2月21日 午後1時ころ


途中、ちょっと迷ったりしたけど、順調に頂上までたどり着きました星


にじいろのさかな


とりあえず、パシャっと記念撮影カメラキラキラ


にじいろのさかな


で、山頂に転がる大きな巨岩に登って、川平湾を一望もみじ


友達が一瞬でしたが、石垣島で1番さわやかな女の子に見えましたよヒマワリ


にじいろのさかな

危険なとこに登ってみんなを記念撮影してくれたTくん虹


底原ダムと大平洋をバックに、やっぱり一瞬だけ、石垣島で1番さわやかな男の子に見えましたお月様


にじいろのさかな


なんか南アルプス天然水のCMっぽい流れ星


にじいろのさかな


何気なくいるこの岩の上、実は登るのに勇気が必要なんですカエル


この山で二番目に標高が高い巨岩イカリマーク


にじいろのさかな


『オレのヒザに乗っていいよひらめき電球』みたいな感じで、組体操してるみたいに協力して昇ったこの山一番の標高の巨岩コスモス


みんなで電車ごっこするみたいに楽しそうな写真も撮りましたよクラッカー


にじいろのさかな


帰り道、正規のルートから外れたりしてちょっと不安にもなったけど、オオタニワタリやヘゴを採集しながら みんなで楽しく下山しましたさくらんぼ



おまけ


車を停めてた場所で、みんなサンダルに履き替えてると、靴下やズボンの裾からボトボトと大きくなったヒルが‥ガーン


次回は、今回 行けなかった『桴海オモト岳』またみんなで登ろうね音譜



AD
この辺りの標高は、既に野底マーペーを優に越えるくらい星


にじいろのさかな


ウマヌファ岳の登山では、小さな沢を数回渡りました。


内地ならアユでもいそうな綺麗な沢ばかりさくらんぼ


にじいろのさかな


倒れた木がそのまま根付いた『アーチツリーキラキラ


この下がちょうど道になってて、記念撮影とかしてみました流れ星


にじいろのさかな



沢ルートには湿原もあり、みんなスニーカーを汚さないようにヒヨコ歩きでヒヨコ



にじいろのさかな


沢を抜けると花コウ岩の転石帯ゾーンへ、前日の雨でぬかるんでいたので慎重にクローバー



にじいろのさかな


ここまでくれば、開けた場所から山頂も垣間見ることができてヒマワリ


でももう笹薮?というか、道という道がなくなってこんな感じにひひ


にじいろのさかな


ドライブで山の上に見えていた巨岩が、もうすぐ目の前に虹



『ウマヌファ岳』山頂まであともう少し王冠1



AD

2月22日 晴れ 東風


今日は前から楽しみにしていた『桴海オモト岳・ウマヌファ岳』登山虹キラキラ


前日までのぐずついた天気が嘘のように朝から青空が広がりましたクローバー


にじいろのさかな



米原の知多食堂の脇の坂道の突き当たりのサトウキビ畑が山道の入り口もみじ


にじいろのさかな



にじいろのさかな


わだちを進むと、山を囲むように防護フェンス(たぶん猪対策の)が張られていましたヒマワリ


適当な間隔で張られている目印となるビニールテープと、ガイドブックを頼りにガシガシと山の奥まで進んで行きますとかげ



にじいろのさかな


時折、目の前に立ち塞がる神聖な感じの木々星 石垣島の自然ってすごいコスモス


何度かあった分かれ道もガイドブックを頼りに順調にクリアして行きましたフラッグ


にじいろのさかな


旧日本軍が作ったカマドがこんな山奥の登山道の脇に残っていましたサーチ


途中、山道を歩いてるだけでヒザ下までズボンを登ってくる『ヒル』に女の子メンバーがパニックに爆弾


余裕をかましてヒルを取ってあげてたら、自分の足にも血を吸って数倍に成長したヒルがくねくね‥


地面にいたヒルは、針金くらいの太さだったのに‥(汗)



Android携帯からの投稿

AD