• 22Apr
    • 今更だけど、ぶっちゃけ話

      こんばんは、YUKIです。今更のことなのですが、ワタクシ、YUKIは…オーラソーマ・プラクティショナーの資格を手放しました!えー、どういうことかと言いますと、オーラソーマの有資格者は、2年ごとに更新が必要なのです。そして去年、一昨年ぐらいからかな?沢山の変更点があって、私がキャパ・オーバーを起こしてしまったんです。3月の更新を見送ったので「あー、とうとう手放したんだな~」と感慨に耽っていたら、今度また6月に更新があるそうで(笑)まぁ、これも見送りますがね。資格まで取ってもったいないとは思いますがまた機会があったら(変更点も多いことですし)、一から勉強するのもいいかなと思ってます。定期的にイベントに出ていたスピリチュアルな方面の活動も、今後は一切出ません。先々のことはわかりませんが、おそらく出ないだろうと思います。なのでブログのタイトルとか体裁とか変更しますが、スピリチュアル自体は私の生き方として定着しているので、細々と、個人的に興味を持ったものについてはやっていこうかなと思っています。ブログも私が個人的に感じたものについてを書いていくつもりです。*  *  * ここからぶっちゃけ話  *  *  *わざわざこんなことをブログでぶっちゃけるつもりはなかったのですが、私の怒りスイッチを推すような記事を読んでしまいまして。連名で出しているメールマガジンを受け取って読んだ時のことです。いつもはお目当ての方のところだけ読んで、あとは興味が沸いたら見ようかな程度で。普段なら読まないんですが今回たまたま読んでしまったんですよ、最後まで。それで久々に見た「闇の勢力」とか「光の存在」とか、「光=善」とか「闇=悪」って言葉に反応しましてん。まだこんなこと言ってる人いるんかいってカーーーーッとなってしまったんです。光も闇もないんだよ、闇は悪いって誰が決めた、光は善って誰が決めた、いつまでスターウォーズ続けるつもりなんだよ。(→スピリチュアル界隈では実際にあった話)『イティー・ハーサ』読んでみろよ!!←!?それでたいていは政権批判とセットなんだよね。(→見事にセットだったw)政権批判したいならしたいでいいじゃん、別に止めないよ。なんでそこにスピリチュアル絡めるの?なんでとってつけたような正義を騙るの?批判してるってことは自分は「善」のつもりなんだよね?それこそ誰があなたを「善」の側にいると決めた?というか、誰だって自分のこと「善」の側にいるって思ってるんじゃないの!?スピリチュアルってそーじゃないだろう!?という思いが一気に噴き出しまして。(アカン……、私スピリチュアル絡むと沸点低くなる………。)というか、スピリチュアルは人それぞれであって考え方も色々なんだよね。考え方っていうか、感じ方、かな?だからこうやって私がカリカリしてるのも、もしかしたらお門違いなのかもしれない。でも腹立つんだもん。そういう人ばかりではないとは思うんですが、FBの知り合いでもやけに私のタイムラインに国粋主義っぽい記事を流してくる人とか、それとは逆に政権批判記事を流してくる自称リベラリストみたいな人とか、もうお腹いっぱいなんですよ、私は。私はただ純粋に女神とか龍とか精霊とか宇宙の声とか知りたいだけなのに、知らんがな、他所でやってよ。批判したきゃすればいい、でもスピリチュアルをその手段にすんなよ。多分私はスピリチュアルをそういう手段に使われるのが一番嫌なんだと思います。なのでFBも「あなた誰?」みたいな人はバッサバッサ切っていきました。たいていは自分の宣伝用に知りもしない私に友達申請送ってきた方々です。中には何も言わずに申請ボタンだけ押してきたようなスピリチュアルな活動してる人もいましたよ。もうだいぶ前ですが、見ず知らずの私にアクセサリーの修理お願いしておいてそれが完成したら「一緒にアクセサリー修理のビジネスをしましょう」とか言う人もいましたよ。正直、この人大丈夫かな?って思いました。……とまあ、去年までの私ならここまでぶっちゃけたら干されるな、という恐れで話せませんでした。辞めよう辞めようと思っていた優等生的な視点がその時点では辞められてなかったってことですね。一年前、ちょうど妹との関係で爆発した時期でした。今の私が一年前の私に言うことがあるとすれば、スピリチュアルやってる人=いい子(優等生) じゃないし。なんでそんな我慢してんの?優等生してるの辛くない?頭お花畑なの?受容性の意味はき違えてんじゃないの?もっと気楽に生きればいいじゃん!みたいな。見る人が見たら「もっと砕けていいんだよぉ~w」って言われるかもしれないけど、今の私は随分と自分に正直に、気楽になってきてます。何か色々あちこちに話が飛びましたが、私はスピリチュアルな活動も辞めましたが「いい子」も辞めました。友達申請ボタンのみの薄っぺらいSNSの繋がりも切りました。加えて言うなら4月に入ってからなかなか捨てられずにいてずっと行動に移せなかった粗大ごみを一気に出しました。賞味期限切れの食材の数々も狂ったように捨てました(笑)この調子でもっともっと軽くなっていきたいと思います。目指すは「他人がなんて言うかなんてどうでもいい」って心境かな(笑)

