猫(クータくん)とコレクション

ちっさいミリタリー系モデルなど。クータくんの名前はクータくんのためにそのまま。


テーマ:

1/72 WW.II ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 VS Sd.Kfz.234/4




ドラゴンアーマー 1/72 WW.II ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 第1SS装甲師団 「LAH」 ポーランド 1939



隔週刊コンバットタンクコレクション 1/72 第46号 Sd.Kfz.234/4 〈ドイツ〉

2014年2月18日発売

隔週刊 コンバット・タンク・コレクション 2014年 3/18号 [分冊百科]

2013年6月4日

第28号
Sd.Kfz.234/2プーマ〈ドイツ〉


コンバットタンクコレクション 28号 (Sd.Kfz.234/2 Puma (エストニア1944年)) [分冊百科] (戦車付)






製品に関しては、Sd.Kfz.232 はドラゴンのプラスチックモデルで、塗装には定評があり

仕上がりが非常に綺麗である。

Sd.Kfz.234は、IXO社製のダイキャストもでるであり、かなりの部分が金属製で、細かいパーツは

プラスチックで作られている。やはりいダイキャストはモールドが甘くなる傾向にあり、

塗装も、コンバットタンクコレクションは、コストがらみなのか、少々おおらかなところがある。



まず車体のSd.Kfz.232 と Sd.Kfz.234は、Sd.Kfz.232がSd.Kfz.231に無線機を搭載しただけだった 
に対し、Sd.Kfz.234は開発時点から違う。

Sd.Kfz.234の出発は植民地用重装甲偵察車だが、実質的に装甲偵察大隊に配備される

Sd.Kfz.231シリーズの後継車両という立ち位置。

エンジンもSd.Kfz.231がV型8気筒液冷ガソリン150 hpに対し、砂漠で水が手に入りにくいことを想定し

V型12気筒空冷ディーゼル210hp

車体横面もシンプルな1面になり間に工具箱がある。


全面装甲は、Sd.Kfz.232が15mm、Sd.Kfz.234が30mm。

Sd.Kfz.234はバンパーがパイプ製で淵を囲むタイプになっている。




武装:Sd.Kfz.232は、55口径2cm機関砲KwK30×1 7.92mm機関銃MG34×1
Sd.Kfz.234は46口径75mmPak40対戦車砲×1 右の銃架にMG42機関銃×1




リーフスプリング式独立懸架の8輪駆動で全輪ステアリングが切れる。

どちらの車輪も防弾ではないバルーンタイヤだが、Sd.Kfz.234は270×20の大きめになっている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本陸海軍機大百科 ラインナップ 更新37.6

アシェットコレクションのホームページ

http://www.j-planes.jp/feature03.html

113号更新後音沙汰無しです。




次号

★2014年06月11日124号 海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型 

日本陸海軍機大百科 2014年 6/25号 [分冊百科]

カラーバリエーション

2009/09/24 第01号 三菱零式艦上戦闘機二一型     1/87

2010/02/10 第11号 中島零式艦上戦闘機二一型     1/87

2013年7月10日 100号 三菱 零式艦上戦闘機二一型   1/87

猫(クータくん)とコレクションで夢を 猫(クータくん)とコレクションで夢を

猫(クータくん)とコレクション


2014年06月25日125号 海軍 十八試陸上偵察機 景雲


2014年07月09日126号 陸軍 川崎 九八式単軽爆撃機 キ32


2014年07月23日127号 海軍 愛知 艦上攻撃機 流星改


2014年08月06日128号 海軍 川西 九七式飛行艇






★2014年05月28日123号 陸軍 中島 一式戦闘機 隼 一型 キ43-I


日本陸海軍機大百科 2014年 6/11号 [分冊百科]
カラーバリエーション
2009年12月26日 8号 中島 一式戦闘機『隼』一型
猫(クータくん)とコレクションで夢を



