋、代官山Birdさんで絵本ピクニック – 係まで

nijinoehonya@me.com


{009490EA-46C8-4F59-A6F5-F14F1DE32B2C}


写真は先月(4月の)の夜ピクニックの様子です◎


{F3D0BFA8-A35A-4455-91EF-29E3FC089B0A}


ボローニャから帰ってすぐだったので
ボローニャで出逢った絵本を中心にご紹介させて頂きました☆


{114E0745-8310-4847-B263-D9674B5451DC}


サンドウィッチはにんじんを使ったミッフィーカラーのロングサンドウィッチ☆


{F63758C6-EFF1-44E5-9D40-487067405C32}


いつものようにみんなで撮影タイムから☆


{FECB94D7-4DF6-4D84-A92D-9D4962D0AECB}

{4EA5C44F-916F-4ECE-9FC9-6E314F2C86BC}

{D4F7D1B4-FEE8-494A-BB1F-B1D42C7C7438}

{9566F7B9-4AF7-4260-BC27-17E5A48B3E5A}


この季節のワインはさわやかでしたよーーーー!

今月のワインはなんだろーーーーー!!


{C01B1EB2-C9B4-4AC6-AF16-8F1BE70B7B20}


絵本をかこんでのお夕飯はとてもたのしいです


{3CB1CF0B-2CC7-4F32-9A1C-1D5CD63B5009}


{BB1B6F47-DB46-4570-9F11-6496AB44BF6F}


{2A37FBE3-4FCA-4951-ACA7-8293C0C80C77}


{C854AE57-E581-4BDA-8353-481E3023E62A}

{F535E301-AF8F-4B72-A034-55625E749356}


いつもこんな感じでピクニックしています☆

今月はニジノ絵本屋で開催しているフェアの
ツペラツペラさんにちなんだとっておきの絵本をご紹介しようと思っています!

どちらかというとおとな向けの絵本です♡

今回はみなさんどんな絵本を持って来てくれるかなー

今からとっても楽しみです◎


▼ニジノ絵本屋情報

ホームページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
固定概念から解放される。

絵本を読んでいると、それがすごく大事なことに気づかされます。
知ってのとおり、絵本は小説や漫画とおなじ「本屋さん」で扱っているものです。しかし、それにも関わらず、絵本には小説や漫画ほどの制約がありません。

以前にも書きましたが、絵本には様々な表現ほうほうが使われています。
絵だけの絵本。
しかけのある絵本。
色が塗れる絵本。
最近では、特殊な印刷による動く絵の絵本まであります。

こうでなくてはいけない。
そのような固定概念から解放されるには、絵本はうってつけのアイテムではないでしょうか。


さて、ニジノ絵本屋は今月まで店舗と事務所がおなじ場所にありました。
それが、とうとう事務所を別に新しくかまえるはこびになりました。

新しい年度がはじまるこの時期にはうってつけの「お引っ越し」。

「お引っ越し」の際に大事になってくるのが、いらないものを捨てること。

せっかく新しい場所で、新鮮な「なにか」を手に入れようとしても、それをうけいれる余裕がなければいけません。

そのためには、不要なものを捨て、身軽になることが必要です。


断捨離。
近年、よく話題になることの言葉ですが、この言葉は提唱者でもある「やましたひでこ」さんによる造語です。

やはり、この言葉もモノへの執着から解放され、つまり「もったいない」という固定概念から解放され、自分にとって必要なものだけで身軽に生きるということを謳っています。


引っ越しの際には、まさしく断捨離するのがいいのかもしれません。

シンプルに生きることで、自分にとって本当に大事なものが見えてくるかもしれませんね。


現在、ニジノ絵本屋ではトーベ・ヤンソン氏によって生み出されたムーミンシリーズに出てくる「ちびのミイ」が主人公の絵本が二冊あります。

一冊目は、ムーミンやしきにやってくるミムラ夫人と17人の娘たちに、家のなかを汚されてしまうおはなし。




17人の娘のなかに「ちびのミイ」がいて、ミイがまたさらに騒動をおこします。



二冊目は、ムーミンやしきに住みついてしまったミイから逃れるため、ムーミンが新しい家をつくって、そこに引っ越しをしようとするはなしです。





どちらの絵本も「ちびのミイ」がおこす騒動に、ムーミンやその家族たちが巻きこまれるといったストーリーです。


この絵本で気づかされたことがあります。

一冊目では家を片づけたあとに、ムーミンたちはほっと一息つくのです。

「うみほど きもちのいいところは ないな」

と、ムーミンパパが言います。





きっとこれは、家のなかを汚され、それを片付けたという経験があったからこその感想ではないでしょうか。
ただ海にいったところで、海の気持ちよさには気づけなかったかもしれません。


さらに、二冊目では、ムーミンは自分のためにつくった家を、ミムラ夫人と17人の娘たちにプレゼントしてしまいます。

「いえを たてるのは、
とても たのしかったです。
でも、ぼくは やっぱり
ムーミンやしきの
ぼくのへやが いいんです」

と、ムーミンは言います。




ここでもやはり、家を建てて新しい環境を手に入れたという経験があったからこそ、自分の部屋がいいということに気づけたのではないでしょうか。


あらたな環境への一歩を踏み出すというのは、不要なものを捨て、新しいものを手に入れるチャンスです。

そして、それと同時に、いままで隣にあったものの重要性に気づくチャンスなのではないでしょうか。


つまりは固定概念を捨てひろく物事をとられるためには、新しい一歩が必要になってくるということですね。

そのとき、いままで隣にあった本当の宝物に気づくのかもしれません。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。