      11
      テーマ:
  • 04Mar
    • 「お雛様の日」と不思議な夢

      昨晩不思議な夢を見た。(長いよ)一つは多分記憶の整理のための夢。恐ろしくリアルで異世界にでも迷いこんだのかなと思うぐらいだけど、設定は完全にオンラインRPG(笑)人間は寝ている間に記憶の整理が行われているらしい。だから、記憶がいっしょくたになってわけのわからない夢を見たりするというのだけど、そうやってどんどんデフラグみたいなことをしていくんだなぁと思う。もう一つには、亡き母が出てきた。多分こっちが本命。特にすることがないので寝そべって寛いでいる私の前で、何か不機嫌で、ヤケクソのようにバタバタと忙しくしている。ちなみに脱線するけど、母は何も言わなくても空気読んで手伝え、という人。その時は「手伝おうか?」と言ってはならない。母の理論では、それは「やる気がない」んだそうだ。本当に手伝う気があるなら「手伝います」が正解なんだとか。ほぼ言いがかりのような屁理屈な気がしたけど、亡き父はよく「手伝おうか?」と声をかけては「いい(←結構です、いりません)」と母に言われてスゴスゴ退散していた。声をかけてくるだけでも優しいと思うんだけど、母の理論は家族にも、いや家族だから容赦がなかった。相変わらず「手伝って」と言えない人だなあと思って見ていると、「ほら!ウェディングドレス買ってあるから!(支度しなさい!)」と鬼の形相で言う。私の方は「(・Д・)?」である。そりゃそうだ、夢設定だもの。ていうか、まず結婚する予定がない。だから、その報告もしてない。次におかしいのは、娘になんの相談もなくウェディングドレスを勝手に用意していること。自分だって、父の母に角隠し着るのを強要されたって散々文句言ってたのに、実の娘にこんな暴挙をするか?と夢の中ながら頭が働く(笑)「え、何言ってんの?結婚、しないよ?」と言うと、これだけ用意してやってんのに今更何言ってんだ、みたいなことを言う。それで夢設定の笑っちゃうトコは、私も私で「裏切られたの。だから結婚はしない」と言い出した。裏切られたといえばアレがそうかなあみたいなことはあったけど、私それまだ根に持ってたっけ?とワケがわからなくなった。すると、母はさめざめと泣き始めた。夢はそこで終わった。起きてからしばらく、「_(┐「ε:)_?」となっていた。生前母は私が付き合っている人と上手くいってなかったりすると仄かに嬉しそうにしていた。家族が一番の母にとって、自分から家族を奪うような存在は「敵」そのものだった。凄く仲の良い女友達にも、今考えるとあれは嫉妬していた。私の意識が勉強と家族以外に向くのが相当嫌だったのだろう。「気軽に出かけられない妹が可愛そうじゃないのか!?」と言っては、私の土日祝日の行動を制限していた。多分あれは「妹が可愛そう」なんじゃなくて「私(=母)が可愛そう」だったんだな、と今ならわかる。だんだん時間がたってわかったのだけど、あの夢は多分「もう母のお膳立てはいらないよ」という宣言だったのだろうと思う。普通結婚て、結婚する当人たちが色々と下準備するものでしょう?その下準備を、夢の中では母がやっていた。それも「あなたのためにやってあげたのに」という家族にありがちな設定。心配と信頼は違う。「あなたのことを思って」「あなたのことが心配だから」は、「私はあなたを信頼できません」って言っていることと同義だ。でもその裏には、母が母自身を信頼できない葛藤があったんだなと気づいた。母はいつでも正論で、凄く堂々としていたけれど、実は物凄く自信がなかったのだ。折しも3月3日は巳(み)と巳(み)が重なった日。巳年は私の生まれ年(←旧暦では辰年生まれ)でもあり、女の子の節句の日。ようやく、母に対するわだかまりを流せることができたのかな、と思いました。