★2014年05月14日122号 海軍 三菱 零式艦上戦闘機 二一型 


日本陸海軍機大百科 2014年 5/28号 [分冊百科]
カラーバリエーション



★2014年04月30日121号 三菱 一式陸上攻撃機一一型 


日本陸海軍機大百科 2014年 5/14号 [分冊百科]
終戦時の白地塗装の機体に緑十字の機体を再現

カラーバリエーション

猫(クータくん)とコレクションで夢を

2010年11月17日 31号 三菱 一式陸上攻撃機一一型

猫(クータくん)とコレクション
2012年5月16日 70号 三菱 一式陸上攻撃機一一型

猫(クータくん)とコレクション
2013年3月20日 92号 三菱 一式陸上攻撃機一一型



★2014年04月16日120号 零式小型水上機

日本陸海軍機大百科 2014年 4/30号 [分冊百科]

カラーバリエーション


2013年9月4日 104号 航空廠 零式小型水上機


★2014年04月02日119号 零式水上偵察機一一型

http://www.bmshop.jp/cgi-bin/bms/item.cgi?item_id=nihonriku_119&ctg_id=nihonrikug&page=2



日本陸海軍機大百科 2014年 4/16号 [分冊百科]
フランス領インドシナでの鹵獲機 仏海軍第8航空戦隊所属機
カラーバリエーション

猫(クータくん)とコレクションで夢を

2011/2/9  37 愛知 零式水上偵察機一一型 1/100


★2014年03月19日118号 陸軍 九九式襲撃機/軍偵察


日本陸海軍機大百科 2014年 4/2号 [分冊百科]
カラーバリエーション

2011年8月24日 51号 三菱 九九式襲撃機/軍偵察機 キ51
猫(クータくん)とコレクション

2012年11月14日 83号 三菱 九九式襲撃機/軍偵察機キ51
猫(クータくん)とコレクション




★2014年03月05日117号 海軍 中島 九五式水上偵察機 E8N

http://www.bmshop.jp/photo/nihonriku_117_2.jpg



日本陸海軍機大百科 2014年 3/19号 [分冊百科]


★2014年02月19日116号 海軍 「紫電」二一型 "紫電改"

http://www.bmshop.jp/photo/nihonriku_116_2.jpg


日本陸海軍機大百科 2014年 3/5号 [分冊百科]
カラーバリエーション

2009年12月2日 6号 川西 局地戦闘機『紫電』二一型“紫電改”
猫(クータくん)とコレクションで夢を

2010年12月15日 33号 川西 局地戦闘機『紫電』二一型“紫電改”
猫(クータくん)とコレクションで夢を



★2014年02月05日115号 力号観測機
http://www.bmshop.jp/photo/nihonriku_115_2.jpg


日本陸海軍機大百科 2014年 2/19号 [分冊百科]


★2014年01月22日114号 海軍 愛知 局地戦闘機 震電

http://www.bmshop.jp/photo/nihonriku_114_2.jpg

日本陸海軍機大百科 2014年 2/5号 [分冊百科]
カラーバリエーション

2012年1月11日 61号 九州 局地戦闘機 「震電」

猫(クータくん)とコレクション

2013年2月6日 89号 九州 局地戦闘機 震電


★2014年01月08日113号 海軍 愛知 九六式艦上爆撃機 D1A2
猫(クータくん)とコレクション
日本陸海軍機大百科 2014年 1/22号 [分冊百科]



★2013年12月25日112号 海軍 三菱 零式艦上戦闘機五二丙型[A6M五c)
猫(クータくん)とコレクション
日本陸海軍機大百科 2014年 1/8号 [分冊百科]
オーストラリア軍鹵獲機

カラーバリエーション

☆2011年3月9日 39号 三菱 零式艦上戦闘機五二型
猫(クータくん)とコレクションで夢を

☆2011年9月7日 52号 三菱 零式艦上戦闘機五二丙型
猫(クータくん)とコレクション

☆2012年2月22日 64号 三菱 零式艦上戦闘機六二型

猫(クータくん)とコレクション




★2013年12月11日 111号 愛知 特殊攻撃機 晴嵐
猫(クータくん)とコレクション
日本陸海軍機大百科 2013年 12/25号 [分冊百科]

日本軍自ら偽装した機体。

カラーバリエーション
☆2011年8月10日 50号 愛知 特殊攻撃機 『晴嵐』

猫(クータくん)とコレクション






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドラゴンアーマー 1/72 WW.II ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 第1SS装甲師団 「LAH」 ポーランド 1939



