幸せの途中?

テーマ:
今日は、ある人の言葉で印象に残ったフレーズを紹介します


生きてくのが、辛い苦しいとばかり漏らす知人にある人はこう言ったそうです。


『辛いのは幸せになる途中ですよ』



[辛]という漢字に横棒を一本加えるだけで[幸]という字になる。つまり、幸せになる過程は辛いということなんだと


もし本当に幸せになるために辛い期間が必然なら、みんなもっと頑張れるのかもしれませんねクローバー


ここで紹介したある人とは、筆談ホステスを執筆した斉藤里恵さんのことです。

僕はダイビングのガイドとして海のなかでお客様とコミュニケーションをとるわけですが、水中スレートとハンドシグナルを使ったコミュニケーションによってガイドとしての個性を発揮して、お客様の海の時間をかけがえのない一生に一度のものに変えていく。

そういう面では、メモパッドを使って接客をする斎藤さんと共通する部分があるかもしれないですねフグ


斉藤さんのように、もっと人間の内側から溢れるような、魅力も身につけたいなと思った今日この頃でした
にじいろのさかな-20090518131909.jpg
AD

於茂登岳をみながら

テーマ:
今日は、於茂登岳の麓のサトウキビ畑で仕事でしたフグ


沖縄で一番高い526㍍の於茂登岳の麓にいると、なんだか高原にいるような感じだったし、眺め的にもサトウキビ畑と妙にマッチしてサイコーでしたニコニコ

於茂登岳周辺には、国の特別天然記念物のカンムリワシやリュウキュウキンバトも生息し、国の天然記念物のカンヒザクラも自生しているそうです

サトウキビ刈りの期間中に於茂登岳の頂上でオリオンビールをグィッビール
ガンバった自分にささやかなプレゼントしてあげようかなキラキラ
にじいろのさかな-20100127095151.jpg
AD

深呼吸の必要

テーマ:
最近 ふと色んなことについて考える時間が増えたなって気付いた


1日数千本のサトウキビを刈りながら、自然と今までを振り返ったり、これからどうするかをじっくり考えたり‥

そして、都会の生活では分かってはいても結局周囲と都会の喧騒に影響されがちだった自分を、なんだかリセットできたような気もする


どんな場所でもいつも自分で居続けること、初心を持ち続けることって、やっぱり思いのほか難しい


何歳になっても、いつも心の底から笑っていられる、そんな自分でありたいと思った


サトウキビ畑で、青空の下、太陽の恩恵をもらった大地の空気をたくさん、深呼吸をして吸い込む度に、なんだか自分のなかで大切なものが満たされていくような気がした
にじいろのさかな-20090518144015.jpg
AD