      69
      テーマ:
  • 17Feb
    • 近況

      皆さまコンバンハ。もはやブログとして全然機能していないような気がしないでもないですが、今日のことは書き留めておきたいなと思ったので久々にアメブロにログインしてみました。今日はそのえ先生のところでグループワークでした。年が明けて少しして女神イシスとマアトのグループワークに参加したのですが、その後に起こったことは、今回の女神アバンダンティアとダナのグループワークに繋がっているような気がします。どうしてそうなったのか納得するまでに時間がかかりましたが、ちゃんと理解できた私に「帰りに”甘いご褒美”でも摂取していけば?」と勧められた気がしてお言葉に甘えて寄り道していきましたw←ホントは美味いコーヒーが飲みたかっただけだったんだけどさて、前回のグループワークの後どうなったのかを説明する前に、そのグループワークでどういうことをやったかという前置きが必要です。女神イシスは「バラバラになったものを元通りにした」という神話がありますね?そう、夫のオシリスが殺害されてバラバラにされたのを元通りにしたというアレです。前回はその力をお借りして、置き去りにしていた自分の魂の欠片(ソウル・フラグメント)を回収したんです。どういう時に自分の魂の欠片ができるかというと、辛い時、悲しい時、耐えがたい苦痛を感じた時がやはり多いと思います。(楽しい時、嬉しかった時でも魂の欠片を残して行くことはあるようですが)それで回収した結果どうなったかというと「記憶の再現・再確認」が起こっていたようです。おりしも超ド級の獅子座の満月(スーパー・ブルー・ブラッドムーン)の影響もあり、ちょっと今回ばかりは自律神経がやられたか、はたまた鬱病にでもなったか?ぐらいの酷い落ち込みようで、とにかく何もする気が起きず、「私、なんで生きてるんだろう?」とまで思う始末。「なぜ今頃?」と思うほどに昔のことを思い出しては、本来ならその時に表現するはずだった感情を追体験しては手放していました。”頭ではわかっていても、感情が追い付かない”ものばかりでしたから、キツイことこの上ない。私の場合はそれを手放さない限りは豊かさを受け取れる状態になかった、ということです。それでね、一個思い出しちゃったんですよね。すでに10代の頃に「早くこの人生終わらないかな。若死にしたいな」と思っていたことに。私は、私一人分の人生を歩むことを5歳の時にすでに母から却下されてました。まあ、詳しく話すと長くなるしものすごく重くなるので、今は「特殊な環境だったから」とだけ言っておきます。親の虐待とかそういうのではないです。キツくてどうにかなってしまいそうでしたが、今回のこの追体験がなければ自分がどんなに頑張ってきたか、自分がどんなに我慢してきたか、自分がどんなに外の世界に飛び出していきたがっていたかを思い出すことはなかったと思います。今まで通りに努力を重ねても「自分の人生を歩いていない」状態のままなら、多分何をしても同じか、下降の一途を辿っていたかも。今日のワークで女神たちからもらった言葉は、「あなたは、自分以外の誰かの人生を肩代わりする必要はない。あなたはあなたの人生を。その人はその人の人生を精一杯生きればいい」でした。ワークの時に惹かれてお迎えしたレインボーシトリンと、ワーク後になんとなく引いたレムリアンカード。大変容の時ですって。近いうちに職場辞めちゃってたりして