第二次世界大戦中、ドイツ軍が開発した8輪重装甲車がSd.Kfz.231シリーズ
ビュッシングNAG社によって開発されたシャシーは8輪すべてが駆動し、操舵可能という全輪走行全輪操舵という凝ったメカニズムを採用してた。
また、前後に運転席を装備。方向転換することなくバックすることも可能。エンジンは水冷V型8気筒ガソリンエンジンを搭載。最高速度は90km/hを発揮。
被弾経始に優れた独特なデザインの装甲を施された車体には旋回砲塔を装備。MG34と2cmKwK30(のちにKwK38)機関砲を搭載。

その車体に大型のフレームアンテナを装備した無線車型がSd.Kfz.232です。
車内に大型無線機Fu.12を搭載。戦車師団などに配備され、その優れた走破性とともに部隊の目、師団の目として偵察任務などに活躍した。


ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 第1SS装甲師団 「LAH」 ポーランド 1939

大戦初期、1939年のポーランドで戦ったエリート部隊として知られる第1SS装甲師団「LAH」の所属車両

1/72 WW.II ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 第1SS装甲師団 「LAH」 ポーランド 1939



1/72 WW.II ドイツ軍 Sd.Kfz231 8輪重装甲車 東部戦線 1943






1/72 WW.II ドイツ軍 8輪重装甲車Sd.Kfz.232 第4装甲師団東部戦線 1943




1/72 WW.II ドイツ軍 Sd.Kfz.231 8輪重装甲車 第23装甲師団 1942年モスクワ




前面と上面窓の箱に入っています。裏面は、英文の解説があります。


クリアケーススタンド付き。車体の下側はブリスターケースでキープしてあります。

ずれ止めに前後2つの車輪の間にストッパーがあります。

下からもう1枚入れてかなりガッチリ。外すのが大変。


前後1本のポールは、保護のために後付で、小袋に入れられています。
中距離無線機 Fu.12 フレームアンテナが特徴。



モデルは、Sd.Kfz.232でアンテナ付き、 Sd.Kfz.231は無しで、こちらの方がお得感あります。

まあ、そんなことじゃない、好みの問題ですが。



砲塔は前寄りで、前後に専用の運転席があるのが特徴ですが、

後ろは、エンジンルームがあるから運転しづらいと思います。



左前側だけに丸いミラーがついています。後部両側に錆びたマフラー。



8輪全てが独立懸架で駆動できるかなり複雑な構造。


砲塔は旋回できることになっていますが、砲塔上のフレームがくっついているせいか回りません。

タイヤは、プラ製でウエザリングがしっかり。ドイツ装甲車は、車体下に傾斜が有るため車内が狭くなる。


砲塔には、20㎜ KwK30と機関砲と7.92mm MG34機関銃。
車体前に工具やタンクを付けている





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トミーテック 技nix 航空機シリーズ 更新 F-4EJ/EJ改 P-3C



航空機シリーズ「F-4EJ/EJ改“無彩色キット”第1弾」

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/22ac03.html

2014年7月発売 2,400円税抜き

第53回静岡ホビーショー時

GK101 無彩色キット F-4EJ 第301飛行隊(百里・1980戦競)

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22_ac03a.jpg


GK102 無彩色キット F-4EJ改 第301飛行隊(新田原・2013戦競)

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22_ac03b.jpg




航空機シリーズ「F-4EJ/EJ改 第5弾」

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/22ac01.html

第53回静岡ホビーショー時
AC117 F-4EJ改 第301飛行隊(新田原・創隊40周年)
http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22_ac01a.jpg

AC118 F-4EJ 第303飛行隊(小松)
http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22_ac01b.jpg

AC119 F-4EJ改 第301飛行隊(新田原・F-1塗装)
http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22_ac01c.jpg

AC120 F-4EJ改 第302飛行隊(那覇・20周年)

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22_ac01d.jpg

AC117、AC118:2014年8月予定
AC119、AC120:2014年9月予定
3,300円(税抜)

AC118 F-4EJ 第303飛行隊(小松)

AC117 F-4EJ改 第301飛行隊(新田原・創隊40周年)

AC120 F-4EJ改 第302飛行隊(那覇・20周年)

AC119 F-4EJ改 第301飛行隊(新田原・F-1塗装)
第53回静岡ホビーショー時



オプション 「サウンドエフェクトユニットA/B」

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/22op01.html

OP08 サウンドエフェクトユニットA F-4用 内蔵サウンド
http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22op01d.jpg