  • 18Jan
    • 「誰でもできる、簡単なエネルギーケア(ヒーリング)」について

      皆さまこんばんは。久しぶり過ぎて、自分にブログがあることすら忘れかけていたワタクシですが、ちょっと思うところあって「誰でもできる、簡単なエネルギーケア(ヒーリング)」について少しお話したいと思います。皆さんはヒーリングというと、どんなイメージがありますか?漫画やアニメ、映画などに出てくる魔法使いみたいな人が対象となる人物に、「えいやっ」と光のようなものを送っているようなイメージでしょうか?イメージ的には近からず遠からず、といったところですが上述したようなイメージですと「人から人へ直接」という図式になります。が、「誰でもできる」かといえば、疑問を持つ人も多いのでは?(たいていは、本当は誰でもできるのですが、「できない」「私には無理」と思うことによってできなくなってしまうのです)そこでです。おそらくは、たいていのヒーラーさんがそのようにしている(あるいは無意識にそうできている)と思うのですが、エネルギーを送りたい人と対象の人物の間に、お互いのハイヤーセルフを挟んでエネルギーを介させる方法を少しですがお教えいたします。下の図を見てください。右の人物と左の人物は、遠く離れた場所にいます。「遠隔ヒーリング」なんて言葉をよく聞かれると思うのですが、まさにそのような感じです。エネルギーを送りたい人は、まずは自分のハイヤーセルフに要望を届けます。心の中で言ってもいいし、声に出して言ってもいいです。例として、右の人物は手の中にピンク色のエネルギーを持っているイメージをしています。そして、「ハイヤーセルフ、ハイヤーセルフ。このピンクのエネルギーを〇〇さんのハイヤーセルフに届けて、後は良きように使ってもらってください」とお願いします。この時、ハイヤーセルフを挟むことによって何が良いかと言うと、「エゴが入りにくい」ということが挙げられます。エネルギーを送りたい側の人は、なんとかして対象の人物に元気になってもらいたかったり、良くなってもらいたいという気持ちが少なからず発生してしまいます。しかし、かえってその気持ちが仇になってしまう場合があったりします。が、お互いのハイヤーセルフを介することによって、相手のハイヤーセルフがどんな風にそのエネルギーを使うのかはこちらには全くわかりませんから、そこにエゴは入りこめません。すごく現実的にザックリ言いますと、「お金は渡すから、好きな風に使って」みたいな感覚に近いのかもしれません。とにかく、あとはお相手のハイヤーセルフに全てお任せです。図ではピンクのエネルギーですが、ピンクでなくとも、例えばブルーだったり、イエローだったり、マゼンタでも良いですし、色じゃなくとも、クリスタルやオーラソーマのボトルやポマンダーなどでも良いでしょう。ちなみに、相手を癒したい時の色はやはりピンクやマゼンタが良いと思われます。ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

  • 15Oct
  • 05Oct
  • 21Sep
  • 11Aug
    • 八ヶ岳〜諏訪へ・2日目

      こんにちは、YUKIです。少し間が空きましたが、引き続き八ヶ岳~諏訪の旅、二日目のレポートをお送りします。1日目は神社から神社へ、移動に次ぐ移動だったので2日目は少しゆったりしたいなぁ~と思っていたのですがそうはいかず(笑)2日目もがっつり移動三昧でした!朝が少しゆっくり目にできたのが一番の贅沢タイムだったかな(笑)この日の行程はこうです。JR茅野駅→上社前宮→守矢史料館→上社本宮→高島城→諏訪湖→上諏訪駅炎天下の中、駅から歩くと30分はかかると判明し、その後の行程のことを考えてタクシーで回りました。この方がとても感じの良い方で、地元のお話や世間話などをちょこちょこと挟んでくださって、専門のガイドさんとは違いますがとても楽しく過ごせました。まずは上社前宮。「ここが一番山の中にあって小さくて古いんですよ~(苦笑)」なんて言っていましたが、確かに見た目は古ぼけてて今にも崩れてしまいそう。場所も、なんだか民家を抜けた先という感じでしたが、ここが一番四社の中で大らかで優しい、全て懐に包んでくれるようなエネルギーでした。普通神社への参拝では、名前と住んでいるところと、どういう趣旨で参拝したのかを心の中で語りかけるようにしているのですが、それをやろうとしたところ「よい、わかっている。よく来た、よく来た」という言語にならない言語が返ってきて、ああ、このお社が今回の旅を用意してくださったんだなと感慨深かったです。こちらが上社本宮の御朱印。境内に流れる水眼(すいが)の清流。ホントに冷たくて気持ちよくて!両手ですくって顔をざばざば洗いたいくらいでした!化粧をしていたのでできませんでしたが…( ̄∇ ̄+)駅からお社が遠いだけで、お社からお社へは歩きでも行ける距離。その中間に、神長官守矢史料館があります。写真の一切を撮るのを忘れてきましたが、多分撮られたくなかったのでしょう。日本の神話を紐解いていく時に、必ずと言っていいほど語られる国譲り神話。それに出てくる出雲系の神・タケミナカタと天孫系の神・タケミカヅチの力比べですが、負けたタケミナカタはやがて諏訪の土地にたどり着き、ここに封じられました。が、タケミナカタが来る前にすでに諏訪には別の神様がいました。それがミシャクジ様。「御左口神」とも表記されていますが、なんせ古事記が成立するよりもずっと昔の土着の神様なので正体はよくわかっていません。おそらく元は龍蛇神の一種でしょう。そして私の見解では、北斗七星信仰(=妙見信仰)が絡んでくると思っています。史料館のガイドのおじいちゃんの話では、聖徳太子時代の神仏論争で負けた物部守屋の縁者(弟かな?)が関係しているとも言われています。ミシャクジ様や、諏訪の古代信仰についてはスピリチュアル関係も含めて色々な方が様々な考察を出しておられますが、それをすべて脇においやっても、この地は歴史ロマンが溢れる場所だというのはまず間違いないです。ミシャクジ様については長くなりそうなので、またの機会にいたしますね(笑)話が進まない…次にやってきたのは上社本宮。いよいよ四社巡りのラストです!こちらのお社にももちろん件のタクシーで向かいましたが、私が御朱印を集めていることと、歴史好きなこと、更には父親の故郷だという話をして親近感のようなものを感じ取ってくださったドライバーさんが面白いことを教えてくれました。「この神社は鳥居が二か所あるんですが、観光客の皆さんが正面だと思っておられる鳥居は実は正式には正面じゃないんですよ。『こんな脇にあるのが?』という方が地元では正式な鳥居なんですが、良かったらそっちからお参りしますか?」そりゃもうそっちからお参りしますよ(笑)神社の境内は、鳥居からまっすぐ伸びた参道の正面にお社があるパターンと、わざわざ参道が曲がっているパターンがあり、一説によるとこの曲がっているパターンは「封印された神」という説があります。