OP09 サウンドエフェクトユニットB F-15用 内蔵サウンド
http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22op01e.jpg

OP08:2014年8月予定
OP09:2014年9月予定
各6,000円(税抜)


第53回静岡ホビーショー時





航空機シリーズ 「海自哨戒機 P-3C 第3弾」

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/22ac02.html


第53回静岡ホビーショー時

AC305 P-3C 第5航空隊(那覇)
http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22_ac02a.jpg

AC306 UP-3C 第51航空隊(厚木)

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22_ac02b.jpg

2014年8月予定
6,500円(税抜)




航空機シリーズ「P-3C“完成品仕様”第1弾」

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/22hc01.html

第53回静岡ホビーショー時

AS301 P-3C 第6航空隊(厚木)
http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22hc01a.jpg

http://www.tomytec.co.jp/gimix/release/1405/images/22hc01b.jpg

2014年9月予定
20,000円(税抜)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エフトイズ 1/144 ウイングキットコレクションVol.14フィアット CR.42 ファルコ


フィアット CR.42 ファルコは、人気がないイタリア機ながら話題になる機体ですね。
スペイン内戦でフィアットCR.32が活躍したために、格闘戦重視の複葉戦闘機が

もてはやされたのはイタリア人気質でしょうか。

日本でも、陸軍の97式戦闘機がノモンハンで活躍したために、

1式戦闘機隼の運動性など生みの苦労が有ったようです。

フィアット CR.42 ファルコ
A:イタリア空軍第18航空群 第85飛行隊 / イタリア空軍第161航空群 第162飛行隊
B:イタリア空軍 戦闘飛行学校
C:イタリア空軍 第158航空群 387飛行隊 / イタリア空軍 第15戦闘航空団

S.ドイツ空軍 第9夜間戦闘航空団



パーツはそろっているようです。支柱がほとんどVパーツなのが特徴。


フィアット CR.42は、開けてもシート・計器版は中にありません。下翼に載せてはめ込むタイプ。

これだけ、プロペラ軸は中から出してスピナーを嵌めこむタイプです。
軸が真ん中で折れ曲がって白くなっています。



下翼付けただけだと大戦末期の特攻兵器「桜花」のようです。

先ず胴体と上翼のV字の支柱の内側外側。内側の穴が分かりくいです。



本来は、胴体と上翼を先に付けるのですが、位置決めのために下翼と上翼の支柱も置いてみました。
下翼と上翼の支柱は、長い方が外側で、上翼を先に決めて下翼に行った方がいいようです。



A:イタリア空軍第18航空群 第85飛行隊


一枚翼・全金属・引き込み脚、一撃離脱の時代に取り残された機体。

大戦前だったら最高の複葉機だったかもしれない。


V字の支柱が、トランプのタワーのようでなかなかいいです。

メッサーシュミットBf109は水平尾翼に支柱があるのですが、フィアット CR.42 にはありません。



下翼はかなり幅が狭いですね。



黄色の帯は、長機でしょうかなかなか派手です。

やっぱり、軸が白く曲がっていたので、プロペラは、動きますが、吹いてもくるくる回りません。


オープン風防ですが最高速が430km/hぐらいで、視界優先よりも、

風圧と寒さで耐え切れなくなるよう気がします。

イギリス爆撃の護衛任務で1940年11月ごろ出撃していますが、どうだったんでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デアゴスティーニ  自衛隊モデルコレクション 第34号 96式自走120mm榴弾砲




★2014年6月24日 34号 陸上自衛隊 96式自走120mm榴弾砲

ウィキペディア

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/17/JGSDF_Type96_120M%28SP%29.jpg



★2014年6月10日 33号 海上自衛隊 US-1A

http://deagostini.jp/jmc/backnumber.php?issue=33



デアゴスティーニのホームページ

http://deagostini.jp/jmc/backnumber.php?issue=32

★2014年5月27日 32号 陸上自衛隊 90式戦車回収車


自衛隊モデル・コレクション 2014年 6/24号 [分冊百科]