例えば出雲大社がそういう造りだというのは有名な話です。参拝者はオオクニヌシに向かってお参りしているつもりでも、実際はオオクニヌシの像は参拝者の方ではなく、そっぽを向いているという…。まだこの目で確かめたことがないので、是非見てみたいものです。本宮の場合はドライバーさんの言う「地元では正式な鳥居」からのルートだと布橋という古くは諏訪大社の大祝のみが渡ったという長い長い回廊のような場所を抜け、塀重門という門をくぐってくるっと折り返します。折り返してやっと拝殿が正面に見える、という感じです。いやぁ、面白いなあ。ここでは、まるでマラソンでゴールしたかのように、「よし、よく頑張った!」みたいな空気を感じました(笑)念願叶ってようやくご挨拶に来れた旨を伝えて帰ろうとしたところ、すごく明快に「願いは?」と聞かれました。そうおっしゃっていただいたので、もちろんそれもお伝えしましたが、正確には「宣誓させられた」という感じだと思います(笑)こちらが上社本宮の御朱印。そしてここからは気楽な観光。地元にあるという高島城。諏訪氏の居城ですが、ちっちゃくて可愛い そして最後は諏訪湖へ。ニュース等で話題にはなっていましたが、ここまでとは…。一面、藻が繁殖している上にプランクトンが豊富すぎて青潮?が発生してました(苦笑)こちらもドライバーさん情報ですが、「湖に流れ込んでくる河川は多いけれど、湖から流れていく河川が一か所しかないからねぇ~(苦笑)」水が上手く循環していってないようです8/15には諏訪湖の花火大会があるので、すでにその会場の設営であちこちにロープが張られ、湖に面した旅館などもじきに桟敷席が設けられるのだとか。水面に近づけなかったのは残念でしたが、こんなに汚れて大丈夫なんだろうかと思っていたところ、「掃除する。心配ない」 というお返事が返ってきたような、こないような…ハテ(・・?なんとなくですが、この8月は自分の中ではだいぶ節目になるような時期で、もちろんライオンズゲート(8/8)が近いという意味もありましたが、古い古い故郷に再び縁つなぎに帰ってきたのかな、という気がしました。星回り的にも、10月には木星が私の月星座であるさそり座に入り、そして年末には太陽星座の山羊座にいよいよ土星が帰ってきます。土星の周期は29.5年だそうで、おおよそ30年前に私は何をやっていたかなと考えたところ、本格的な受験戦争に入り、母にお尻を叩かれるように勉強、勉強、また勉強の毎日が始まった頃でした。石井ゆかりさんの2017年のダイヤリーを見てみると、おおよそ30年で作り上げた鎧を脱ぐタイミングだそう。部分的に引用しますと、「かつての自分を守るために必要だったいくつかの防具は、大きく成長した今の貴方にとって、もう必要ないのです。そのことに気づき、重い防具を外したとき、かつてよりもずっとやわらかくしなやかな生き方がそこに、立ち現れます。」(『STELLAR DIARY 2017 山羊座』より)「より自分らしく生きるリスタート」の前に、こうして諏訪大社、ひいては諏訪の地に、八ヶ岳にとご挨拶に訪れることができたのが、「魂(たま)結び」のような気がしてなりません。また来たいな。八剱神社の御朱印もらい損ねたし(笑)でも今度はもうちょっとリゾート気分も欲しいー!(*’艸3`):;*。 プッ♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*現在提供しているメニューオーラソーマ・コンサルテーション(1時間・¥10,000) 詳細はこちらチャクラとオーラのヒーリング   (1時間・¥10,000) 詳細はこちら   専用Facebookページ→https://www.facebook.com/nijiirobloom/メールアドレス→sirius770115☆gmail.com(☆を@へ変えてくださいね)♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*ブログランキングに参加しています♪ 

      56
      テーマ:
  • 09Aug
    • ”★バカ(笑)逆だ!!”

      私普段あまりこの方のブログ読まないんだけど、「もー、バカ。これ読め(笑)」ってガイドやハイヤーセルフから知らされたのかも(≧▽≦)自分を先に楽しませることに、ちょっとした罪悪感がまだあったんダネ(°∀°)b

      11
      テーマ:
  • 08Aug
    • 八ヶ岳〜諏訪へ・1日目

      こんにちは、YUKIです。先日お休みをとって、ずっと行きたいと思っていた諏訪大社四社巡りに行って来ました。山から湧き出る清らかな水と常に聞こえるせせらぎの音、緑を吹き抜ける風や樹齢何百年もありそうな大木の中に身をおいて、すっかりパワーチャージできました四社全部巡るとお菓子と記念栞がもらえました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:元はといえば5月に入ってからかな?八ヶ岳薪能に行く用事ができたので、なら少し足を延ばそうという運びになったのですが、まあこのへんの細かな変更と対応できる機動力は一人旅ならではですね。みんなでわいわい行く寺社巡りも大好きなのですが、どうやら自分にとってここぞという大事な場面になると必ず一人きりで訪れるようなシチュエーションになります。だいたい、弾丸ツアーすぎて他の人誘えない実は諏訪は父の故郷。父自身は、幼い頃に家族で東京に越してきてしまったので諏訪に戻るような機会なんてほぼなかったと思いますが、私は何かと勝手に縁を感じていた場所です。まず一日目、特急あずさで下諏訪駅まで向かい、下諏訪駅→下社春宮→万治の石仏→下社秋宮→下諏訪駅の順でお参りを。徒歩移動でゆったり時間を使ってもだいたい2時間ぐらいでしょうか。駅には御柱祭で実際に丸太を曳航するのに使ったとおぼしき大綱と、万治の石仏のレプリカがお出迎え。まあ、こう見ると愛嬌があるようなないような…。昔はここも参道だったんだろうな~という道路の途中で下社春宮の大鳥居が。独特な結び目ですが、おそらく諏訪大社の神紋を象っていると思われます。ちなみに下社と上社では神紋が少し違います。一日目に訪れた下社は「明神梶の葉」といって、根が5つに分かれた梶の葉。二日目に訪れた上社は「諏訪梶の葉」といって、同じ梶の葉を象っていますが根は4つです。下社春宮はどっしりと重厚なエネルギーでした。厳しくも、懐の深い感じ。グラウンディング力が半端ない。ふわついていたら首根っこ捕まえてグググっと矯正されそうな勢いです。鳥居と拝殿の間に立派な神楽殿もありました。この注連縄の感じ、出雲系ですよね(笑)そりゃそうか、諏訪大社の神様・タケミナカタのお父さんはオオクニヌシですものね。こちらが御朱印。は~、達筆!実はここで、御朱印をもらってすぐにやらかしました。なんと、御朱印帳をその場に置いてきました(笑)もちろん、あとで取りに戻りましたよ( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!! 友人が大好きな万治の石仏。なんとなく、土台部分の岩と首から上の石の置き具合がズレてて首を捻っているように見えたのですが、写真ではそう見えませんね…。こちらは下社秋宮。本当にどこ行っても緑が濃くて眩しい。春宮と比べると少し軽い、若々しいエネルギー。こちらが御朱印です。春宮の社務所には男性が一人ポツンとしかいなかったのですが、秋宮は神主さんも巫女さんもおり、賑やかな感じでした。また、やはり山間の神社だからなのか立派な大木があちこちにあって、その中でも「うわ~、これすごいな」という樹の上には必ず天狗さんの気配がありました。諏訪って天狗いるんだな~、シラナカッタ。ここで16時半からの八ヶ岳薪能のために小淵沢の身曾岐神社に移動する前に少しまだ余裕があったので、上諏訪駅で降りて八剱神社へ。この神社は諏訪湖の御神渡りと大変縁の深い神社なので是非とも参拝して御朱印を…と思ったのですが、この日はあいにく宮司さんがいらっしゃらなくて参拝のみになりました。そしてやっと身曽岐神社へ。少し早めについたので参拝後に御朱印をいただきました。こちらの神社は、なんだか不思議な感じがしました。私にはあまり馴染みのないエネルギーで新鮮です。水よりは火の方が強いのかも。auの三太郎CMですっかり有名になりましたね、ここ(笑)♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*現在提供しているメニューオーラソーマ・コンサルテーション(1時間・¥10,000) 詳細はこちらチャクラとオーラのヒーリング   (1時間・¥10,000) 詳細はこちら   専用Facebookページ→https://www.facebook.com/nijiirobloom/メールアドレス→sirius770115☆gmail.com(☆を@へ変えてくださいね)♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*ブログランキングに参加しています♪ 

      5
      テーマ:
  • 04Aug

プロフィール

YUKI

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
「ヒーリングもスピリチュアルも特別なことじゃない。 もともと私たちの生活の中にさりげなく自然に溶け込...

続きを見る >

読者になる

月別

一覧を見る