★2013年3月12日 1号 F15J 戦闘機

★2013年3月26日 2号 10式戦車

★2013年4月 9日 3号 AH 64D

★2013年4月23日 4号 T-4 中等練習機

★2013年5月7日 5号 海上自衛隊護衛艦ひゅうが 

★2013年5月21日 6号 航空自衛隊F-4EJ 改



★2013年6月4日 7号 陸上自衛隊90式戦車

★2013年6月18日 8号 航空自衛隊F-2A 戦闘機

★2013年7月 2日 9号 陸上自衛隊61式戦車

★2013年7月16日 10号 海上自衛隊護衛艦こんごう

★2013年7月30日11号 陸上自衛隊89式装甲戦闘車 


★2013年8月13日 12号海上自衛隊護衛艦たかなみ

★2013年8月27日 13号陸上自衛隊99式自走155㎜榴弾砲

★2013年9月10日 14号航空自衛隊E-2C 早期警戒機          


★2013年9月24日 15号海上自衛隊HSS-2 対潜哨戒ヘリコプター

★2013年10月8日 16号陸上自衛隊 87式自走高射機関砲

★2013年10月22日 17号 航空自衛隊F-86F 戦闘機

★2013年11月5日 18号海上自衛隊潜水艦そうりゅう

★2013年11月19日19号陸上自衛隊OH-1 観測ヘリコプター

★2013年12月3日 20号航空自衛隊T-2練習機


★2013年12月17日 21号航空自衛隊ペトリオット(PAC3) 地対空誘導弾


★2014年1月7日 22号海上自衛隊ヘリ搭載護衛艦「しらね」

★2014年1月21日 23号航空自衛隊ジェット輸送機 C-1

★2014年2月4日 24号陸上自衛隊74式戦車

★2014年2月18日 25号海上自衛隊 輸送艦おおすみ

★2014年3月4日 26号陸上自衛隊 装輸装甲車 87式偵察警戒車

★2014年3月18日27号 海上自衛隊 ミサイル護衛艦 あまつかぜ


★2014年4月1日第28号 航空自衛隊 救難ヘリコプター UH-60J

★2014年4月15日 第29号 航空自衛隊 T-1Bジェット練習機


★2014年4月29日 30号 航空自衛隊T-33Aジェット練習機


★2014年5月12日 31号海上自衛隊 護衛艦あやなみ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エフトイズ 1/144 ウイングキットコレクション Vol.14 94式2号水上偵察機





94式2号水上偵察機
A:水上機母艦「千歳」搭載機 / 潜水母艦「迅鯨」搭載機
B:大津海軍航空隊 / 舘山海軍航空隊
C:大湊海軍航空隊 / 鎮海海軍航空隊

S.海軍航空技術廠 無線操縦実験機

で、デカールが2種分あります。



今回はパーツの損失はないようです。翼とフロートがかなりを占めています。


胴体をばらしました。胴体内側は、同色で塗装。シートは機体内色。3座で最後尾が後ろ向き。


基本オープントップで、前に申し訳程度の風防がありますが、前側が枠付きです。

なんといっても複葉機の組み立ては、複数ある支柱がキモ。

胴体と下翼⇒胴体と上翼⇒両端の下翼と上翼の順で入れてみました。



胴体と上翼を決めて、両端に行きました。




B:舘山海軍航空隊にしてみました。


フロート前にプロペラ回転域警告表示が塗装済みです。



94式2号水上偵察機は、両端の下翼と上翼は、前から見て縦の直線になり楽ですが、

95式練習機I型乙は、下から上へ広がるタイプだったので、位置決めが難しかった。





上下同じ翼幅で、上は一枚通しなのでかなり広いです。上面が濃緑色・仮面が明灰色



フロート結構重量があるので、しっかり接着が必要


風防がほとんどないオープントップなので、胴体がバナナ状態

館山海軍航空隊の51号機




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デアゴスティーニ  自衛隊モデルコレクション 第32号 陸上自衛隊 90式戦車回収車


今回は、土曜着で最短です。

★2014年5月27日 32号 陸上自衛隊 90式戦車回収車


自衛隊モデル・コレクション 2014年 6/24号 [分冊百科]



陸自の車両関係は1/72でほとんどのものが、このサイズに収まる。


でも、90式戦車回収車は車両としては大きめ全長約9.20m・全幅約3.40m・全高約2.70m 重量50t



んーん・・・やっぱりオリーブドラブが黄色っぽいですね。

上のディアゴのホームページサンプルは、もうちょっと赤みがかっていて正しいのですが。



なんといってもこの車両のイメージは、大きなクーレーン。横面の1/3のを占める。

牽引50tリフト25t.クレーン付け根に角度メーターがいい感じです。

基本大きく重くなった90式戦車の回収車。


正面はかなりゴチャゴチャして感じになっています。

後ろのワイヤーは、ラーバー製で、メタルグレーに塗らています。


キャタピラは、中にラバーが張ってない状態のパターンを再現。

残念ながらクレーンは可動ではありません


車体後部は股間エンジンの搭載スペースがあります。

残念ながら、ドーザーの中のチェーンは、モールド表現。


車体左面の工具類はモールド表現。まあしょうがないか。


車体後部は90式戦車の120㎜滑空砲の交換用砲身を搭載するスペースがあります

左側に戦闘室、前に8本のスモークディスチャージャー。



転輪も内側まで再現されていますが、

黒いラバーの表現は省かれています。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エフトイズ 1/144 ウイングキットコレクション Vol.14 95式練習機I型乙




95式練習機I型乙
A:大刀洗陸軍飛行学校 ・熊谷陸軍飛行学校
B:陸軍航空士官学校
C:満州国 奉天飛行学校(護國興西號) ・(護國興南貮號)

S.逓信省航空局仙台地方乗員養成所



以外にパート多め



今回は、シートと計器版は組み付け済みで楽チン。

左右分割の隙間が出るのでばらしてみました。尾翼の下のダボに塗料が溜まっています。



あわせは綺麗になりましたが、翼の接合ダボにバリがあるようです。前のほうが当たる。

カウルにかなり小さい排気管パーツ。


なんと風防がありませんorz 仕方がないので、Bの箱から抜いてきました。パーツは先の部分。
右ノーズに黒い塗料汚れがorz



今回複葉機ということで、支柱が非常に多い。垂直なものがなく、位置や方向が分かりにくい。

とりあえずノーズ上から取り付け。上下かなりの接合点があるので、大変。


後は、両端後方の1本柱をつける。脚が・・・脚がありません。

計器版が2つ。翼上にに2つ穴がありますが、何でしょう。


風防といい、脚といい、最初のブリスター写真には写っていません。

ランナーから脚が取れることは考えづらい。

一体どうなっているこのエラー大当たり箱!!!




A熊谷陸軍飛行学校にしてみました。

実は、上記のようなことでしたので、同じ機体のBから組んで、デカールだけ使っています。


この支柱かなり苦労しました。両端で角度を出すために、ゲートを中央に持って来ているので、

切り取った後の処理をする手間が大変。このスケールで、ダボ穴で角度を出すのは管理難しい。

もっと厚みがあって深く刺すことができればいいのだけれど、接着剤の頼りが必要になる。

塗料などで会いが悪いし、素材が柔らかいので決まらない。柔らかい分後で曲げられるが。




脚や水平尾翼も支柱によって構成されている。エンジンの出力が重量に影響しています。


カウル周りがいい味出ていますね。なんだかんだありましたが、いい機体です。




★2014年5月19日 エフトイズ 1/144 ウイングキットコレクション Vol.14

http://www.hobby-shop.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=10022&sl=JP

■95式練習機I型乙
「赤とんぼ」という愛称で呼ばれる、大日本帝国陸軍の代表的な練習機です。
飛行性能に優れた機体として、陸軍飛行学校で広く使われました。
A:大刀洗陸軍飛行学校
B:陸軍航空士官学校
C:満州国 奉天飛行学校

■94式2号水上偵察機
日本海軍の水上機で、抜群の安定性と航続力を持つ、実用性能に優れた傑作機の1つです。
太平洋戦争でも広範囲に活躍した長距離水偵としても知られています。
A:水上機母艦「千歳」搭載機
B:大津海軍航空隊
C:大湊海軍航空隊

■フィアット CR.42 ファルコ
イタリア空軍の世界最速の複葉機として知られる戦闘機です。
大戦中の活躍はもちろん、終戦後も現役の練習機として使われていました。
A:イタリア空軍第18航空群 第85飛行隊
B:イタリア空軍 戦闘飛行学校
C:イタリア空軍 第158航空群 387飛行隊






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。